サプマート.com > I3C(インドール3カルビノール)

I3C(インドール3カルビノール)

スポンサードリンク

インドール3カルビノール(I3C) 200mg

NOW

インドール3カルビノール(I3C) 200mg

60ベジカプセル
強力抗酸化サポート&異常増殖細胞の活動抑制!

【サプリメント】インドール3カルビノール(I3C) 200mg

関連カテゴリー

 健康維持・負けないカラダ
 毎月の女性のお悩みに
 更年のお悩みに
 抗酸化サポート

関連成分

 ブロッコリー
 I3C(インドール3カルビノール)

『インドール3カルビノール(I3C)』はキャベツ、ブロッコリ、ケールなどのアブラナ科の植物にもともと存在するファイトケミカルです。
I3Cは、強力な抗酸化保護作用をもち、フリーラジカルによる細胞へのダメージを防ぎます。さらに、I3Cは、健康的なホルモンバランスを維持し、男性の前立腺、女性の胸、他の生殖器官の健康をサポートします。また、I3Cには、高容量のフラックスリグナンを配合し、ホルモンバランスの健康に加えて、肝臓での解毒作用を強力にサポートします。
I3Cは細胞の成長率を調整し、強力な炎症反応をもつエストロゲン(エストラジオール)から、安全で穏やかなタイプの形(エストロン)への変換をサポートします。
細胞レベルで機能する抗酸化作用として、I3Cは害を持つ異常細胞を無毒化する酵素の働きを強めることがわかりました。これは細胞の正常分裂を増進しながら、有害な細菌による影響から健康な細胞を守ります。最近の多くの研究ではI3Cを補うことで、エストロゲンの分解を早めることが確認されています。
さらに1997年ロックフェラー大学ストラング腫瘍研究所では、I3Cが強力エストロゲンを弱いエストロゲンに変えることを発見されました。それにより、人の異常増殖細胞の成長(54-61%)を抑制し、細胞が自分で死滅するように働きました。
カリフォルニアバークレーでも、I3CがMCF7人の胸の異常増殖細胞を培養地内で90%も成長を抑えたことが見られました。
13Cは16OHEレベルを下げ、2OHEレベルを上げることが証明されています。
I3Cはエストロゲン代謝をダイオキシンが入る受容体Ahレセプターを介してコントロールします。エストロゲンに反応する細胞の増殖が抑えられ、子宮頸細胞、乳房細胞の異常増殖が抑制されます。

【I3Cの働き】
・正常健全細胞の成長を促す。
・ダイオキシンによる細胞へのダメージを防ぐ。
・ホルモン代謝を調節する。
・異常細胞の自己死を促す。
・異常細胞の成長を完全に防ぐという確実な方法ではないが、異常細胞への転換を抑え、健康な細胞としての細胞分裂を促す。
I3Cの研究では、異常細胞の成長を促す過程を抑制するという確実な証拠が見せられている。

インドール3カルビノール(I3C) 200mgはこちらでご購入できます。

サプマート.com:当サイトについて

  • サプマート.comは個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

サプリメント検索


サプマート.comメニュー

copyright(c) 2007-2008 サプマート.com All Rights Reserved.