サプマート.com酵素(消化酵素) > ペプチザイドカプセル

ペプチザイドカプセル

スポンサードリンク

HOUSTON NUTRACEUTICALS

ペプチザイドカプセル

90ベジカプセル
タンパク質を効果的に分解します。

【サプリメント】ペプチザイドカプセル

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

『ペプチザイド』は植物原料から単離された3種類の異なるタンパク分解酵素のコンビネーションです。
各酵素は、酵素分解する際に、それぞれが異なるペプチド結合を加水分解するので、これらの3種類の酵素の組み合わせにより、タンパク質をす速く、効果的に、小さな分子に完全に加水分解することが可能になります。
『ペプチザイド』に含まれる酵素は、食物タンパク質のみを分解し、炭水化物、脂質、他の成分には作用せず、治療薬、他のサプリメントを併用してもそれらの成分に対して影響を持ちません。(服用するサプリメントがタンパク質でない場合。)
また、『ペプチザイド』は、他の酵素製品と組み合わせても、問題なく使用できます。

【『ペプチザイド』の特徴】
・酸抵抗性をもつため、胃における強酸下においても活性を失わず、「カゼイン」、「グルテン」が小腸に入る前に加水分解する。

・配合されているアミノぺプチダーゼ(ポリペプチドをアミノ基末端から順に連続して加水分解する酵素)である「ジペプチジルぺプチダーゼ(dipeptidyl peptidase IV、DPPIV)」は「エクソルフィンペプチド(オピオイドペプチド)」である「カソモルフィン」を加水分解し失活する。

・パパイン(パパイヤ由来のタンパク分解酵素)、酸性条件下でも活性をもつ菌体類由来のプロテアーゼを一緒に配合し、異なる部位のペプチド結合を切断できるプロテアーゼ類を一緒に組み合わせ、「カゼイン」、「グルテン」、「他タンパク質」を「正常」に加水分解する。

・十二指腸内ですい臓分泌酵素下で、カゼイン、グルテンが加水分解されると、エクソルフィンペプチドに分解され、容易に小腸から吸収される可能性があるが、『ペプチザイド』による加水分解では、「エクソルフィンペプチド」は生成されない。

・他の酵素製品と異なり、タンパク質加水分解酵素のみ含有。これにより、特別食など、各個人の食事に基づいた酵素を補うことが可能。

・不必要な酵素タンパクが配合されることにより、不耐性が生じる可能性が少ない。

・3種類のタンパク分解酵素のみを大量に使用することで、短い時間で胃内にある食べ物のタンパク質の分解を確実にしている。

・科学者Davin Houston, Ph.D.が、開発。Dr.Houstonの酵素、栄養素、生化学における経験により、多くの家族がよりよく健康的な生活を送ることができるための製品を開発を目指している。

『ペプチザイド』は、タンパク不耐性による食品制限、、グルテンフリー/カゼインフリー食などの食品制限を常に行っている家族が安全に、食品制限を緩和し、そのような食品制限に基づいた食事から開放され、食品の選択肢が広がり、よりよい栄養源(家庭での食事に重要なタンパク質を組み込むことで)を摂取できることを目的としています。

【報告されている効果、作用】
・他の種類の食品に対しての嗜好性を表し、食欲も増加する傾向があります。
・器質の改善と、気分の改善が見らます。
・『ペプチザイド』により、小麦製品を摂取しても、異常行動の発現の減少または消失の可能性があります。
※『ペプチザイド』の効果は、各個人、他サプリメント、食品構成により異なります。
・他のサプリメント、特にビタミン、ミネラルは、酵素を併用した食事により、栄養素が得られるため、減量して摂取できる可能性があります。

『ペプチザイド』は高タンパク食、アスリートのトレーニングにお勧めできます。また、肉からのプロテインを多く含む食事を摂る場合は、服用量を増やしても構いません。

【報告された副作用】
ある種のペプチドに対しての過敏である場合、『ペプチザイド』をの使用初期に、いわゆる「ペプチド離脱症状」が起こる可能性がある。食品由来のペプチドが減少するため、活動過多、興奮性、攻撃性の増加、かんしゃくなどをおこしやすくなり、数日〜1ヶ月程度続く可能性がある。しかし、たいていの場合、このような症状は、1回の食事につき1カプセルを処方することで数日間で解決される。約三週間で、ネガティブ行動は収まるという報告があります。
このような症状は、少量の服用量から始めることで、最小限に抑えられるため、最初の2週間は、1食につき1カプセルの摂取をお勧めします。
もし、この最初の量においても行動が気になる場合は、酵素サプリメントの服用を2週間中止し、(または、子供が以前の行動状態になるまで)『ペプチザイド』の量を減らして与え、最初のペースよりもゆっくりと服用量を増やしてください。

行動過多の多くが緩和されたため、ビタミンB6、P5Pを高容量含有するビタミンサプリメントを減量または、中止することが可能になったという親の報告があります。また、『HNザイムプライム』を『ペプチザイド』と共に与えることで、「ペプチド離脱症状」による副作用が緩和できます。

【GFCF食(グルテンフリー、カゼインフリー食)の代替または補充としてのペプチザイド利用について】

ペプチザイドを使用し、GFCF食をやめることに成功した人達が勧める用法の多くは、GFCF食を行いながら、少なくとも2ヶ月は継続して『ペプチザイド』を与えるという方法です。
問題となる食品を与える場合、最初のうちは、1〜2カプセルの『ペプチザイド』と共にほんの少量の食品を与えます。カゼイン/グルテンの作用を抑えるために十分以上のペプチザイドを与えるために十分な『ペプチザイド』を摂らせてください。
もし、チャレンジが成功した場合、与える食品の量を増やしていくことが可能です。しかし、必ず、与えた食事に含まれるカゼイン、グルテン量による作用を抑えるために十分以上の『ペプチザイド』を与えることを常に念頭においておく必要があります。
なお、一時的に『ペプチザイド』を使用する場合(屯用で用いる場合)、1度に4カプセルまでのペプチザイドを「カゼイン」、「グルテン」を分解させるために与えることができます。しかし、それ以上の量を与えても効果はありません。

【禁忌事項】
下記の記載に該当する場合は、酵素サプリメントによるトリートメントは行わないで下さい。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍がある場合。
・重篤な腸疾患(血液が便に混じっていることにより、判断可能)
・血友病、血液に関する疾患
・一週間以内に手術の予定がある場合
・アスペルギルス酵素タンパク、パパイヤ、パパイヤタンパクにアレルギーがある場合。 (特定のカビに対してのアレルギーが確定していない場合は、菌体由来の酵素使用を禁止する必要はありません。)
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。
・セリアック病(遺伝的小腸自己免疫疾患、グルテン摂取により惹起)患者がグルテンフリー食をやめることができるというものではありません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められていません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
たいていの場合、1回の食事時に1〜2カプセルの摂取が適量で、過量に摂ることで、効果が高まることはあまりありません。しかし、時として、量の多い食事をチャレンジとして与える場合は、1度に4カプセルまで与えることが可能です。
なお、1日の上限摂取量としては、9カプセルまでとすることをお勧めします。


ペプチザイドカプセルはこちらでご購入できます。

内容成分

1カプセル中:
ぺプチダーゼ(DPP IV原料)62,500HUT
プロテアーゼ       25,000HUT
パパイン(亜硫酸塩フリー)2,000,000FCCPU
他成分:植物セルロース、水

全てのHOUSUON NUTRICEUTICAL INCの製品は、グルテン、カゼイン、米、大豆、MSG、サリチル酸塩、砂糖、合成着色料は含まれていません。

ご使用方法


1日3回、1カプセル〜2カプセルを食直前、または、食事と共にお召し上がり下さい。(食事中、食後すぐなどにお召し上がりいただけば、お召しが利いただくタイミングを逃しても問題御座いません。)
タンパク質の多い食事を取るときは、1回に4カプセルまでお召し上がり頂くことができます。(それ以上の量を摂っても効果は変わりません。)
1日9カプセルを越えての摂取は避けてください。

【GFCFダイエット(グルテン、カゼインを含まない食事)を実践している場合】
1日のうちで多い食事2回につき、1カプセルづつ摂り始めます。3,4日経過後、毎食につき1カプセルづつ摂るようにします。1週間から10日間ほどかけて、徐々に1度の食事につき2カプセルを摂ります。状態、体調に合わせて量を調節してください。

【GFCFダイエットは実践していないが食事制限をしている場合】
1日のうちで多い食事2回につき、1/2〜1カプセルを摂り始めます。数日経過してから、徐々に量を増やし、毎食につき1カプセルづつ摂るようにします。2週間程は、この量を維持します。改善などが見られない場合は、1日の食事のうちの1食については、2カプセルを摂り、その後、徐々に量を増やし、1日2食は、2カプセルを摂るといったように、状態をみながら、量を調節してください。

サプリメントについて


サプリメントは特定の疾病を治療することを目的とした製品ではありません。あくまでも食品であることにご留意下さい。
医師による治療・投薬を受けている場合、医薬品との相互作用の可能性が生じる可能性があります。サプリメントの使用については担当医師の指導を受けて下さい。
特に医師の判断を経ずに治療・医薬品の使用を中断し、サプリメントを使用するような行為は “絶対に” お止め下さい。
メーカーの示す用法用量を逸脱したご利用はおやめ下さい。
どのような製品でも、使用者の体調や体質(アレルギーなど)によっては身体に合わないことがあります。好ましくない反応が出た場合、安全のため直ちに使用を中止して下さい。
個人輸入では一度に輸入できる数量には制限があります。大量にご購入にならず、規制の範囲内で必要分のみをご購入下さい。
個人輸入で持ち込まれた商品は、自己責任による「個人使用」のみが許可されています。そのため、法人・団体名義でのご注文はお受けできません。
また、個人輸入した商品を他人への譲渡・転売することは、一切認められておりません。
ペプチザイドカプセルはこちらでご購入できます。

スポンサードリンク

サプマート.com:当サイトについて

  • サプマート.comは個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

サプリメント検索


サプマート.comメニュー

copyright(c) 2004-6 サプマート.com All Rights Reserved.