サプマート.com > カルシウム

カルシウム

スポンサードリンク

コーラルカルシウム 1000mg

NOW

コーラルカルシウム 1000mg

100ベジカプセル

【サプリメント】コーラルカルシウム 1000mg

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

コーラルカルシウムは、カルシウム製品の中で最も価値のあるカルシウム原料で、化石化したサンゴが原料となっています。
コーラルカルシウムは、コーラル(珊瑚)はトレースミネラルと呼ばれる1日必要量が100mg以下の微量ミネラル類もを含み、カルシムの吸収と働きを協調的にサポートします。
※本製品に使用されている珊瑚は天然珊瑚を採取しておりません。環境破壊の心配はありません。

コーラルカルシウム 1000mgはこちらでご購入できます。

ライノ・カルシウムチュアブル(チョコレート)

NUTRITION NOW

ライノ・カルシウムチュアブル(チョコレート)

75チュアブル
キャンディータイプのカルシウムサプリメント

【サプリメント】ライノ・カルシウムチュアブル(チョコレート)

関連カテゴリー

 お子様の栄養バランス強化
 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

ライノ・カルシウムチュワブルはお子様のためのキャンディータイプのサプリメント。チョコレート味のキャンディーなので好き嫌いの多いお子様でもお召し上がり頂けます。

ライノ・カルシウムチュアブル(チョコレート)はこちらでご購入できます。

ライノ・カルシウムチュアブル(フルーツ)

NUTRITION NOW

ライノ・カルシウムチュアブル(フルーツ)

75チュアブル
キャンディータイプのカルシウムサプリメント

【サプリメント】ライノ・カルシウムチュアブル(フルーツ)

関連カテゴリー

 お子様の栄養バランス強化
 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

ライノ・カルシウムチュワブルはお子様のためのキャンディータイプのサプリメント。ストロベリー、オレンジ、ラズベリー味のキャンディーなので好き嫌いの多いお子様でもお召し上がり頂けます。

ライノ・カルシウムチュアブル(フルーツ)はこちらでご購入できます。

コーラルカルシウムスプリーム

NATURE'S ANSWER

コーラルカルシウムスプリーム

90カプセル
100%ピュアな海のカルシウムを。

【サプリメント】コーラルカルシウムスプリーム

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

“coral calcium(コーラルカルシウム)”とは、イシサンゴ目の造礁サンゴを殺菌・乾燥し、粉末にして得られたもの。主成分は炭酸カルシウムですが、本製品は長寿で知られる沖縄の天然サンゴを、消化吸収しやすく調整した、高品質なカルシウムです。カルシウムは身体構造に常に貯蔵しておきたい価値高いミネラルですが、近年の研究では、アレルギーや心疾患、がん、加齢などとカルシウムレベルの低下の関連性について議論されています。
亜鉛やマグネシウムなどのミネラルもたっぷり、その上ビタミンCやビタミンEなどのマルチビタミンも豊富に含まれています。

※化石化したサンゴを原料として使用しておりますので、環境破壊の心配はございません。

サプマート体験隊!「ベッキーの骨太ボディをカルシウムでゲット!」でご紹介しております。

コーラルカルシウムスプリームはこちらでご購入できます。

カルシウムチュアブル(シトラス)

TWINLAB

カルシウムチュアブル(シトラス)

60ワッフル
食べやすいチュアブルタイプのカルシウム。

【サプリメント】カルシウムチュアブル(シトラス)

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムのほとんどは骨に存在しますが、血中に不足するとカルシウムは骨から流れ出し、血中濃度を保とうとします。これが骨量の減少、骨粗しょう症も招くので十分に摂取することが必要ですね。特に成長期の骨にカルシウムは不可欠。食べやすいチュアブルタイプなのでお子さまにもどうぞ。


カルシウムチュアブル(シトラス)はこちらでご購入できます。

クエン酸カルシウム

NOW

クエン酸カルシウム

100タブレット

【サプリメント】クエン酸カルシウム

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

クエン酸カルシウムはこちらでご購入できます。

ペイルベイト 1000mg

NOW

ペイルベイト 1000mg

90タブレット
ピルビン酸カルシウムでダイエット&活力アップ!!!

【サプリメント】ペイルベイト 1000mg

関連カテゴリー

 代謝アップ系ダイエット
 燃焼サポート系ダイエット

関連成分

 カルシウム

ピルビン酸カルシウム(カルシウムペイルベイト)は、臨床実験により体脂肪の減少が報告されている期待のダイエット成分。
ピルビン酸はエネルギーの生成過程で重要な役割を果たすため、激しいトレーニングを実践しているアスリートにも摂取が勧められます。また、腸内環境を整えるのをサポートする働きもあることが知られています。

ペイルベイト 1000mgはこちらでご購入できます。

乳酸カルシウムパウダー

NOW

乳酸カルシウムパウダー

9 オンス(255g)
吸収効率のよいカルシウム!

【サプリメント】乳酸カルシウムパウダー

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

乳酸カルシウムは、溶けやすく、吸収率が高いため、カルシウムの摂取に最適な形態です。


乳酸カルシウムパウダーはこちらでご購入できます。

乳酸カルシウム

NOW

乳酸カルシウム

250タブレット
高吸収のカルシウム

【サプリメント】乳酸カルシウム

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

乳酸カルシウムは、カルシウムの吸収率が高く最適な摂取形態です。
カルシウム不足が気になる方にお勧めです。

乳酸カルシウムはこちらでご購入できます。

ボーンカルシウム

NOW

ボーンカルシウム

240タブレット
健康な骨を育むミネラルを配合!

【サプリメント】ボーンカルシウム

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

ボーンカルシウムはこちらでご購入できます。

オイスターシェルカルシウム

NOW

オイスターシェルカルシウム

200タブレット
牡蠣の殻から作りました

【サプリメント】オイスターシェルカルシウム

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

オイスターシェルカルシウムは牡蛎の殻から抽出した成分を使用した、高品質で安心な天然カルシウムサプリメントです。

オイスターシェルカルシウムはこちらでご購入できます。

カルシウムヒドロキシアパタイト

NOW

カルシウムヒドロキシアパタイト

120カプセル
骨に存在するそのままのかたちのカルシウムです。

【サプリメント】カルシウムヒドロキシアパタイト

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムを豊富に含む微粒子ヒドロキシアパタイトは骨組織に存在するカルシウムで、骨格構造に存在する有機、無機要素のどちらにも利用されます。

カルシウムヒドロキシアパタイトはこちらでご購入できます。

カルシウムシトラスパウダー

NOW

カルシウムシトラスパウダー

8オンス(227g)
丈夫な骨作りに!

【サプリメント】カルシウムシトラスパウダー

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムは日本の土壌に少ない為に日本人が最も不足しやすい栄養素であるといわれています。骨歯の形成のほか、筋肉の収縮やイライラ防止などの働きのあるカルシウムは欠かすことのできないミネラルです。

カルシウムシトラスパウダーはこちらでご購入できます。

クエン酸カルシウム 150カプセル

TWINLAB

クエン酸カルシウム 150カプセル

150カプセル
丈夫な骨や歯をつくるには!

【サプリメント】クエン酸カルシウム 150カプセル

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムは骨や歯、筋肉や神経の活動に必要なミネラルのひとつです。大事なミネラルとして知られていますが、それを単独で摂取しても身体の中に吸収されにくく、排出されてしまいます。
本製品はそんなカルシウムの特徴を補うように、マグネシウムを配合しています。カルシウムはマグネシウムと合わせて摂取することで吸収されやすく、体内で効率よく使われると言われています。

クエン酸カルシウム 150カプセルはこちらでご購入できます。

クエン酸カルシウム 75カプセル

TWINLAB

クエン酸カルシウム 75カプセル

丈夫な骨や歯をつくるには!

【サプリメント】クエン酸カルシウム 75カプセル

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムは骨や歯、筋肉や神経の活動に必要なミネラルのひとつです。大事なミネラルとして知られていますが、それを単独で摂取しても身体の中に吸収されづらく、排出されてしまいます。本製品はそんなカルシウムの特徴を補うように、マグネシウムと合わせて摂取することで吸収されやすく、使われやすいカルシウムサプリです。

クエン酸カルシウム 75カプセルはこちらでご購入できます。

スーパーカルシウム1200+D

SCHIFF

スーパーカルシウム1200+D

120ソフトカプセル
飲みやすいソフトカプセルタイプ。カルシウムにビタミンDもプラス!

【サプリメント】スーパーカルシウム1200+D

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムは身体に常に貯蔵しておきたい重要なミネラル。身体の活動に欠かせない物質ですが、近年の研究では、アレルギーや心疾患、がん、加齢などとカルシウムレベルの低下の関連性についても議論がされています。

スーパーカルシウム1200+Dはこちらでご購入できます。

スーパーカルシウム1200+D

SCHIFF

スーパーカルシウム1200+D

60ソフトカプセル
飲みやすいソフトカプセルタイプ。カルシウムにビタミンDもプラス!

【サプリメント】スーパーカルシウム1200+D

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムは身体に常に貯蔵しておきたい重要なミネラル。身体の活動に欠かせない物質ですが、近年の研究では、アレルギーや心疾患、がん、加齢などとカルシウムレベルの低下の関連性についても議論がされています。

スーパーカルシウム1200+Dはこちらでご購入できます。

カルシウム+

RAINBOW LIGHT

カルシウム+

180タブレット

【サプリメント】カルシウム+

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウム+はこちらでご購入できます。

カルシウム+

RAINBOW LIGHT

カルシウム+

90タブレット

【サプリメント】カルシウム+

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウム+はこちらでご購入できます。

シリカ

NATWORKS

シリカ

90カプセル

【サプリメント】シリカ

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

シリカはこちらでご購入できます。

CALCIUM 36 OZ

LIQUIDHEAL

CALCIUM 36 OZ

36オンス(約1064.5ml)

【サプリメント】CALCIUM                  36 OZ

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

CALCIUM 36 OZはこちらでご購入できます。

カルシウムプラス

LIDDELL

カルシウムプラス

30ml
カルシウムの吸収を高めます

【サプリメント】カルシウムプラス

関連カテゴリー

 ホメオパシー

関連成分

 カルシウム

トライアスロンなどのスポーツをやってるアスリートも、家で寝転んでテレビを観ているカウチポテト族も、強い骨と柔軟な関節を保つ必要があることに変わりはありません。
通常カルシウムは普段の食事から適切な量だけ摂取されていますが、そのほとんどが吸収されずに体外に排出されてしまいます。
骨の保護や、怪我の修復、関節内の軟骨や半月盤の健康維持などに、リデル社のカルシウムプラスはやさしく働きかけてくれます。

【Cartilage(軟骨)】
骨の組織の再生や半月盤や軟骨の健康維持に効果があります。
【リン酸カルシウム】
骨組織や柔組織の成長、または骨の修復などに働きかけます。
【Hydrofluoricum Acidum (フッ化水素酸)】
関節部分の炎症を抑え、骨の側面が粗くなることを防ぎます。
【Calcium Fluoride(フッ化カルシウム)】
骨の健康を維持し、線維性連結の成長を軽減する働きがあります。
【Medicago Sativa(アルファルファ)】
カルシウムの吸収には重要なビタミンDを供給します。
【Calcium Carbonate(炭酸カルシウム)】
関節痛を和らげ、カルシウムの吸収を促進してくれます。
【Symphatum Officinale(コンフリー)】
骨折などからゆっくり骨を修復してくれます。

カルシウムプラスはこちらでご購入できます。

アントラーベルベット

PLANETARY FORMULAS

アントラーベルベット

60タブレット
古くからつたわる鹿の角のサプリ

【サプリメント】アントラーベルベット

関連カテゴリー

 活力ある元気なからだ
 ふしぶしの健康
 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム
 アントラーベルベット(鹿角)

アントラーベルベット(鹿の角)は2000年以上の間、中国で滋養強壮剤として使用され続けている成分です。
若い鹿の角は、コラーゲン、グルコスアミノグリカン、グリコプロテインを豊富に含み、これらの成分は骨組織の成長を促進する働きがあります。
プラネタリーフォーミュラズ社のアントラーベルベット(鹿の角)は、ニュージーランドで認定された品質の良いものを毎年収穫、使用しています。(鹿の角は毎年伸びます。鹿には慈愛をもって、角を収穫しています。)
アントラーベルベットは、身体の健康バランスの保持と強化、関節の健康サポート、滋養強壮などさまざまな働きをもちます。

アントラーベルベットはこちらでご購入できます。

カルシウム 1000mg +ビタミンD

TWINLAB

カルシウム 1000mg +ビタミンD

120タブレット
不足しがちな大事なミネラル

【サプリメント】カルシウム 1000mg +ビタミンD

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムは体をつくるうえで大事なミネラルです。不足すると骨や歯、肩こり、腰痛などにも影響が出てきます。
牛乳や小魚などから摂取することが可能ですが、毎日必要な量を摂ることは意外と大変ですので、サプリメントで手軽に摂取してはいかがでしょうか。
なお、カルシウムは単体で摂るよりも、ビタミンDやマグネシウムと一緒に摂った方が吸収されやすい成分です。

カルシウム 1000mg +ビタミンDはこちらでご購入できます。

チュアブルカルシウム+ビタミンD

KIRKMAN

チュアブルカルシウム+ビタミンD

120タブレット
手軽に食べれるチュアブルタイプが登場!

【サプリメント】チュアブルカルシウム+ビタミンD

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

KIRKMANのカルシウムサプリメントにチュアブルタイプのカルシウムタブレットが加わりました。1粒に250mgのカルシウムを含有し、カルシウムの吸収を高めるビタミンDも配合しています。
本製品もKIRKMAN社の他のカルシウムサプリメント同様に重金属、その他に不純物に対し、政府の基準以上の純度の高い高品質なカルシウム含有原料から製造されています。
KIRKMAN社施設で行われてた味に対する試験でも、味、食感など食品として食べた時の全ての点で満足な結果が得られています。年齢にかかわらず美味しくお召し上がり頂けます。
カルシウムの吸収率を高めるために、食事に近い時間帯にお召し上がり下さい。


カルシウムが必要な理由は?
カルシウムは毎日摂取する必要のある必須ミネラルの一つです。カルシウムは体内で重要な働きをしており、もし不足すれば健康上の問題が生じることもあります。まず第一にカルシウムは骨や歯の構成要素の大部分を占めています。体内の98%のカルシウムは骨や歯に含まれているものです。その他のカルシウムの役割としては心臓や血液の循環、神経系や筋肉の伸縮する能力を助ける働きなどがあります。

もし食物によるカルシウム摂取量が減ると、身体は自らの骨を溶かして不足分を補います。この状態が続くと骨がもろくなる、いわゆる骨粗鬆病に発展することがあります。人種や性別、遺伝的資質、体格や食生活、運動のレベルやライフスタイルによりその様相もさまざまですが、アメリカでは2500万人以上が他の病気と併発するかたちで骨粗鬆症を発症しています。大量のアルコールや煙草の摂取が引き金になるとも考えられています。

十分な量のカルシウムの摂取して健康な骨を維持すれば骨の密度を高め、骨粗鬆症のリスクを軽減します。ただし一日の推奨摂取量2000mgの2倍のカルシウムを摂取しても2000mg摂取時と効果はさほど変わりません。

カルシウムの摂取が重要となる年齢は?
答えは簡単。どの年齢においてもカルシウムの摂取は重要です。幼児やお子様には骨の成長のために、成人には出産時や骨を健康で丈夫な状態に保つためにカルシウムは重要です。

食物からの摂取だけじゃカルシウムは足りないの?
ベビーフードや母乳にはたくさんのカルシウムが配合されており、乳幼児のカルシウム摂取量は十分でしょう。しかし成長して食生活の環境が変わるにつれ、カルシウムの摂取は困難になってゆきます。IOM(National Academy of Sciences Institute of Medicine)によると4歳から成人に至るまで、カルシウムのもっとも理想的な摂取量は1日あたり800〜1200mgとなっていますが、この量を食事から得るには乳製品を1日2〜3回摂取し、その他にもタンパク質、野菜、穀物、フルーツを摂る必要があるため多くの人にとっては困難です。

しかもカゼイン、乳糖やその他の乳製品に敏感な人にとって食事からカルシウムを摂取するのはより一層難しくなってきます。

カルシウムの吸収に影響する食物ってなに?
食物繊維やフィチン酸の豊富な植物はカフェイン同様、カルシウムの吸収に悪影響を及ぼします。過剰な脂質、塩分、ソフトドリンク類も同様です。

カルシウムは推奨量を一気に摂るよりも一日何度かに分けて摂るのが効果的です。体内に多量のカルシウムが入ると逆に吸収率が下がることがわかっています。

ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めるため、十分な量を摂ることが重要です。ビタミンDは体内に蓄積されるのでカルシウムと同時に摂る必要はありませんが、多くのカルシウムサプリメントには少量のビタミンDが配合されています。シリアルにもビタミンDは配合されており、太陽光を浴びることで体内で生成することもできます。室内に篭り偏った食生活を送る高齢の方がもっともビタミンD不足になる恐れがあります。

どんなカルシウムサプリメントを摂ればいいの?
市場には素晴らしいカルシウムサプリメントが出まわっていますが、原材料としては炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムがもっともポピュラーです。炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムは共に品質や吸収に優れています。The New England Journal of Medicine誌は、これらのカルシウムは牛乳中のカルシウムと同程度の吸収率であることを1987年に報告しています。

食物と一緒に摂取する場合、炭酸カルシウムがもっとも吸収率の高いカルシウムです。無酸病と呼ばれる、胃酸が分泌されなくなる症状の方の場合はクエン酸カルシウムの方がやや吸収率が高くなるようですが、前者と大差はありません。


カルシウムサプリメントを選ぶときに注意すべき点は?
低品質のカルシウムサプリメントには不適当な量の鉛が入っている場合があります。USP(米国薬局方)と食品添加物便覧によればサプリメントで使用する原料のカルシウムの鉛の含有量は3ppmとなっており、この値はFDA(米国食品医薬品局)も容認しています。大抵のサプリメント大手メーカーはこの基準を採用していますが、医薬品等級のカルシウムの中には鉛の含有量が3ppmをはるかに下回るものもあるのです。

カルシウムサプリメントの品質におけるもう一つの注意点は分解/溶解の程度です。サプリメントはまず体内で溶けなくてはならないのでこの点がUSPの基準に適っているかどうか、製造元に確認しなくてはなりません。

最後に、買う前に必ずラベルをよく読んで下さい。カルシウム摂取量とはカルシウム単体での摂取量です。カルシウム化合物の摂取量ではありません。例えば単体のカルシウム600mgとは、炭酸カルシウム600mgのことではありません。600mgの炭酸カルシウム中には216mgしか単体のカルシウムが含まれていないかもしれないからです。もし不明な場合は製造元に問い合わせて下さい。カルシウムに関しては用心するに越したことはありません。

カルシウムの過剰摂取の心配は?
The National Institute of Health and the Journal of the American Medical Association誌によれば、大抵の人は1日2000mgまでのカルシウムの摂取であれば安全である、とのことです。

カークマンのカルシウムサプリメント
カークマンのカルシウムサプリメントは原料に医薬品等級の、鉛の含有量の低いカルシウムを使用し、USP(米国薬局方)の分解/溶解の基準にのっとり製造されています。

チュアブルカルシウム+ビタミンDはこちらでご購入できます。

カルシウムナイト

SOURCE NATURALS

カルシウムナイト

120タブレット
夜に摂取して、カルシウム量をキープしましょう!

【サプリメント】カルシウムナイト

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム
 ボロン

骨や歯、筋肉に欠かせない栄養素であるカルシウムマグネシウム
カルシウムナイトは、それに加えてビタミンD、葉酸、ホウ素など骨の強化には欠かせない栄養素をバランスよく配合しています。
特にこのホウ素には、骨の減少を妨げるエストロゲン(女性ホルモン)を血液中に多く存在させる働きがあることから、骨粗鬆症の予防作用があるとして注目されています。

また血液中のカルシウムは夜間に減少するといわれています。それを防ぐ為に体内では、骨中のカルシウムを奪って補おうとします。
この骨中から溶け出してしまうカルシウムの減少を防ぐ為に、カルシウムを就寝前に摂ると効果的といわれています。

カルシウムナイトはこちらでご購入できます。

オステオボロン

NOW

オステオボロン

90ベジカプセル
骨密度を高め、関節をサポートする特許ボロン!

【サプリメント】オステオボロン

関連カテゴリー

 健康な骨作り
 ふしぶしの健康

関連成分

 ボロン
 カルシウム

関節サポート、骨密度向上サポート、健全なビタミンDレベルを目的とした方のためにお勧めのサプリメントです。
ボロン(ホウ素)は、骨形成、骨密度維持と同時に生涯を通じての骨と関節の健康のための大切な微量元素です。
オステオボロンは、ボロンとフルクトースの特許コンプレックス、FruiteX-B™を配合し、骨と関節の健康をサポートします。FruiteX-B™は天然植物に存在するボロン(フルクトホウ素酸カルシウム)と全く同一の形態をもつボロンを含む特許成分で、動物実験では、1日6mgを摂取すると、ビタミンD欠乏体の動物の骨灰(骨ミネラル)とビタミンD量を上昇させました。
また、同容量を2ヶ月間摂取させた人での試験では、関節部位での不快感が大きく減少しています。なお、1日6mgのFruiteX-B™は、オステオボロンを1日2カプセルに配合されている量です。
オステオボロンは、骨と関節の健康を守ります。



オステオボロンはこちらでご購入できます。

カル・キレートD+バイオペリン

COUNTRY LIFE

カル・キレートD+バイオペリン

120タブレット
バイオペリン配合で吸収力を高めたフォーミュラ!

【サプリメント】カル・キレートD+バイオペリン

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

骨や歯の健康に重要なカルシウムに加え、カルシウムが小腸から吸収されるのを促す働きのあるビタミンDも配合した「カル・キレートD+バイオペリン」。
吸収が高まるよう黒胡椒由来成分のバイオペリンを配合しており、カルシウム不足の解消を強力にサポートしてくれます。

カル・キレートD+バイオペリンはこちらでご購入できます。

トールツリー・チルドレンズチュアブルカルシウム

COUNTRY LIFE

トールツリー・チルドレンズチュアブルカルシウム

60チュアブル
成長期に必要なカルシウム!

【サプリメント】トールツリー・チルドレンズチュアブルカルシウム

関連カテゴリー

 お子様の栄養バランス強化

関連成分

 カルシウム

成長期は、カルシウムの需要が高まる時期です。
体内のカルシウムの大部分は骨や歯へと利用されており、成長期にカルシウムが不足すると、成長が悪くなったり、歯の質が低下すると言われております。また、成長に伴い、骨にかかる負担は増加しますので、骨の強度を増すためにより多くのカルシウムを骨に取り込むことが必要となります。
食事から成長期に必要なカルシウム量を摂ることが難しい時、サプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。

トールツリー・チルドレンズチュアブルカルシウムはこちらでご購入できます。

カルシウムキャプス+ボロン

COUNTRY LIFE

カルシウムキャプス+ボロン

90カプセル
骨の健康のためのミネラル!

【サプリメント】カルシウムキャプス+ボロン

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム
 ボロン

ボロンは微量ミネラルですが、ビタミンDを活性化させ、カルシウムやマグネシウムの吸収を促し、骨の健康をサポートするなど様々な働きをしており、不足すると骨粗しょう症やリューマチの原因にもつながると言われています。
このボロンとカルシウムを組み合わせたのが、「カルシウムキャプス+ボロン」。
カルシウムは骨や軟組織、また筋収縮、神経伝達刺激、細胞分泌、血液凝固など私達の身体の多くの過程で重要な役割を果たしています。
ボロンとカルシウム、不足しないようサプリメントで効率よく摂取してみてはいかがでしょうか。
なお、本商品はTargetMins®を採用しており、ミネラルを遊離型のアミノ酸と結合させて、ミネラルの吸収率を高めるフォーミュラとなっております。

カルシウムキャプス+ボロンはこちらでご購入できます。

カルスナック(カルシウム&マグネシウム)

COUNTRY LIFE

カルスナック(カルシウム&マグネシウム)

60チュアブル
骨の健康をサポートするチュアブルタイプのサプリ!

【サプリメント】カルスナック(カルシウム&マグネシウム)

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

「カルスナック」はチュアブル状でミルクフリータイプのカルシウム&マグネシウム+ビタミンDが手軽に摂取できるサプリメントです。
これまで、カプセルやタブレットが大きくてサプリメントが飲みにくいと感じていた方も、チュアブルタイプならストレスを感じる事なくおいしく摂取することが出来ます。
オレンジ・バニラフレーバーがついていますので、おいしく効率よくカルシウムを摂取することができます!

カルスナック(カルシウム&マグネシウム)はこちらでご購入できます。

ハイアブゾプションカルシウム

DOCTOR'S BEST

ハイアブゾプションカルシウム

120タブレット
高吸収のカルシウム!

【サプリメント】ハイアブゾプションカルシウム

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

「ハイアブゾプションカルシウム」は骨を強く、そして健康に保つ様にデザインされたサプリメントです。
配合されているカルシウムはアミノ酸のグリシンとキレート(結合)させたビスグリシンカルシウムです。この形のカルシウムは吸収効率が高いことで知られています。
また、骨の健康に必要なトレースミネラル類の亜鉛、銅、マグネシウム、ボロン、そしてカルシウムの吸収と骨への沈着を促進するビタミンDも配合しております。他にも吸収効率を向上させるクロコショウ由来の「バイオペリン」も配合されております。
骨の健康のために必要な成分を効率よく本商品で摂取してはいかがでしょうか!!

ハイアブゾプションカルシウムはこちらでご購入できます。

エマージェンC・ミクストベリー(C+カルシウムリッチ)

ALACER CORP

エマージェンC・ミクストベリー(C+カルシウムリッチ)

36パック
ビタミンC500mg+カルシウムをジュースで補給!

【サプリメント】エマージェンC・ミクストベリー(C+カルシウムリッチ)


関連成分

 ビタミンC
 カルシウム

エマージェンCは、いつでも、どこでも手軽にビタミンCや体に必要なミネラル、クエン酸などを補うことが出来るおいしいビタミンドリンク。カルシウムとビタミンC、さらにビタミンB群や、ミネラル類をバランスよく配合しています。朝の一杯、ジョギングのあとや、おやつのドリンクとして子供から大人までおいしく頂けます。
ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持ち、風邪、ストレス、疲労などを予防し、免疫をサポートします。
カルシウムは骨の成長を助け、骨の強化をする必須ミネラルです。
シュワシュワとのどごしさわやかなベリーミックステイストです。

エマージェンC・ミクストベリー(C+カルシウムリッチ)はこちらでご購入できます。

オステオプライムタブレット

ENZYMATIC THERAPY

オステオプライムタブレット

120タブレット
骨の健康は大丈夫ですか?

【サプリメント】オステオプライムタブレット

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

健康な骨の維持をサポートするその名もOsteo(骨)Prime(最良の)。
本商品はサプリメントを医療に取り込み、予防医学の分野で国際的に著名なジョナサン・ライト博士とアラン・ギャビー博士によってフォーミュラーされています。
健康な骨はミネラルを多く保有しており、組織の強化や筋肉の収縮に関係しています。
カルシウムは骨の健康に欠かせないミネラルです。骨の主成分はカルシウムで人体の99%のカルシウムは骨に存在し、丈夫に保つ働きをしています。カルシウムだけでは健康な骨を作ることは困難です。ビタミンDはカルシウムを効率よく体内に吸収させる働きをします。また、マグネシウムは骨に約60%存在し、カルシウムと一緒に骨を作る材料として利用され、骨代謝に関係しています。ビタミンKはカルシウムが骨に沈着する際に必要なたんぱく質の合成に関わっています。その他、亜鉛、ビタミンB6、ビタミンC、銅、ホウ素など骨の発育や維持に必要な栄養素をバランスよく配合しております。

オステオプライムタブレットはこちらでご購入できます。

オステオプライムカプセル

ENZYMATIC THERAPY

オステオプライムカプセル

120カプセル
骨の健康は大丈夫ですか?

【サプリメント】オステオプライムカプセル

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

健康な骨の維持をサポートするその名もOsteo(骨)Prime(最良の)。
本商品はサプリメントを医療に取り込み、予防医学の分野で国際的に著名なジョナサン・ライト博士とアラン・ギャビー博士によってフォーミュラーされています。
健康な骨はミネラルを多く保有しており、組織の強化や筋肉の収縮に関係しています。
カルシウムは骨の健康に欠かせないミネラルです。骨の主成分はカルシウムで人体の99%のカルシウムは骨に存在し、丈夫に保つ働きをしています。カルシウムだけでは健康な骨を作ることは困難です。ビタミンDはカルシウムを効率よく体内に吸収させる働きをします。また、マグネシウムは骨に約60%存在し、カルシウムと一緒に骨を作る材料として利用され、骨代謝に関係しています。ビタミンKはカルシウムが骨に沈着する際に必要なたんぱく質の合成に関わっています。その他、亜鉛、ビタミンB6、ビタミンC、銅、ホウ素など骨の発育や維持に必要な栄養素をバランスよく配合しております。

オステオプライムカプセルはこちらでご購入できます。

カルシウム

ENZYMATIC THERAPY

カルシウム

180タブレット
骨粗しょう症予防のために

【サプリメント】カルシウム

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

骨の健康に欠かせないミネラルとして有名なのがカルシウムですが、カルシウムだけでは丈夫な骨を作ることは困難です。カルシウムのほかにリンやマグネシウムといったミネラルも骨を作るためには必要です。
リンはカルシウムと結びつき、リン酸カルシウムとなって骨の主成分になります。マグネシウムはカルシウムと一緒になって骨を作る材料になったり、筋肉の収縮を行っています。そのため、カルシウムを摂取する際にマグネシウムも一緒に摂る必要があります。また、カルシウムの吸収はビタミンDによって促進されるので、一緒に摂取すると更に効果的です。

カルシウムはこちらでご購入できます。

ニューセラ&エブリデイ・コンパニオン(パウダー)

KIRKMAN

ニューセラ&エブリデイ・コンパニオン(パウダー)

324グラム
同社の 「ニューセラ」 や 「エブリデイ」 と一緒に摂るために設計。マルチプルを強化する最適のパートナー。

【サプリメント】ニューセラ&エブリデイ・コンパニオン(パウダー)

関連カテゴリー

 子供向けマルチビタミンミネラル
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 カルシウム
 ビタミンC

ニューセラとエブリデイはともにカークマンの中では比較的低ポテンシーのマルチプルビタミン&ミネラル製品です。

これらの製品はナンバー3の小さなサイズのカプセルを使用しているため、場合によってはビタミンやミネラルの摂取量が単品では足りないこともございました。

そのためニューセラとエブリデイを使用する際は、カルシウム、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンEの摂取量を増やすため、他のサプリメントとの併用をカークマンではお薦めしておりますが、煩雑な栄養量の計算をせずとも簡単に、ニューセラやエブリデイでは足りない栄養を補えるフォーミュラとして、ニューセラ・エブリデイコンパニオンパウダーもご用意しました。

ニューセラ・エブリデイコンパニオンパウダーには、ニューセラやエブリデイを補うための栄養のみならず、一般的なビタミン&ミネラルサプリメントには配合されていないトレースミネラルも含まれています。

トレースミネラルとは、微量ながら健康を維持する上で重要な働きをするミネラル群のこと。ニューセラ/エブリデイコンパニオンには以下のビタミン&ミネラルが含まれています。

・カルシウム 750mg(炭酸-クエン酸-キレートコンプレクス)
お子様は適切な成長のために少なくとも800mgのカルシウムが1日に必要です。もし乳製品を摂取できない場合、この値まで達するのは非常に困難となってきます。カークマンでは3つの異なる原料に由来するカルシウムを配合しています。
・マグネシウム 50mg(グリシン酸)
神経インパルスを和らげ、心を穏やかにする作用があります。
・ビタミンC 500mg(アスコルビン酸、アスコルビン酸ナトリウム)
ビタミンCは免疫システムを健康に保ち、体内の有害物質を取り除く作用があります。
・ビタミンE 100IU(dl-α酢酸トコフェロール)
傷ついた細胞組織の蘇生に不可欠な物質で、強力な免疫機能があります。
・亜鉛 5mg(キレート)
もっとも重要な免疫システムの構成要素の1つです。
・セレン 50mcg(アミノ酸キレート)
免疫機能を高める働きがあり、強力な解毒作用や抗酸化作用を有しています。
・モリブデン 50mcg(アミノ酸キレート)
モリブデンは銅の排泄や消化酵素の働きにおいて重要です。
・クロム 50mcg(アミノ酸キレート)
血糖値をコントロールする作用があります。
・バナジウム 5mcg(アミノ酸キレート)
バナジウムは炭水化物の代謝において重要な物質です。
・ニューセラ/エブリデイコンパニオンサプリメントは口当たりの良いパウダー状サプリメント。1日の摂取量はティースプーン3/4(約3.6g)です。二酸化珪素は固着を防ぐために配合されています。パウダーはジュースやレモネードなど、お好きなお飲み物に混ぜてお召上がり頂けます。コーラや7-upなどの炭酸飲料にも混ぜることができますが、一度に多量に混ぜると激しく泡立ちますので少しづつ混ぜて下さい。

ニューセラ&エブリデイ・コンパニオン(パウダー)はこちらでご購入できます。

カルシウム&マグネシウムリキッド

KIRKMAN

カルシウム&マグネシウムリキッド

16オンス(約473.1ml)

【サプリメント】カルシウム&マグネシウムリキッド

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムが必要な理由は?
カルシウムは毎日摂取する必要のある必須ミネラルの一つです。カルシウムは体内で重要な働きをしており、もし不足すれば健康上の問題が生じることもあります。まず第一にカルシウムは骨や歯の構成要素の大部分を占めています。体内の98%のカルシウムは骨や歯に含まれているものです。その他のカルシウムの役割としては心臓や血液の循環、神経系や筋肉の伸縮する能力を助ける働きなどがあります。

もし食物によるカルシウム摂取量が減ると、身体は自らの骨を溶かして不足分を補います。この状態が続くと骨がもろくなる、いわゆる骨粗鬆病に発展することがあります。人種や性別、遺伝的資質、体格や食生活、運動のレベルやライフスタイルによりその様相もさまざまですが、アメリカでは2500万人以上が他の病気と併発するかたちで骨粗鬆症を発症しています。大量のアルコールや煙草の摂取が引き金になるとも考えられています。

十分な量のカルシウムの摂取して健康な骨を維持すれば骨の密度を高め、骨粗鬆症のリスクを軽減します。ただし一日の推奨摂取量2000mgの2倍のカルシウムを摂取しても2000mg摂取時と効果はさほど変わりません。

カルシウムの摂取が重要となる年齢は?
答えは簡単。どの年齢においてもカルシウムの摂取は重要です。幼児やお子様には骨の成長のために、成人には出産時や骨を健康で丈夫な状態に保つためにカルシウムは重要です。

食物からの摂取だけじゃカルシウムは足りないの?
ベビーフードや母乳にはたくさんのカルシウムが配合されており、乳幼児のカルシウム摂取量は十分でしょう。しかし成長して食生活の環境が変わるにつれ、カルシウムの摂取は困難になってゆきます。IOM(National Academy of Sciences Institute of Medicine)によると4歳から成人に至るまで、カルシウムのもっとも理想的な摂取量は1日あたり800〜1200mgとなっていますが、この量を食事から得るには乳製品を1日2〜3回摂取し、その他にもタンパク質、野菜、穀物、フルーツを摂る必要があるため多くの人にとっては困難です。

しかもカゼイン、乳糖やその他の乳製品に敏感な人にとって食事からカルシウムを摂取するのはより一層難しくなってきます。

カルシウムの吸収に影響する食物ってなに?
食物繊維やフィチン酸の豊富な植物はカフェイン同様、カルシウムの吸収に悪影響を及ぼします。過剰な脂質、塩分、ソフトドリンク類も同様です。

カルシウムは推奨量を一気に摂るよりも一日何度かに分けて摂るのが効果的です。体内に多量のカルシウムが入ると逆に吸収率が下がることがわかっています。

ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めるため、十分な量を摂ることが重要です。ビタミンDは体内に蓄積されるのでカルシウムと同時に摂る必要はありませんが、多くのカルシウムサプリメントには少量のビタミンDが配合されています。シリアルにもビタミンDは配合されており、太陽光を浴びることで体内で生成することもできます。室内に篭り偏った食生活を送る高齢の方がもっともビタミンD不足になる恐れがあります。

どんなカルシウムサプリメントを摂ればいいの?
市場には素晴らしいカルシウムサプリメントが出まわっていますが、原材料としては炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムがもっともポピュラーです。炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムは共に品質や吸収に優れています。The New England Journal of Medicine誌は、これらのカルシウムは牛乳中のカルシウムと同程度の吸収率であることを1987年に報告しています。

食物と一緒に摂取する場合、炭酸カルシウムがもっとも吸収率の高いカルシウムです。無酸病と呼ばれる、胃酸が分泌されなくなる症状の方の場合はクエン酸カルシウムの方がやや吸収率が高くなるようですが、前者と大差はありません。

そしてもう一つ吸収率の高さを誇るカルシウムがあります。ビスグリシン酸カルシウムの名で知られる、ユタ州クリアフィールドのアルビオンラボラトリーズインクが製造するキレートカルシウムです。

カルシウムサプリメントを選ぶときに注意すべき点は?
低品質のカルシウムサプリメントには不適当な量の鉛が入っている場合があります。USP(米国薬局方)と食品添加物便覧によればサプリメントで使用する原料のカルシウムの鉛の含有量は3ppmとなっており、この値はFDA(米国食品医薬品局)も容認しています。大抵のサプリメント大手メーカーはこの基準を採用していますが、医薬品等級のカルシウムの中には鉛の含有量が3ppmをはるかに下回るものもあるのです。

カルシウムサプリメントの品質におけるもう一つの注意点は分解/溶解の程度です。サプリメントはまず体内で溶けなくてはならないのでこの点がUSPの基準に適っているかどうか、製造元に確認しなくてはなりません。

最後に、買う前に必ずラベルをよく読んで下さい。カルシウム摂取量とはカルシウム単体での摂取量です。カルシウム化合物の摂取量ではありません。例えば単体のカルシウム600mgとは、炭酸カルシウム600mgのことではありません。600mgの炭酸カルシウム中には216mgしか単体のカルシウムが含まれていないかもしれないからです。もし不明な場合は製造元に問い合わせて下さい。カルシウムに関しては用心するに越したことはありません。

カルシウムの過剰摂取の心配は?
The National Institute of Health and the Journal of the American Medical Association誌によれば、大抵の人は1日2000mgまでのカルシウムの摂取であれば安全である、とのことです。

カークマンのカルシウムサプリメント
カークマンのカルシウムサプリメントは原料に医薬品等級の、鉛の含有量の低いカルシウムを使用し、USP(米国薬局方)の分解/溶解の基準に適って製造されています。

カルシウム&マグネシウムリキッド+ビタミンD
カークマンでは2年前から、リキッドタイプのカルシウム-マグネシウム製品のご要望をお客様より戴いておりましたが味、舌触り、安定性のすべてにおいて妥協しない製品づくりを目指して、ようやくこのカルシウム&マグネシウムリキッド+ビタミンDを発表するに至りました。

ティースプーンにあけてそのままお召上がり頂くことも、お好きなお飲み物に混ぜてお召上がり頂くこともできます。ただし炭酸飲料に入れると激しく泡立ちますのでご注意下さい。

カルシウム&マグネシウムリキッドはこちらでご購入できます。

カルシウム+ビタミンD(低アレルギー)

KIRKMAN

カルシウム+ビタミンD(低アレルギー)

120ベジカプセル

【サプリメント】カルシウム+ビタミンD(低アレルギー)

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムが必要な理由は?
カルシウムは毎日摂取する必要のある必須ミネラルの一つです。カルシウムは体内で重要な働きをしており、もし不足すれば健康上の問題が生じることもあります。まず第一にカルシウムは骨や歯の構成要素の大部分を占めています。体内の98%のカルシウムは骨や歯に含まれているものです。その他のカルシウムの役割としては心臓や血液の循環、神経系や筋肉の伸縮する能力を助ける働きなどがあります。

もし食物によるカルシウム摂取量が減ると、身体は自らの骨を溶かして不足分を補います。この状態が続くと骨がもろくなる、いわゆる骨粗鬆病に発展することがあります。人種や性別、遺伝的資質、体格や食生活、運動のレベルやライフスタイルによりその様相もさまざまですが、アメリカでは2500万人以上が他の病気と併発するかたちで骨粗鬆症を発症しています。大量のアルコールや煙草の摂取が引き金になるとも考えられています。

十分な量のカルシウムの摂取して健康な骨を維持すれば骨の密度を高め、骨粗鬆症のリスクを軽減します。ただし一日の推奨摂取量2000mgの2倍のカルシウムを摂取しても2000mg摂取時と効果はさほど変わりません。

カルシウムの摂取が重要となる年齢は?
答えは簡単。どの年齢においてもカルシウムの摂取は重要です。幼児やお子様には骨の成長のために、成人には出産時や骨を健康で丈夫な状態に保つためにカルシウムは重要です。

食物からの摂取だけじゃカルシウムは足りないの?
ベビーフードや母乳にはたくさんのカルシウムが配合されており、乳幼児のカルシウム摂取量は十分でしょう。しかし成長して食生活の環境が変わるにつれ、カルシウムの摂取は困難になってゆきます。IOM(National Academy of Sciences Institute of Medicine)によると4歳から成人に至るまで、カルシウムのもっとも理想的な摂取量は1日あたり800〜1200mgとなっていますが、この量を食事から得るには乳製品を1日2〜3回摂取し、その他にもタンパク質、野菜、穀物、フルーツを摂る必要があるため多くの人にとっては困難です。

しかもカゼイン、乳糖やその他の乳製品に敏感な人にとって食事からカルシウムを摂取するのはより一層難しくなってきます。

カルシウムの吸収に影響する食物ってなに?
食物繊維やフィチン酸の豊富な植物はカフェイン同様、カルシウムの吸収に悪影響を及ぼします。過剰な脂質、塩分、ソフトドリンク類も同様です。

カルシウムは推奨量を一気に摂るよりも一日何度かに分けて摂るのが効果的です。体内に多量のカルシウムが入ると逆に吸収率が下がることがわかっています。

ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めるため、十分な量を摂ることが重要です。ビタミンDは体内に蓄積されるのでカルシウムと同時に摂る必要はありませんが、多くのカルシウムサプリメントには少量のビタミンDが配合されています。シリアルにもビタミンDは配合されており、太陽光を浴びることで体内で生成することもできます。室内に篭り偏った食生活を送る高齢の方がもっともビタミンD不足になる恐れがあります。

どんなカルシウムサプリメントを摂ればいいの?
市場には素晴らしいカルシウムサプリメントが出まわっていますが、原材料としては炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムがもっともポピュラーです。炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムは共に品質や吸収に優れています。The New England Journal of Medicine誌は、これらのカルシウムは牛乳中のカルシウムと同程度の吸収率であることを1987年に報告しています。

食物と一緒に摂取する場合、炭酸カルシウムがもっとも吸収率の高いカルシウムです。無酸病と呼ばれる、胃酸が分泌されなくなる症状の方の場合はクエン酸カルシウムの方がやや吸収率が高くなるようですが、前者と大差はありません。

そしてもう一つ吸収率の高さを誇るカルシウムがあります。ビスグリシン酸カルシウムの名で知られる、ユタ州クリアフィールドのアルビオンラボラトリーズインクが製造するキレートカルシウムです。

カルシウムサプリメントを選ぶときに注意すべき点は?
低品質のカルシウムサプリメントには不適当な量の鉛が入っている場合があります。USP(米国薬局方)と食品添加物便覧によればサプリメントで使用する原料のカルシウムの鉛の含有量は3ppmとなっており、この値はFDA(米国食品医薬品局)も容認しています。大抵のサプリメント大手メーカーはこの基準を採用していますが、医薬品等級のカルシウムの中には鉛の含有量が3ppmをはるかに下回るものもあるのです。

カルシウムサプリメントの品質におけるもう一つの注意点は分解/溶解の程度です。サプリメントはまず体内で溶けなくてはならないのでこの点がUSPの基準に適っているかどうか、製造元に確認しなくてはなりません。

最後に、買う前に必ずラベルをよく読んで下さい。カルシウム摂取量とはカルシウム単体での摂取量です。カルシウム化合物の摂取量ではありません。例えば単体のカルシウム600mgとは、炭酸カルシウム600mgのことではありません。600mgの炭酸カルシウム中には216mgしか単体のカルシウムが含まれていないかもしれないからです。もし不明な場合は製造元に問い合わせて下さい。カルシウムに関しては用心するに越したことはありません。

カルシウムの過剰摂取の心配は?
The National Institute of Health and the Journal of the American Medical Association誌によれば、大抵の人は1日2000mgまでのカルシウムの摂取であれば安全である、とのことです。

カークマンのカルシウムサプリメント
カークマンのカルシウムサプリメントは原料に医薬品等級の、鉛の含有量の低いカルシウムを使用し、USP(米国薬局方)の分解/溶解の基準に適って製造されています。

低アレルギー誘発性カルシウムカプセル+ビタミンDパウダー
カークマン社のカルシウムパウダー+ビタミンDとは異なり、本製品に使用されているカルシウムパウダーは不快な味がするためカプセルから出さずにそのままお召し上がり下さい。なお、本製品には表記されているものの他には一切添加物を使用しておらず、低アレルギー誘発性仕様となっております。

カルシウム+ビタミンD(低アレルギー)はこちらでご購入できます。

カルシウムパウダー+ビタミンD(低アレルギー)

KIRKMAN

カルシウムパウダー+ビタミンD(低アレルギー)

16オンス(約452.8g)

【サプリメント】カルシウムパウダー+ビタミンD(低アレルギー)

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムが必要な理由は?
カルシウムは毎日摂取する必要のある必須ミネラルの一つです。カルシウムは体内で重要な働きをしており、もし不足すれば健康上の問題が生じることもあります。まず第一にカルシウムは骨や歯の構成要素の大部分を占めています。体内の98%のカルシウムは骨や歯に含まれているものです。その他のカルシウムの役割としては心臓や血液の循環、神経系や筋肉の伸縮する能力を助ける働きなどがあります。

もし食物によるカルシウム摂取量が減ると、身体は自らの骨を溶かして不足分を補います。この状態が続くと骨がもろくなる、いわゆる骨粗鬆病に発展することがあります。人種や性別、遺伝的資質、体格や食生活、運動のレベルやライフスタイルによりその様相もさまざまですが、アメリカでは2500万人以上が他の病気と併発するかたちで骨粗鬆症を発症しています。大量のアルコールや煙草の摂取が引き金になるとも考えられています。

十分な量のカルシウムの摂取して健康な骨を維持すれば骨の密度を高め、骨粗鬆症のリスクを軽減します。ただし一日の推奨摂取量2000mgの2倍のカルシウムを摂取しても2000mg摂取時と効果はさほど変わりません。

カルシウムの摂取が重要となる年齢は?
答えは簡単。どの年齢においてもカルシウムの摂取は重要です。幼児やお子様には骨の成長のために、成人には出産時や骨を健康で丈夫な状態に保つためにカルシウムは重要です。

食物からの摂取だけじゃカルシウムは足りないの?
ベビーフードや母乳にはたくさんのカルシウムが配合されており、乳幼児のカルシウム摂取量は十分でしょう。しかし成長して食生活の環境が変わるにつれ、カルシウムの摂取は困難になってゆきます。IOM(National Academy of Sciences Institute of Medicine)によると4歳から成人に至るまで、カルシウムのもっとも理想的な摂取量は1日あたり800〜1200mgとなっていますが、この量を食事から得るには乳製品を1日2〜3回摂取し、その他にもタンパク質、野菜、穀物、フルーツを摂る必要があるため多くの人にとっては困難です。

しかもカゼイン、乳糖やその他の乳製品に敏感な人にとって食事からカルシウムを摂取するのはより一層難しくなってきます。

カルシウムの吸収に影響する食物ってなに?
食物繊維やフィチン酸の豊富な植物はカフェイン同様、カルシウムの吸収に悪影響を及ぼします。過剰な脂質、塩分、ソフトドリンク類も同様です。

カルシウムは推奨量を一気に摂るよりも一日何度かに分けて摂るのが効果的です。体内に多量のカルシウムが入ると逆に吸収率が下がることがわかっています。

ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めるため、十分な量を摂ることが重要です。ビタミンDは体内に蓄積されるのでカルシウムと同時に摂る必要はありませんが、多くのカルシウムサプリメントには少量のビタミンDが配合されています。シリアルにもビタミンDは配合されており、太陽光を浴びることで体内で生成することもできます。室内に篭り偏った食生活を送る高齢の方がもっともビタミンD不足になる恐れがあります。

どんなカルシウムサプリメントを摂ればいいの?
市場には素晴らしいカルシウムサプリメントが出まわっていますが、原材料としては炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムがもっともポピュラーです。炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムは共に品質や吸収に優れています。The New England Journal of Medicine誌は、これらのカルシウムは牛乳中のカルシウムと同程度の吸収率であることを1987年に報告しています。

食物と一緒に摂取する場合、炭酸カルシウムがもっとも吸収率の高いカルシウムです。無酸病と呼ばれる、胃酸が分泌されなくなる症状の方の場合はクエン酸カルシウムの方がやや吸収率が高くなるようですが、前者と大差はありません。

そしてもう一つ吸収率の高さを誇るカルシウムがあります。ビスグリシン酸カルシウムの名で知られる、ユタ州クリアフィールドのアルビオンラボラトリーズインクが製造するキレートカルシウムです。

カルシウムサプリメントを選ぶときに注意すべき点は?
低品質のカルシウムサプリメントには不適当な量の鉛が入っている場合があります。USP(米国薬局方)と食品添加物便覧によればサプリメントで使用する原料のカルシウムの鉛の含有量は3ppmとなっており、この値はFDA(米国食品医薬品局)も容認しています。大抵のサプリメント大手メーカーはこの基準を採用していますが、医薬品等級のカルシウムの中には鉛の含有量が3ppmをはるかに下回るものもあるのです。

カルシウムサプリメントの品質におけるもう一つの注意点は分解/溶解の程度です。サプリメントはまず体内で溶けなくてはならないのでこの点がUSPの基準に適っているかどうか、製造元に確認しなくてはなりません。

最後に、買う前に必ずラベルをよく読んで下さい。カルシウム摂取量とはカルシウム単体での摂取量です。カルシウム化合物の摂取量ではありません。例えば単体のカルシウム600mgとは、炭酸カルシウム600mgのことではありません。600mgの炭酸カルシウム中には216mgしか単体のカルシウムが含まれていないかもしれないからです。もし不明な場合は製造元に問い合わせて下さい。カルシウムに関しては用心するに越したことはありません。

カルシウムの過剰摂取の心配は?
The National Institute of Health and the Journal of the American Medical Association誌によれば、大抵の人は1日2000mgまでのカルシウムの摂取であれば安全である、とのことです。

カークマンのカルシウムサプリメント
カークマンのカルシウムサプリメントは原料に医薬品等級の、鉛の含有量の低いカルシウムを使用し、USP(米国薬局方)の分解/溶解の基準に適って製造されています。

低アレルギー誘発性カルシウム+ビタミンDパウダー
添加物を使用していない炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムのブレンドです。料理や飲料に簡単に混ぜることができます。

強火を避ければクッキーやパンケーキ、マフィンなど、焼き料理にも混ぜることができますが、ビタミンDは加熱の際に失われることがあります。

カルシウムパウダー+ビタミンD(低アレルギー)はこちらでご購入できます。

カルシウムパウダー+ビタミンD(低アレルギー)

KIRKMAN

カルシウムパウダー+ビタミンD(低アレルギー)

8オンス(約226.4g)

【サプリメント】カルシウムパウダー+ビタミンD(低アレルギー)

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムが必要な理由は?
カルシウムは毎日摂取する必要のある必須ミネラルの一つです。カルシウムは体内で重要な働きをしており、もし不足すれば健康上の問題が生じることもあります。まず第一にカルシウムは骨や歯の構成要素の大部分を占めています。体内の98%のカルシウムは骨や歯に含まれているものです。その他のカルシウムの役割としては心臓や血液の循環、神経系や筋肉の伸縮する能力を助ける働きなどがあります。

もし食物によるカルシウム摂取量が減ると、身体は自らの骨を溶かして不足分を補います。この状態が続くと骨がもろくなる、いわゆる骨粗鬆病に発展することがあります。人種や性別、遺伝的資質、体格や食生活、運動のレベルやライフスタイルによりその様相もさまざまですが、アメリカでは2500万人以上が他の病気と併発するかたちで骨粗鬆症を発症しています。大量のアルコールや煙草の摂取が引き金になるとも考えられています。

十分な量のカルシウムの摂取して健康な骨を維持すれば骨の密度を高め、骨粗鬆症のリスクを軽減します。ただし一日の推奨摂取量2000mgの2倍のカルシウムを摂取しても2000mg摂取時と効果はさほど変わりません。

カルシウムの摂取が重要となる年齢は?
答えは簡単。どの年齢においてもカルシウムの摂取は重要です。幼児やお子様には骨の成長のために、成人には出産時や骨を健康で丈夫な状態に保つためにカルシウムは重要です。

食物からの摂取だけじゃカルシウムは足りないの?
ベビーフードや母乳にはたくさんのカルシウムが配合されており、乳幼児のカルシウム摂取量は十分でしょう。しかし成長して食生活の環境が変わるにつれ、カルシウムの摂取は困難になってゆきます。IOM(National Academy of Sciences Institute of Medicine)によると4歳から成人に至るまで、カルシウムのもっとも理想的な摂取量は1日あたり800〜1200mgとなっていますが、この量を食事から得るには乳製品を1日2〜3回摂取し、その他にもタンパク質、野菜、穀物、フルーツを摂る必要があるため多くの人にとっては困難です。

しかもカゼイン、乳糖やその他の乳製品に敏感な人にとって食事からカルシウムを摂取するのはより一層難しくなってきます。

カルシウムの吸収に影響する食物ってなに?
食物繊維やフィチン酸の豊富な植物はカフェイン同様、カルシウムの吸収に悪影響を及ぼします。過剰な脂質、塩分、ソフトドリンク類も同様です。

カルシウムは推奨量を一気に摂るよりも一日何度かに分けて摂るのが効果的です。体内に多量のカルシウムが入ると逆に吸収率が下がることがわかっています。

ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めるため、十分な量を摂ることが重要です。ビタミンDは体内に蓄積されるのでカルシウムと同時に摂る必要はありませんが、多くのカルシウムサプリメントには少量のビタミンDが配合されています。シリアルにもビタミンDは配合されており、太陽光を浴びることで体内で生成することもできます。室内に篭り偏った食生活を送る高齢の方がもっともビタミンD不足になる恐れがあります。

どんなカルシウムサプリメントを摂ればいいの?
市場には素晴らしいカルシウムサプリメントが出まわっていますが、原材料としては炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムがもっともポピュラーです。炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムは共に品質や吸収に優れています。The New England Journal of Medicine誌は、これらのカルシウムは牛乳中のカルシウムと同程度の吸収率であることを1987年に報告しています。

食物と一緒に摂取する場合、炭酸カルシウムがもっとも吸収率の高いカルシウムです。無酸病と呼ばれる、胃酸が分泌されなくなる症状の方の場合はクエン酸カルシウムの方がやや吸収率が高くなるようですが、前者と大差はありません。

そしてもう一つ吸収率の高さを誇るカルシウムがあります。ビスグリシン酸カルシウムの名で知られる、ユタ州クリアフィールドのアルビオンラボラトリーズインクが製造するキレートカルシウムです。

カルシウムサプリメントを選ぶときに注意すべき点は?
低品質のカルシウムサプリメントには不適当な量の鉛が入っている場合があります。USP(米国薬局方)と食品添加物便覧によればサプリメントで使用する原料のカルシウムの鉛の含有量は3ppmとなっており、この値はFDA(米国食品医薬品局)も容認しています。大抵のサプリメント大手メーカーはこの基準を採用していますが、医薬品等級のカルシウムの中には鉛の含有量が3ppmをはるかに下回るものもあるのです。

カルシウムサプリメントの品質におけるもう一つの注意点は分解/溶解の程度です。サプリメントはまず体内で溶けなくてはならないのでこの点がUSPの基準に適っているかどうか、製造元に確認しなくてはなりません。

最後に、買う前に必ずラベルをよく読んで下さい。カルシウム摂取量とはカルシウム単体での摂取量です。カルシウム化合物の摂取量ではありません。例えば単体のカルシウム600mgとは、炭酸カルシウム600mgのことではありません。600mgの炭酸カルシウム中には216mgしか単体のカルシウムが含まれていないかもしれないからです。もし不明な場合は製造元に問い合わせて下さい。カルシウムに関しては用心するに越したことはありません。

カルシウムの過剰摂取の心配は?
The National Institute of Health and the Journal of the American Medical Association誌によれば、大抵の人は1日2000mgまでのカルシウムの摂取であれば安全である、とのことです。

カークマンのカルシウムサプリメント
カークマンのカルシウムサプリメントは原料に医薬品等級の、鉛の含有量の低いカルシウムを使用し、USP(米国薬局方)の分解/溶解の基準に適って製造されています。

低アレルギー誘発性カルシウム+ビタミンDパウダー
添加物を使用していない炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムのブレンドです。料理や飲料に簡単に混ぜることができます。

強火を避ければクッキーやパンケーキ、マフィンなど、焼き料理にも混ぜることができますが、ビタミンDは加熱の際に失われることがあります。

カルシウムパウダー+ビタミンD(低アレルギー)はこちらでご購入できます。

カルシウムパウダー+ビタミンD(フレーバー付き)

KIRKMAN

カルシウムパウダー+ビタミンD(フレーバー付き)

16オンス(約452g)

【サプリメント】カルシウムパウダー+ビタミンD(フレーバー付き)

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムが必要な理由は?
カルシウムは毎日摂取する必要のある必須ミネラルの一つです。カルシウムは体内で重要な働きをしており、もし不足すれば健康上の問題が生じることもあります。まず第一にカルシウムは骨や歯の構成要素の大部分を占めています。体内の98%のカルシウムは骨や歯に含まれているものです。その他のカルシウムの役割としては心臓や血液の循環、神経系や筋肉の伸縮する能力を助ける働きなどがあります。

もし食物によるカルシウム摂取量が減ると、身体は自らの骨を溶かして不足分を補います。この状態が続くと骨がもろくなる、いわゆる骨粗鬆病に発展することがあります。人種や性別、遺伝的資質、体格や食生活、運動のレベルやライフスタイルによりその様相もさまざまですが、アメリカでは2500万人以上が他の病気と併発するかたちで骨粗鬆症を発症しています。大量のアルコールや煙草の摂取が引き金になるとも考えられています。

十分な量のカルシウムの摂取して健康な骨を維持すれば骨の密度を高め、骨粗鬆症のリスクを軽減します。ただし一日の推奨摂取量2000mgの2倍のカルシウムを摂取しても2000mg摂取時と効果はさほど変わりません。

カルシウムの摂取が重要となる年齢は?
答えは簡単。どの年齢においてもカルシウムの摂取は重要です。幼児やお子様には骨の成長のために、成人には出産時や骨を健康で丈夫な状態に保つためにカルシウムは重要です。

食物からの摂取だけじゃカルシウムは足りないの?
ベビーフードや母乳にはたくさんのカルシウムが配合されており、乳幼児のカルシウム摂取量は十分でしょう。しかし成長して食生活の環境が変わるにつれ、カルシウムの摂取は困難になってゆきます。IOM(National Academy of Sciences Institute of Medicine)によると4歳から成人に至るまで、カルシウムのもっとも理想的な摂取量は1日あたり800〜1200mgとなっていますが、この量を食事から得るには乳製品を1日2〜3回摂取し、その他にもタンパク質、野菜、穀物、フルーツを摂る必要があるため多くの人にとっては困難です。

しかもカゼイン、乳糖やその他の乳製品に敏感な人にとって食事からカルシウムを摂取するのはより一層難しくなってきます。

カルシウムの吸収に影響する食物ってなに?
食物繊維やフィチン酸の豊富な植物はカフェイン同様、カルシウムの吸収に悪影響を及ぼします。過剰な脂質、塩分、ソフトドリンク類も同様です。

カルシウムは推奨量を一気に摂るよりも一日何度かに分けて摂るのが効果的です。体内に多量のカルシウムが入ると逆に吸収率が下がることがわかっています。

ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めるため、十分な量を摂ることが重要です。ビタミンDは体内に蓄積されるのでカルシウムと同時に摂る必要はありませんが、多くのカルシウムサプリメントには少量のビタミンDが配合されています。シリアルにもビタミンDは配合されており、太陽光を浴びることで体内で生成することもできます。室内に篭り偏った食生活を送る高齢の方がもっともビタミンD不足になる恐れがあります。

どんなカルシウムサプリメントを摂ればいいの?
市場には素晴らしいカルシウムサプリメントが出まわっていますが、原材料としては炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムがもっともポピュラーです。炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムは共に品質や吸収に優れています。The New England Journal of Medicine誌は、これらのカルシウムは牛乳中のカルシウムと同程度の吸収率であることを1987年に報告しています。

食物と一緒に摂取する場合、炭酸カルシウムがもっとも吸収率の高いカルシウムです。無酸病と呼ばれる、胃酸が分泌されなくなる症状の方の場合はクエン酸カルシウムの方がやや吸収率が高くなるようですが、前者と大差はありません。

そしてもう一つ吸収率の高さを誇るカルシウムがあります。ビスグリシン酸カルシウムの名で知られる、ユタ州クリアフィールドのアルビオンラボラトリーズインクが製造するキレートカルシウムです。

カルシウムサプリメントを選ぶときに注意すべき点は?
低品質のカルシウムサプリメントには不適当な量の鉛が入っている場合があります。USP(米国薬局方)と食品添加物便覧によればサプリメントで使用する原料のカルシウムの鉛の含有量は3ppmとなっており、この値はFDA(米国食品医薬品局)も容認しています。大抵のサプリメント大手メーカーはこの基準を採用していますが、医薬品等級のカルシウムの中には鉛の含有量が3ppmをはるかに下回るものもあるのです。

カルシウムサプリメントの品質におけるもう一つの注意点は分解/溶解の程度です。サプリメントはまず体内で溶けなくてはならないのでこの点がUSPの基準に適っているかどうか、製造元に確認しなくてはなりません。

最後に、買う前に必ずラベルをよく読んで下さい。カルシウム摂取量とはカルシウム単体での摂取量です。カルシウム化合物の摂取量ではありません。例えば単体のカルシウム600mgとは、炭酸カルシウム600mgのことではありません。600mgの炭酸カルシウム中には216mgしか単体のカルシウムが含まれていないかもしれないからです。もし不明な場合は製造元に問い合わせて下さい。カルシウムに関しては用心するに越したことはありません。

カルシウムの過剰摂取の心配は?
The National Institute of Health and the Journal of the American Medical Association誌によれば、大抵の人は1日2000mgまでのカルシウムの摂取であれば安全である、とのことです。

カークマンのカルシウムサプリメント
カークマンのカルシウムサプリメントは原料に医薬品等級の、鉛の含有量の低いカルシウムを使用し、USP(米国薬局方)の分解/溶解の基準に適って製造されています。

低アレルギー誘発性カルシウム+ビタミンDパウダー
添加物を使用していない炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムのブレンドです。料理や飲料に簡単に混ぜることができます。

強火を避ければクッキーやパンケーキ、マフィンなど、焼き料理にも混ぜることができますが、ビタミンDは加熱の際に失われることがあります。

カルシウムパウダー+ビタミンD(フレーバー付き)はこちらでご購入できます。

カルシウムパウダー+ビタミンD(フレーバー付き)

KIRKMAN

カルシウムパウダー+ビタミンD(フレーバー付き)

8オンス(約226.4g)

【サプリメント】カルシウムパウダー+ビタミンD(フレーバー付き)

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

カルシウムが必要な理由は?
カルシウムは毎日摂取する必要のある必須ミネラルの一つです。カルシウムは体内で重要な働きをしており、もし不足すれば健康上の問題が生じることもあります。まず第一にカルシウムは骨や歯の構成要素の大部分を占めています。体内の98%のカルシウムは骨や歯に含まれているものです。その他のカルシウムの役割としては心臓や血液の循環、神経系や筋肉の伸縮する能力を助ける働きなどがあります。

もし食物によるカルシウム摂取量が減ると、身体は自らの骨を溶かして不足分を補います。この状態が続くと骨がもろくなる、いわゆる骨粗鬆病に発展することがあります。人種や性別、遺伝的資質、体格や食生活、運動のレベルやライフスタイルによりその様相もさまざまですが、アメリカでは2500万人以上が他の病気と併発するかたちで骨粗鬆症を発症しています。大量のアルコールや煙草の摂取が引き金になるとも考えられています。

十分な量のカルシウムの摂取して健康な骨を維持すれば骨の密度を高め、骨粗鬆症のリスクを軽減します。ただし一日の推奨摂取量2000mgの2倍のカルシウムを摂取しても2000mg摂取時と効果はさほど変わりません。

カルシウムの摂取が重要となる年齢は?
答えは簡単。どの年齢においてもカルシウムの摂取は重要です。幼児やお子様には骨の成長のために、成人には出産時や骨を健康で丈夫な状態に保つためにカルシウムは重要です。

食物からの摂取だけじゃカルシウムは足りないの?
ベビーフードや母乳にはたくさんのカルシウムが配合されており、乳幼児のカルシウム摂取量は十分でしょう。しかし成長して食生活の環境が変わるにつれ、カルシウムの摂取は困難になってゆきます。IOM(National Academy of Sciences Institute of Medicine)によると4歳から成人に至るまで、カルシウムのもっとも理想的な摂取量は1日あたり800〜1200mgとなっていますが、この量を食事から得るには乳製品を1日2〜3回摂取し、その他にもタンパク質、野菜、穀物、フルーツを摂る必要があるため多くの人にとっては困難です。

しかもカゼイン、乳糖やその他の乳製品に敏感な人にとって食事からカルシウムを摂取するのはより一層難しくなってきます。

カルシウムの吸収に影響する食物ってなに?
食物繊維やフィチン酸の豊富な植物はカフェイン同様、カルシウムの吸収に悪影響を及ぼします。過剰な脂質、塩分、ソフトドリンク類も同様です。

カルシウムは推奨量を一気に摂るよりも一日何度かに分けて摂るのが効果的です。体内に多量のカルシウムが入ると逆に吸収率が下がることがわかっています。

ビタミンDはカルシウムの吸収率を高めるため、十分な量を摂ることが重要です。ビタミンDは体内に蓄積されるのでカルシウムと同時に摂る必要はありませんが、多くのカルシウムサプリメントには少量のビタミンDが配合されています。シリアルにもビタミンDは配合されており、太陽光を浴びることで体内で生成することもできます。室内に篭り偏った食生活を送る高齢の方がもっともビタミンD不足になる恐れがあります。

どんなカルシウムサプリメントを摂ればいいの?
市場には素晴らしいカルシウムサプリメントが出まわっていますが、原材料としては炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムがもっともポピュラーです。炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムは共に品質や吸収に優れています。The New England Journal of Medicine誌は、これらのカルシウムは牛乳中のカルシウムと同程度の吸収率であることを1987年に報告しています。

食物と一緒に摂取する場合、炭酸カルシウムがもっとも吸収率の高いカルシウムです。無酸病と呼ばれる、胃酸が分泌されなくなる症状の方の場合はクエン酸カルシウムの方がやや吸収率が高くなるようですが、前者と大差はありません。

そしてもう一つ吸収率の高さを誇るカルシウムがあります。ビスグリシン酸カルシウムの名で知られる、ユタ州クリアフィールドのアルビオンラボラトリーズインクが製造するキレートカルシウムです。

カルシウムサプリメントを選ぶときに注意すべき点は?
低品質のカルシウムサプリメントには不適当な量の鉛が入っている場合があります。USP(米国薬局方)と食品添加物便覧によればサプリメントで使用する原料のカルシウムの鉛の含有量は3ppmとなっており、この値はFDA(米国食品医薬品局)も容認しています。大抵のサプリメント大手メーカーはこの基準を採用していますが、医薬品等級のカルシウムの中には鉛の含有量が3ppmをはるかに下回るものもあるのです。

カルシウムサプリメントの品質におけるもう一つの注意点は分解/溶解の程度です。サプリメントはまず体内で溶けなくてはならないのでこの点がUSPの基準に適っているかどうか、製造元に確認しなくてはなりません。

最後に、買う前に必ずラベルをよく読んで下さい。カルシウム摂取量とはカルシウム単体での摂取量です。カルシウム化合物の摂取量ではありません。例えば単体のカルシウム600mgとは、炭酸カルシウム600mgのことではありません。600mgの炭酸カルシウム中には216mgしか単体のカルシウムが含まれていないかもしれないからです。もし不明な場合は製造元に問い合わせて下さい。カルシウムに関しては用心するに越したことはありません。

カルシウムの過剰摂取の心配は?
The National Institute of Health and the Journal of the American Medical Association誌によれば、大抵の人は1日2000mgまでのカルシウムの摂取であれば安全である、とのことです。

カークマンのカルシウムサプリメント
カークマンのカルシウムサプリメントは原料に医薬品等級の、鉛の含有量の低いカルシウムを使用し、USP(米国薬局方)の分解/溶解の基準に適って製造されています。

カルシウムパウダー+ビタミンD
炭酸カルシウムとクエン酸カルシウムを使用し、お好きな料理やお飲み物に混ぜてお召上がり頂けます。

クッキーやパンケーキ、マフィンなどのベーキングした料理にもご利用頂けますが、ビタミンDは加熱により失われる場合があります。

カルシウムパウダー+ビタミンD(フレーバー付き)はこちらでご購入できます。

コーラルカルシウム+マグネシウム&D

NOW

コーラルカルシウム+マグネシウム&D

250ベジカプセル
体内pHバランス調整!!

【サプリメント】コーラルカルシウム+マグネシウム&D

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

コーラルカルシウムはアルカリ性を帯びたサプリメントで、体内のpHバランスを保つ働きを持っています。体内が酸性になると免疫力が落ちたり、体内疲労、消化不良などの原因になります。
また、コーラル(珊瑚)はトレースミネラルと呼ばれる1日必要量が100mg以下の微量ミネラル類も含んでいます。マグネシウムはカルシウムと同様に骨の健康に不可欠なミネラルで、カルシウムとマグネシウムの摂取バランスが重要になります。

※本製品に使用されている珊瑚は天然珊瑚を採取しておりません。環境破壊の心配はありません。

コーラルカルシウム+マグネシウム&Dはこちらでご購入できます。

コーラルカルシウム 1000mg

NOW

コーラルカルシウム 1000mg

250ベジカプセル
骨と骨格筋の健康にベストバランスのカルシムとマグネシウム!

【サプリメント】コーラルカルシウム 1000mg

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

コーラルカルシウムは、カルシウム製品の中で最も価値のあるカルシウム原料で、化石化したサンゴが原料となっています。
コーラルカルシウムは、コーラル(珊瑚)はトレースミネラルと呼ばれる1日必要量が100mg以下の微量ミネラル類もを含み、カルシムの吸収と働きを協調的にサポートします。
※本製品に使用されている珊瑚は天然珊瑚を採取しておりません。環境破壊の心配はありません。

コーラルカルシウム 1000mgはこちらでご購入できます。

コーラルカルシウム+マグネシウム&D

NOW

コーラルカルシウム+マグネシウム&D

100ベジカプセル
骨と骨格筋の健康にベストバランスのカルシムとマグネシウム!

【サプリメント】コーラルカルシウム+マグネシウム&D

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

マグネシウムをベストバランスで配合し、カルシウムの吸収を高めたコーラルカルシムサプリメントです。
カルシウムとマグネシウムをバランスよく摂取することは骨や骨格筋の健康を維持します。
また、コーラル(珊瑚)はトレースミネラルと呼ばれる1日必要量が100mg以下の微量ミネラル類も含んでいます。
※本製品に使用されている珊瑚は天然珊瑚を採取しておりません。環境破壊の心配はありません。

コーラルカルシウム+マグネシウム&Dはこちらでご購入できます。

コーラルカルシウムパウダー

NOW

コーラルカルシウムパウダー

6オンス(170g)
珊瑚の天然ミネラル

【サプリメント】コーラルカルシウムパウダー

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

コーラルカルシウムは、カルシウム製品の中で最も価値のあるカルシウム原料で、化石化したサンゴが原料となっています。
コーラルカルシウムは、コーラル(珊瑚)はトレースミネラルと呼ばれる1日必要量が100mg以下の微量ミネラル類もを含み、カルシムの吸収と働きを協調的にサポートします。
※本製品に使用されている珊瑚は天然珊瑚を採取しておりません。環境破壊の心配はありません。

コーラルカルシウムパウダーはこちらでご購入できます。

コーラルカルシウム・ボーンヘルス

CORALADVAN

コーラルカルシウム・ボーンヘルス

180ベジカプセル

【サプリメント】コーラルカルシウム・ボーンヘルス

関連カテゴリー

 健康な骨作り

関連成分

 カルシウム

サプリメントについて

サプリメントは特定の疾病を治療することを目的とした製品ではありません。あくまでも食品であることにご留意下さい。
医師による治療・投薬を受けている場合、医薬品との相互作用の可能性が生じる可能性があります。サプリメントの使用については担当医師の指導を受けて下さい。
特に医師の判断を経ずに治療・医薬品の使用を中断し、サプリメントを使用するような行為は “絶対に” お止め下さい。
メーカーの示す用法用量を逸脱したご利用はおやめ下さい。
どのような製品でも、使用者の体調や体質(アレルギーなど)によっては身体に合わないことがあります。好ましくない反応が出た場合、安全のため直ちに使用を中止して下さい。
個人輸入では一度に輸入できる数量には制限があります。大量にご購入にならず、規制の範囲内で必要分のみをご購入下さい。
個人輸入で持ち込まれた商品は、自己責任による「個人使用」のみが許可されています。そのため、法人・団体名義でのご注文はお受けできません。
また、個人輸入した商品を他人への譲渡・転売することは、一切認められておりません。
コーラルカルシウム・ボーンヘルスはこちらでご購入できます。

サプマート.com:当サイトについて

  • サプマート.comは個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

サプリメント検索


サプマート.comメニュー

copyright(c) 2007-2008 サプマート.com All Rights Reserved.