サプマート.com > 酵素(消化酵素)

酵素(消化酵素)

スポンサードリンク

スーパーエンザイム(酵素)

TWINLAB

スーパーエンザイム(酵素)

100カプセル
特に胃を酷使する時期には摂ってください。

【サプリメント】スーパーエンザイム(酵素)

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

「スーパーエンザイム」は、消化を助けるための酵素をバランスよく配合したサプリメント。
主成分であるパンクレアチンは、糖質、タンパク質、脂質の全てを分解できる酵素です。ベタイン、ペプシン、パパインが胃での消化分解を促し、パンクレアチンが小腸での消化分解を行います。
胃、小腸での消化分解をバランスよく行うため、飲み過ぎ、食べ過ぎ、胃のもたれ、消化不良に有効です。胃の不調を感じたり、ガスが出やすい人におすすめ。

スーパーエンザイム(酵素)はこちらでご購入できます。

スーパーエンザイム

NOW

スーパーエンザイム

90カプセル
強力に消化をサポートしご飯が美味しい!

【サプリメント】スーパーエンザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

2003年のVity Aardを受賞した消化酵素サプリメントです。様々な食物の消化を助ける多種類の高品質な消化酵素を配合しています。年齢を重ねた方、胃が弱い方、体調不良などにより、食後に胃がもたれたり、ガスが出やすいという方にご利用頂けます。



スーパーエンザイムはこちらでご購入できます。

スーパーエンザイム

NOW

スーパーエンザイム

90タブレット
たっぷり食べてもしっかり消化してくれます!

【サプリメント】スーパーエンザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

2003年のVity Aardを受賞した消化酵素サプリメントです。
様々な食物の消化を助ける多種類の高品質な消化酵素を配合しています。
年齢を重ねた方、胃が弱い方、体調不良などにより、食後に胃がもたれたり、ガスが出やすいという方にご利用頂けます。

サプマート体験隊!「リョウの消化酵素サプリで食生活改善!」でご紹介しております。

スーパーエンザイムはこちらでご購入できます。

プラントエンザイム

NOW

プラントエンザイム

240ベジカプセル
植物由来の酵素で消化をサポート

【サプリメント】プラントエンザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

植物由来の消化酵素ブレンドです。
消化を助ける消化酵素は、幅広いPHでも活性をもち、脂肪、デンプン質、タンパク質、食物繊維の消化を強力にサポートします。
おいしく食べても、あとがつらいなんてことがないように消化酵素でしっかり胃腸をサポートしましょう。

プラントエンザイムはこちらでご購入できます。

スーパーエンザイム

NOW

スーパーエンザイム

180タブレット
たっぷり食べてもしっかり消化してくれます!

【サプリメント】スーパーエンザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

2003年のVity Aardを受賞した消化酵素サプリメントです。
様々な食物の消化を助ける多種類の高品質な消化酵素を配合しています。
年齢を重ねた方、胃が弱い方、体調不良などにより、食後に胃がもたれたり、ガスが出やすいという方にご利用頂けます。

サプマート体験隊!「リョウの消化酵素サプリで食生活改善!」でご紹介しております。

スーパーエンザイムはこちらでご購入できます。

プラントエンザイム

NOW

プラントエンザイム

120ベジカプセル
植物由来酵素で消化をサポート!

【サプリメント】プラントエンザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

植物由来の消化酵素ブレンドです。
消化を助ける消化酵素は、幅広いPHでも活性をもち、脂肪、デンプン質、タンパク質、食物繊維の消化を強力にサポートします。
おいしく食べても、あとがつらいなんてことがないように消化酵素でしっかり胃腸をサポートしましょう。

プラントエンザイムはこちらでご購入できます。

スーパーエンザイム(酵素)

TWINLAB

スーパーエンザイム(酵素)

50カプセル
特に胃を酷使する時期には摂ってください。

【サプリメント】スーパーエンザイム(酵素)

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

「スーパーエンザイム」は、消化を助けるための酵素をバランスよく配合したサプリメント。
主成分であるパンクレアチンは、糖質、タンパク質、脂質の全てを分解できる酵素です。ベタイン、ペプシン、パパインが胃での消化分解を促し、パンクレアチンが小腸での消化分解を行います。
胃、小腸での消化分解をバランスよく行うため、飲み過ぎ、食べ過ぎ、胃のもたれ、消化不良に有効です。胃の不調を感じたり、ガスが出やすい人におすすめ。

サプマート体験隊!「リョウの消化酵素サプリで食生活改善!」でご紹介しております。

スーパーエンザイム(酵素)はこちらでご購入できます。

スーパーエンザイム(酵素)

TWINLAB

スーパーエンザイム(酵素)

200カプセル
特に胃を酷使する時期に摂ってください。

【サプリメント】スーパーエンザイム(酵素)

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

スーパーエンザイム」は、消化を助けるための酵素をバランスよく配合したサプリメント。
主成分であるパンクレアチンは、糖質、タンパク質、脂質の全てを分解できる酵素です。ベタイン、ペプシン、パパインが胃での消化分解を促し、パンクレアチンが小腸での消化分解を行います。
胃、小腸での消化分解をバランスよく行うため、飲み過ぎ、食べ過ぎ、胃のもたれ、消化不良に有効です。胃の不調を感じたり、ガスが出やすい人におすすめ。

スーパーエンザイム(酵素)はこちらでご購入できます。

FOOD ENZYME 60 CAPS

BESURE

FOOD ENZYME 60 CAPS

60カプセル

【サプリメント】FOOD ENZYME 60 CAPS


関連成分

 酵素(消化酵素)

サプリメントについて

サプリメントは特定の疾病を治療することを目的とした製品ではありません。あくまでも食品であることにご留意下さい。
医師による治療・投薬を受けている場合、医薬品との相互作用の可能性が生じる可能性があります。サプリメントの使用については担当医師の指導を受けて下さい。
特に医師の判断を経ずに治療・医薬品の使用を中断し、サプリメントを使用するような行為は “絶対に” お止め下さい。
メーカーの示す用法用量を逸脱したご利用はおやめ下さい。
どのような製品でも、使用者の体調や体質(アレルギーなど)によっては身体に合わないことがあります。好ましくない反応が出た場合、安全のため直ちに使用を中止して下さい。
個人輸入では一度に輸入できる数量には制限があります。大量にご購入にならず、規制の範囲内で必要分のみをご購入下さい。
個人輸入で持ち込まれた商品は、自己責任による「個人使用」のみが許可されています。そのため、法人・団体名義でのご注文はお受けできません。
また、個人輸入した商品を他人への譲渡・転売することは、一切認められておりません。
FOOD ENZYME 60 CAPSはこちらでご購入できます。

DHEA 25mg

NATROL

DHEA 25mg

90カプセル
話題沸騰中の「若返り」サプリメント!

【サプリメント】DHEA 25mg

関連カテゴリー

 男性パワーのお悩み
 いつまでも若々しく

関連成分

 DHEA

近年その若返り作用が注目されてきているDHEA。DHEAは体内で作られるホルモンですが、加齢によって年々減少していきます。老化と密接な関わりがあるとされ、免疫機能向上、新陳代謝の活発化に効果があると人気の成分です。
処方箋薬であったものを、FDA(米国食品医薬品局)が安全性を確認し、サプリメントとして普及した素材! 実力派若返りのパワーを実感してみてはいかが。

DHEA 25mgはこちらでご購入できます。

パンクレアチン8X 500mg

SOURCE NATURALS

パンクレアチン8X 500mg

100カプセル
すい臓を酷使してませんか?

【サプリメント】パンクレアチン8X 500mg

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

すい臓は胃の下部の背面にあり、インスリンなどのホルモンを分泌する内分泌部と消化酵素を分泌する外分泌部に大分されます。

人間が口にする天然の食物には生来の酵素(食物酵素)が含まれており、それらは食べられると自ら分解を促す働きがありますが、熱処理などを施したいわゆる加工食品には、それら酵素が破壊されて残っていないため、加工食品を摂れば摂るほど、身体はより多くの酵素を分泌する必要に駆られ、すい臓は酷使されることとなります。

また、消化酵素の分泌が多くなればそれだけ他の仕事は疎かになってしまうため、その影響は消化器官のみならず身体の他の諸器官にまで及ぶと考えられます。

そんなすい臓によって分泌されているパンクレアチンは身体の内部でさまざまな働きを担っており、消化プロセスとの関わりはそのうちの一つに過ぎません。

パンクレアチンをもし食間に摂取すれば血中に流れ込んで免疫機能や循環機能を支える酵素として作用することもできると考えられています。

パンクレアチンに含まれる消化酵素は、タンパク質を分解するプロテアーゼ、炭水化物を分解するアミラーゼ、脂質を分解するリパーゼの3種類。

この3つが一緒になって、身体に本来備わる消化機能を助け、栄養の吸収を改善してくれるのです。

パンクレアチン8Xは、USP(米国薬局方)の資料に基づいて調製されたパンクレアチンのおよそ8倍の酵素活性を有しており、プロテアーゼで100,000USP、アミラーゼで100,000USP、リパーゼで18,000USPに相当する、非常に強力な消化酵素です。

原材料には、人間のものと非常に似ているとされているブタ由来のパンクレアチンを使用しています。

加工食品を食べてしまった後は、パンクレアチンであなたのすい臓の負担を減らし、いたわってあげて下さい。

パンクレアチン8X 500mgはこちらでご購入できます。

ベストダイジェスティブエンザイム

DOCTOR'S BEST

ベストダイジェスティブエンザイム

90ベジカプセル
たんぱく質、脂質、炭水化物質の消化をバランスよくサポート

【サプリメント】ベストダイジェスティブエンザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

「ベストダイジェスティブエンザイム」は、ベジタリアン処方のユニークなフォーミュラの消化酵素サプリメントです。
カプセル1粒中に植物微生物由来の酵素がハイポテンシーに配合されており、食事(ローフード食品・調理済み食品)に含まれている脂質、たんぱく質、炭水化物の消化をサポートするようデザインされています。
酵素のアルファガラクトシダーゼとベータグルカナーゼが野菜や豆、穀類を分解し、またグルコアミラーゼとインベルターゼが糖質の消化をサポートするようにとバランスよく消化酵素を配合しております。
加えて、このフォーミュラには体内有用菌や腸の健康をサポートする成分も配合されており、消化器官全体の健康をサポートします

タンパク質、炭水化物、脂質は、消化酵素により分解されて吸収されます。消化酵素を生産する能力は、年齢を重ねる毎に下降する傾向にあります。
ストレスや健康上の問題を抱えている場合もまた、消化酵素の生産へ大きな影響を与えることとなりますし、過食でも不完全な消化は時々引き起こります。そして、不完全な消化から胸焼け、胃内にガスがたまる、おくび(ゲップ)などの不快感が起こるといわれています。
本商品は、体内の消化酵素レベルを満たし膵臓などの消化機能で重要な働きをする器官のオーバーワークを軽減するよう働きかけます。

◆炭水化物や食物繊維の消化
• アルファガラクトシダーゼ
ラフィノースやスタキオースなどの炭水化物類の分解をサポートし、また、生の野菜や豆類の消化をサポートするのに有用です。
1994年にはアルファガラクトシダーゼが穀類や豆類、その他の野菜など高食物繊維の健康的な食生活を送っていた人に起こりがちな、未消化や胃や腸でのガスがたまるなどの症状を効果的に軽減したとの研究結果が発表されています。
• アミラーゼ
デンプンやグリコーゲンなどの炭水化物を分解するよう働きかける酵素です。
• ベータグルカナーゼ
大麦、オート麦、小麦などの穀類に関係するグルコースの消化に重要な酵素です。
• セルラーゼ
果物や野菜に含まれている酵素で、食物繊維のセルロースを分解する働きがあります。• グルコアミラーゼ
ヘミセルラーゼの働きを補足する酵素で、植物に含まれるポリサッカライドを分解する働きがあります。
• ヘミセルラーゼ
炭水化物の分解する働きがあり、また植物に含まれるポリサッカライドを効率よく分解するよう働きかける酵素です。
• インベルターゼ
炭水化物を分解する働きがあり、特に砂糖に含まれるスクロースを効率よく分解するよう働きかける酵素です。
• ラクターゼ
牛乳や乳製品に含まれるラクトースを分解する働きがあります。
• フィターゼ
植物由来の炭水化物の分解と、葉野菜に含まれるフィチン酸を分解するよう働きかける酵素です。フィチン酸を分解することで、植物に含まれるミネラル類を得ることができます。
• キシラーゼ
ヘミセルラーゼの類似型で、食品由来の水溶性食物繊維を分解する働きがあります。

◆タンパク質の分解
• ブロメライン
パイナップル由来の酵素で、タンパク質を分解するよう働きかけます。他にもブロメラインは健康をサポートする働きを色々持っています。
• パパイン
パパイヤ由来の酵素で、タンパク質の分解を促し、吸収されやすいよう働きかけます。
• プロテアーゼ
タンパク質やタンパク質を含む食品を分解しアミノ酸として吸収されるよう働きかけます。

◆脂質の分解
• リパーゼ
脂質を分解する働きがあります。微生物由来のリパーゼがより効果的に脂質を分解するよう働きかけます。微生物由来のリパーゼは胃の酸性環境に強く、脂質の分解を胃で始め、小腸でも働き続けます。

◆有用微生物
• バチルスサブチリス(Bacillus subtillis)
この細菌はもともとは人間の消化器官には存在していませんが、腸内で正常な菌叢を作り、腸内環境を整えるために有効な細菌です。
腸内菌バランスを整えることは、免疫力のサポート、消化機能の向上、より健康な消化器官作りへとつながります。

ベストダイジェスティブエンザイムはこちらでご購入できます。

アシッドディフェンス

GARDEN OF LIFE

アシッドディフェンス

360グラム
胃酸過多、消化不良の胸焼けに

【サプリメント】アシッドディフェンス

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

胃酸過多による胸焼け解消を目的としたサプリメント。ヤギミルクやオーガニックの大麦若葉、テンサイ、キャロット、から得られるカルシウムやカリウムなどのミネラルによりアルカリ化する事で、適度なpHを保ってくれます。また、炭水化物、脂質など、広範囲な食物を効率的に消化するために数種の消化酵素も配合されています。消化酵素系のサプリメントで今ひとつの満足感を感じられた方にお勧めの商品です。

アシッドディフェンスはこちらでご購入できます。

オメガザイム・ウルトラ

GARDEN OF LIFE

オメガザイム・ウルトラ

90カプセル
人気のオメガザイムをパワーアップ!21種類の酵素とトレースミネラルでマルチに消化!

【サプリメント】オメガザイム・ウルトラ

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

タンパク質、炭水化物、脂質、糖質、食物繊維など、摂取された多様な食物を、胃や腸、もしくは個人差から生じる幅広いph値の状況のもとにおいても酵素活性を失わず、効果的に分解する21種類の消化酵素と、ブロッコリー、ナッツ類、種類、マメ科の食物などの消化しにくい食品の消化も助ける消化酵素をブレンド。さらに!酵素活性化のための共有因子であるトレースミネラルもブレンドされた消化・吸収を徹底的に考えられた商品です。
Garden of Life社のオメガザイムの強力タイプ。

[マルチな活躍をご紹介!]
澱粉などの炭水化物は多糖類とも呼ばれ、アミラーゼグルコアミラーゼにより、単糖類やニ糖類へ細かく消化されます。単糖類まで消化されなかったニ糖類の乳糖(ラクトース)はラクターゼにより、ショ糖(スクロース)はインベルターゼ(スクラーゼ)により、麦芽糖(マルトース)はジアスターゼ(マルターゼ)により単糖類まで消化されます。
穀物に含まれるモルト(麦芽)は先述のジアスターゼ(マルターゼ)により消化されます。
また、木糖(キシロース)はキシラナーゼにより、フルーツの果肉に含まれるペクチンはぺクチナーゼにより、より小さく分解されていきます。
植物細胞にはセルロースの他にヘミセルロースのような繊維質が存在します。これらが、セルラーゼヘミセルラーゼにより分解すされることで、植物に含まれる栄養素をより多く吸収することが可能となります。
βーグルカンのような高分子多糖はベータグルカナーゼにより、より小さな分子に分解されます。また、アルファグルコシダーゼは、消化されにくいマメ科の植物、アブラナ科のブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、カブのような食品の消化を助けます。
フィターゼは、マメ科や穀物に含まれるフェチン酸の消化を助けます。フェチン酸の存在は、たんぱく質の消化を邪魔し、体にとって重要な亜鉛、マグネシウム、鉄などのミネラルの活用の妨げになるといわれています。
脂質はリパーゼにより消化され、タンパク質はプロテアーゼブレンド、ブロメライン(パイナップル由来)パパイン(パパイヤ由来)により消化されやすくなります。

※独自に開発されたBioProtect™パッケージにより、ポテンシーと鮮度を最高の状態に保ちます。また、UltraZorbe™100%ベジタリアンカプセルは、充填剤、結合剤を必要とせず、一般のベジカプセルよりも素早く溶解し、内容成分が早く溶け出すように工夫された特許取得ベジカプセルです。


オメガザイム・ウルトラはこちらでご購入できます。

オールザイム

FOOD SCIENCE OF VERMONT

オールザイム

90タブレット
消化機能をサポートし、栄養の吸収を効率的に!

【サプリメント】オールザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

「オールザイム」は、栄養素がより吸収されやすいよう消化機能をサポートするよう働きかけます。
10種類の消化酵素に加え、タンパク質分解酵素も配合されております。また腸溶性コーティングされており、酵素が最大限に効率よく働きかけるようデザインされております。

オールザイムはこちらでご購入できます。

オメガザイム

GARDEN OF LIFE

オメガザイム

90カプレット
20種類の酵素でマルチに消化!

【サプリメント】オメガザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

たんぱく質、炭水化物、脂質、糖質、食物繊維など、摂取された多様な食物を、胃や腸、もしくは個人差から生じる幅広いph値の状況のもとにおいても酵素活性を失わず、効果的に分解する20種類の消化酵素をブレンド。さらに、ブロッコリー、ナッツ類、種類、マメ科の食物などの消化しにくい食品の消化も助けてくれるようにブレンドされた、消化・吸収を徹底的に考えられた商品です。

[マルチな活躍をご紹介!]
澱粉などの炭水化物は多糖類とも呼ばれ、アミラーゼグルコアミラーゼにより、単糖類やニ糖類へ細かく消化されます。単糖類まで消化されなかったニ糖類の乳糖(ラクトース)はラクターゼにより、ショ糖(スクロース)はインベルターゼ(スクラーゼ)により、麦芽糖(マルトース)はジアスターゼ(マルターゼ)により単糖類まで消化されます。穀物に含まれるモルト(麦芽)は先述のジアスターゼ(マルターゼ)により消化されます。
また、木糖(キシロース)はキシラナーゼにより、消化され、フルーツの果肉に含まれるペクチンはぺクチナーゼによりより小さく分解していきます。
食物の細胞膜にはセルロースの他にヘミセルロースのような繊維質が存在します。これらを、セルラーゼヘミセルラーゼにより分解することにより、食物に含まれる栄養素をより多く吸収する事が期待できます。
βーグルカンのような高分子多糖はベータグルカナーゼにより、より小さなユニットに分解され、さらに!アルファグルコシダーゼにより、消化されにくいマメ科の食品や、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、カブのようなアブラナ科の食品の消化を助けます。フィターゼにより、マメ科や穀物に含まれるフェチン酸の消化を助けます。フェチン酸の存在は、たんぱく質の消化を邪魔し、体にとって重要な亜鉛、マグネシウム、鉄などのミネラルの活用の妨げになるといわれています。

脂質はリパーゼにより消化を助け、たんぱく質はプロテアーゼブレンド、ブロメライン(パイナップル由来)パパイン(パパイヤ由来)により消化を助けます。

オメガザイムはこちらでご購入できます。

オプティマムダイジェスティブシステム

NOW

オプティマムダイジェスティブシステム

90ベジカプセル
幅広いPH値の中で、しっかり働く菌体由来の消化酵素!

【サプリメント】オプティマムダイジェスティブシステム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

消化酵素は、私達の体が食物からの栄養素を吸収し、利用するために欠かせない大切な酵素です。
しかし、加齢と共に、私達の体はその大切な酵素の合成能力が衰えることで消化酵素の量も減り、食物の消化吸収能力も低下していってしまいます。
NOW社のオプティマムダイジェスティブシステムは、「遺伝子組み換えを行っていない微生物が作り出す酵素」を組み合わせ、豆類やアブラナ科の植物を含めほとんど全ての食物の分解消化が可能な消化酵素サプリメントです。
オプティマムダイジェスティブシステムは、オランダの検査施設(TNO Nutrition and Foods Research)でも、その分解消化が幅広いPH値の中でも有効であることが確認されています。(胃酸で失活しません)

オプティマムダイジェスティブシステムはこちらでご購入できます。

デイリーダイジェストコンプリート(乳含有成分分解酵素)

NOW

デイリーダイジェストコンプリート(乳含有成分分解酵素)

90ベジカプセル
乳糖、乳タンパク、乳脂肪を分解!乳製品をしっかり消化分解して、おなか安心!!

【サプリメント】デイリーダイジェストコンプリート(乳含有成分分解酵素)

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

デイリーダイジェストコンプリートは、乳製品の消化を助ける消化酵素をバランスよく配合しています。
乳製品不耐症は、乳糖を分解できないことが原因であるとよく言われていますが、乳製品に対する不耐症は、乳製品に含まれているタンパク質と脂質をスムーズに分解できないことも関係しています。
NOW社デイリーダイジェストコンプリートには、ラクトース分解のためのラクターゼだけではなく、特に乳タンパクと乳脂肪を分解をターゲットとしたプロテアーゼとリパーゼを配合しています。
デイリーダイジェストコンプリートは、乳製品を消化できないことでおこる体調不良を防ぎ、健康に役立つ乳製品をおいしく味わための消化酵素サプリメントです。

デイリーダイジェストコンプリート(乳含有成分分解酵素)はこちらでご購入できます。

エンザイムコンプリート・DPP-IV II

KIRKMAN

エンザイムコンプリート・DPP-IV II

90ベジカプセル
エンザイムコンプリート・DPP-IVに2糖類分解酵素イソジェストをプラス

【サプリメント】エンザイムコンプリート・DPP-IV II

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

エンザイムコンプリート・DPP-IV IIは、エンザイムコンプリート・DPPIVのバージョンアップフォーミュラです。
既存のエンザイムコンプリート・DPPIVに配合されている酵素はそのままに、人の腸管に存在するスクラーゼ-イソマルターゼのイソマルターゼと同様の活性をもつ酵素イソジェスト(Isogest™)を配合した初めての酵素製品です。

スクラーゼの活性を持つ酵素を配合した酵素製品は多く存在しますが、イソマルターゼ活性を持つ酵素は存在しなかったため、市販されていた酵素製品にイソマルターゼの働きをもつ酵素は配合されていませんでした。

2004年1月にマサチューセッツ子供病院のR.Kushak, PH.D.とT.Buie, MDが行った腸粘膜生検によりこのイソマルターゼの重要性が証明されました。被検者の60%は乳糖に対する活性が弱く、25-45%はイソマルターゼ/パラチナーゼ活性が弱いことが確認され、イソマルターゼ/パラチナーゼ活性をもつ酵素を含む特別な食事の摂取が必要であることが明らかになりました。

KIRKMAN社はこの酵素の重要性に着目し、イソマルターゼとパラチナーゼ活性をもつ酵素であるイソジェスト(Isogest™)をエンザイムコンプリート・DPPIVに配合しています。エンザイムコンプリート・DPPIVや他の酵素サプリメントを今ひとつ満足した結果が得られないという方のご利用がお勧めです。

【イソジェスト含有酵素製品の使用によって期待できる働き】
・膨満感の軽減
・規則正しい腸の活動
・より通常にちかいお通じの状態
・むかつきの軽減と消化状態の改善
・軟便を健康的な状態に
・ガスの減少
・下痢の頻度減少
・臭いの少ない排便

エンザイムコンプリート・DPP-IV IIはこちらでご購入できます。

カーボダイジェスト(イソジェスト入り)

KIRKMAN

カーボダイジェスト(イソジェスト入り)

120ベジカプセル
炭水化物の消化に問題を抱えている方に

【サプリメント】カーボダイジェスト(イソジェスト入り)

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

カーボダイジェストはイソジェストを含む2糖類のみを分解する酵素を配合したイソマルターゼが欠乏した方のための革命的な新製品です。
本製品は、炭水化物の消化が難しいために特別食を取る必要がある方のためにデザインされています。
カーボダイジェストは、イソジェストを配合することで、他の酵素では不可能なイソマルトースとパラチノースを含め様々な炭水化物の分解を可能にしています。
炭水化物の消化に問題を抱える方にご利用いただけます。
カーボダイジェストは、SCDダイエット(Special carbohidrate diet)を行っている方にもご利用頂けます。SCDダイエット中に摂取してしまった炭水化物を分解します。

【イソジェスト含有酵素製品の使用によって期待できる働き】
・膨満感の軽減
・規則正しい腸の活動
・より通常にちかいお通じの状態
・むかつきの軽減と消化状態の改善
・軟便を健康的な状態に
・ガスの減少
・下痢の頻度減少
・臭いの少ない排便

カーボダイジェスト(イソジェスト入り)はこちらでご購入できます。

エッセンシャルエンザイム 500mg

SOURCE NATURALS

エッセンシャルエンザイム 500mg

120カプセル
必須酵素を1粒にぎゅぎゅっと凝縮!

【サプリメント】エッセンシャルエンザイム 500mg

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

タンパク質、脂質、炭水化物、食物繊維、乳糖を分解してくれる酵素群を1粒に凝縮して、食物が本来持つ栄養価をなるべく逃さずに吸収するのを助けてくれる胃腸虚弱の強い味方、それがこのエッセンシャルエンザイムです。

タンパク質分解酵素として植物由来のパンクレアチン類似物質と耐酸性プロテアーゼ、脂肪分解酵素としてリパーゼ、炭水化物分解酵素としてアルファアミラーゼ、アミログルコシダーゼ、食物繊維分解酵素としてセルラーゼ、ヘミセルラーゼ、乳糖分解酵素としてラクターゼを配合し、広範囲になおかつしっかりと食物を分解してくれます。

使用されている酵素はすべて植物由来成分で、なおかついずれも高ポテンシーなので多くの方が安心してそのパワーを実感していただけそうな、酵素のマルチプルサプリメントです。

エッセンシャルエンザイム 500mgはこちらでご購入できます。

ザイムエイド

COUNTRY LIFE

ザイムエイド

100タブレット
消化酵素の助けを借りて胃腸スッキリ!

【サプリメント】ザイムエイド

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

ザイムエイド®は、プロテアーゼやアルファアミラーゼ、リパーゼなど、数種類の消化酵素をバランス良く配合しています。
消化機能の低下に伴う胃腸の不快感を軽減する消化酵素サプリメントです。

ザイムエイドはこちらでご購入できます。

グリーンライフザイム

COUNTRY LIFE

グリーンライフザイム

60カプセル
植物由来の酵素でおなかスッキリ!!

【サプリメント】グリーンライフザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

胃腸の働きを促す様にデザインされた消化酵素サプリメントです。
カントリーライフ社のグリーンライフザイム™は、クロレラや天然植物由来の酵素を配合し、消化機能の健康をサポートします。
消化不良による胃腸の不快感などの改善にも効果を期待できますので、胃もたれや胸焼けなど胃腸がお疲れ気味の方にオススメです。

グリーンライフザイムはこちらでご購入できます。

マキシザイム

COUNTRY LIFE

マキシザイム

60カプセル
酵素パワーで胃腸スッキリ!

【サプリメント】マキシザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

マキシザイムは、胃腸の働きを促す様にデザインされた消化酵素サプリメントです。
酵素が腸内まで届くよう、カプセルにpHマイクロコート(pH Micro-Coat™)を採用しており、効果が最大限に発揮されます。
本商品は植物成分のみを使用しているので、ベジタリアンの方や動物性食品の摂取を気にされている方にもおすすめです。

マキシザイムはこちらでご購入できます。

ザイムプライムチュアブル

HOUSTON NUTRACEUTICALS

ザイムプライムチュアブル

120チュアブル
美味しく食べられるチュアブルタイプ。どこでも手軽に酵素補給!

【サプリメント】ザイムプライムチュアブル

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

おいしいベリー味!チュアブルタイプのザイムプライムが新登場!
手軽に携帯でき、簡単に食べることができます。学校にも持っていけるので、給食時の酵素補充も簡単に行えます。

ザイムプライムは、高濃度の9種類の酵素を混ぜ合わせた混合酵素です。
タンパク分解能については、タンパク分解に特化したペプチザイドに及びませんが、ザイムプライムはバランス良く配合された混合酵素が、「タンパク質」のみならず「炭水化物」、「トリグリセリド脂質」、「デンプン」を効果的に分解し、消化不良による腹部膨満感、ガスの発生を抑制、さらに乳糖不耐症のような食品に対する反応も和らげます。

ザイムプライムはセレサラーゼ〔(CereCalase™)、セルラーゼとフィターゼ、グルカナーゼの酵素ブレンド〕を配合し、植物繊維を加水分解し、フィチン酸を減らします。
※フィチン酸はミネラルやプロテインと結合し、消化管からのそれらの栄養素の吸収を抑えてしまいます。

ガラクトシダーゼは豆類のサヤに含まれる消化が困難な炭水化物の分解に有効で、小腸での発酵によるガスの酸性をおさえる役割をもちます。
アミラーゼ、グルコアミラーゼは、デンプン質を単糖にまで分解します。
リパーゼは、トリグリセリドを短鎖脂肪酸にまで加水分解します。
※これらの酵素は、植物原料由来です。

ザイムプライムは、ペプチザイドと組み合わせることで、もっとも優れた食物分解酵素としての働きをもちます。この二つの酵素サプリメントのコンビネーションにより、基本的に全ての食物グループ:「プロテイン」、「脂質」、「炭水化物」の消化が可能になります。

ザイムプライムは、薬、他のサプリメント(酵素サプリメントを含む)に対しての影響がなく、相互作用を気にせず摂ることが可能です。

【報告された効果】
・腸管内でのガス、腹部膨満感、乳糖不耐症、脂質不耐症による腹痛の緩和。
・消化能力改善、また、それによる便の形状の改善。
・フェノール含有食品不耐症において改善の可能性。
・消化能力が上がることで、目覚めがよいなどの子供の情緒に改善がみられた。
・標準よりも小さい子供の体重増加(食物の栄養素の吸収効率が上がることによるもの)

【副作用報告】
重篤かつ明確な副作用は報告されていません。

【ザイムプライム補充における禁忌事項】
・1週間以内に手術の予定がある場合
・出血傾向にある場合
・アスペルギルス酵素プロテインにアレルギーがある場合は服用を避けること。しかし、特定の菌体に対するアレルギーがない場合は、菌体由来酵素の服用を中止する必要はない。
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は、医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められてません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
大半の親は、1回の食事に1〜4タブレットを与えているとの報告をしています。

摂取量は、体重や年齢での換算ではなく、食事における食べ物の量に基づいて考え、食事の量にあわせて自由にザイムプライムの量を調節してみてください。
炭水化物、脂質の多い食事の場合は、摂取するザイムプライムの量を増やしてください。 

ザイムプライムチュアブルはこちらでご購入できます。

ジャロザイムズプラス

JARROW FORMULAS

ジャロザイムズプラス

100カプセル
酵素で消化不良を解消!

【サプリメント】ジャロザイムズプラス

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

ジャロザイムズプラスは、体内で自然に作られる膵酵素に類似した、ブタ由来の膵酵素を含有し、膵臓の外分泌機能を高め、消化や吸収機能に働きかけてくれます。
またα-ガラクトシダーゼとよばれる酵素も配合し、胃や腸への働きを助けてくれます。

ジャロザイムズプラスはこちらでご購入できます。

ダイジェスチョンフォーミュラ

NATURE'S WAY

ダイジェスチョンフォーミュラ

100カプセル
ハーブの力で消化不良を改善!

【サプリメント】ダイジェスチョンフォーミュラ

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 ダンデライオン(西洋タンポポ)
 酵素(消化酵素)

炭水化物、たんぱく質、脂質の消化を促す酵素と消化不良を和らげてくれる数種類のハーブがブレンドされた商品です。
本品中で含有量の高いダンデライオン(西洋タンポポ)の根には苦味成分の”タラキサシン”が含まれ、葉と同様に消化管を刺激し、消化運動を促すといわれています。
消化不良でお悩みの方におすすめの商品です。

ダイジェスチョンフォーミュラはこちらでご購入できます。

メガザイム・ビーン&ベジ

ENZYMATIC THERAPY

メガザイム・ビーン&ベジ

60カプセル
食物繊維などによるお腹のハリに

【サプリメント】メガザイム・ビーン&ベジ

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

Prevailブランドのビーン&ベジ・エンザイムフォーミュラはガスや鼓脹を予防するようデザインされております。
食物繊維やタンパク質、炭水化物、脂肪、またガスを生産する野菜類の消化を向上させる8種類の酵素を配合しております。

※ビーン&ベジ・エンザイムフォーミュラから名称、ラベルデザインが変更されました。

メガザイム・ビーン&ベジはこちらでご購入できます。

AFPチュアブル

HOUSTON NUTRACEUTICALS

AFPチュアブル

120チュアブル
食べ易いチュアブルタイプの酵素です。

【サプリメント】AFPチュアブル

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

『AFPペプチザイド』の食べ易いチュアブルタイプです。
カプセル、パウダータイプが摂りづらいお子様でも、容易に食べることができます。
シトラスフレーパーの少し甘いタブレットで、食事の直前、食事中に摂ることで、グルテン、カゼインなどのタンパクを加水分解します。

3タブレットが、『AFPペプチザイド』1カプセルに相当します。

AFPチュアブルはこちらでご購入できます。

AFPペプチザイドカプセル

HOUSTON NUTRACEUTICALS

AFPペプチザイドカプセル

90ベジカプセル
グルテン、カゼイン対応酵素

【サプリメント】AFPペプチザイドカプセル

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

・食品含有タンパク消化のための酵素サプリメントです。
・高ジペプチジルぺプチダーゼIV(DPPIV)含有。パパインは配合していません。
・カゼイン、グルテン、大豆プロテイン分解を増進します。
・オリジナルぺプチザイドの、無臭、無味バージョンです。
・GFCF食の代替または、補充として安全で無害なサプリメントです。
※『ペプチザイド』を問題なく使用できる場合は、『AFPペプチザイド』に変更する必要はありません。

『AFPペプチザイ』ドは、オリジナルペプチザイド処方成分に対応できない人のためのものです。
AFPペプチザイドは、パパインやブロメラインなどのフルーツエンザイムを含まず、DPPIVは高容量に配合している酵素製品をリクエストする親達のために開発されました。
『ペプチザイド』と同様に、『AFPペプチザイド』は菌類由来の3種類の「プロテオリック酵素(タンパク分解酵素)」のコンビネーションです。
各々の酵素は、標的となるペプチド結合に対して特異性を持ち、異なるペプチド結合を切断します。そのため、これらの酵素をバランスよく組み合わせることで、タンパク質をすばやく、完全に小さい分子に分断(加水分解)することが可能になります。

『AFPペプチザイド』の酵素は食物プロテインにのみ作用し、炭水化物、脂質、他の化合物には作用しません。そのため、薬、他のサプリメント(タンパク質原料のサプリメント以外)との相互作用はありません。
『AFPペプチザイド』は、他の酵素製品と併用することも可能です。『HNザイムプライム』や『ノーフェノール』などと併用できます。

アミノぺプチダーゼ酵素(ポリペプチドをアミノ基末端から連続的に加水分解する酵素)であるジペプチジルペプジダーゼIV(DPPIV)は「エクソルフィンペプチド」である「カソモルフィン」を加水分解しますが、タンパク質分解を最大限有効に行うためには、「DPPIV」のみでは効果ありません。そのため、加水分解切断部位をあまり特定せず、DPPIVと異なったペプチド結合を切断する他種類のぺプチダーゼと組み合わせる必要があります。そのため、『AFPペプチザイド』はDPPIVに加え、酸性化でも活性を持つ菌体由来の異なる2種類のプロテアーゼを配合しています。

『AFPペプチザイド』に配合されている酵素は、胃における強酸下においても活性を失わず、カゼイン、グルテンが小腸に入る前に正常に加水分解するので、「カソモルフィン」は生成されず、小腸での「カソモルフィン」の生成吸収が抑制されます。
※カゼイン、グルテンは、十二指腸内ですい臓分泌酵素下で、エクソルフィンペプチドに分解され、容易に小腸から吸収される可能性があります。

『AFPペプチザイド』は、タンパク分解酵素のみ配合し、他の酵素は含まないため、各個人の食事に基づいた酵素を補うことができます。
また、不必要な酵素タンパクが配合されていないので、不耐性が生じる可能性が低いことが特徴です。3種類のタンパク分解酵素のみを十分に使用することで、短時間に胃内で食品中のタンパク質の分解を確実にしています。

『AFPペプチザイド』は、タンパク不耐性による食品制限、グルテンフリー/カゼインフリー食などの食品制限を常に行っている家族が安全に、食品制限を緩めることが可能となり、また、食品制限に基づいた食事から開放されることで、食品の選択肢の拡大により、よりよい栄養源(家庭での食事に重要なタンパク質を組み込むことで)を摂取できることが大きな目的です。

【報告されている効果】・他の種類の食品に対しての嗜好性を現し、食欲も増加する。
・気質の改善と、気分の改善が見られる。
・『AFPペプチザイド』により、小麦製品を摂取しても、異常行動を起こすことがなくなるまたは、少なくなる可能性がある。

※『AFPペプチザイド』の効果は、各個人、他のサプリメント、食品構成により影響され、個人差があります。

『AFPペプチザイド』は高タンパク食、アスリートのトレーニングにお勧めできます。また、肉からのプロテインを多く含む食事を摂る場合は、摂取量を増やすことができます。

【報告された副作用】
・ある種のペプチドに対しての過敏である子供の場合、『AFPペプチザイド』をの使用初期に、いわゆる「ペプチド離脱症状」がおこる可能性があります。活動過多、興奮性、攻撃性の増加、かんしゃくなどをおこしやすくなり、数日〜1ヶ月程度続く可能性があります。
たいていの場合このような症状は、1回の食事につき1カプセルを摂取することで数日間で解決されます。たいていの報告では、約三週間で、ネガティブ行動はおさまるいう報告があります。
このような症状は、少量の服用量から始めることで、最小限に抑えられるため、最初の2週間は、1食につき1カプセルの摂取を行ってください。もし、この量においても行動が気になる場合は、酵素サプリメントの摂取を2週間中止し、(または、子供が以前の行動状態になるまで)『AFPペプチザイド』の量を減らして与え、最初のペースよりもゆっくりと摂取量を増やしてください。
『HNザイムプライム』を『AFPペプチザイド』と共に与えることで、「ペプチド離脱症状」からの副作用を緩和できるようです。

【GFCF食(グルテンフリー、カゼインフリー食)の代替または補充としての『AFPペプチザイド』の利用について】
『AFPペプチザイド』を使用し、GFCF食をやめることに成功している親達の多くが勧める用法は、GFCF食を行いながら、少なくとも2ヶ月は継続して『AFPペプチザイド』を使用するという方法です。
問題となる食品を与えることにチャレンジする場合、最初のうちは、1〜2カプセルの『AFPペプチザイド』と共にほんの少量の食品を与えてください。その意図は、カゼイン/グルテンの作用を抑えるために十分以上の酵素を与えるためです。
もし、チャレンジが成功した場合、与える食品の量を増やしていっても構いません。しかし、必ず与えた食事に含まれるカゼイン、グルテンによる作用を抑えるのに十分以上の『AFPペプチザイド』を与えることが重要です。

一時的に使用する場合(屯用で用いる場合)、1度に4カプセルまでの『AFPペプチザイド』をカゼイン、グルテンに対応するために与えることができます。しかし、それ以上の量を与えても効果はありません。

【酵素サプリメント補充における禁忌事項】
次にあげる状態での酵素補充療法は行うべきではありません。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍がある場合。
・重篤な腸疾患(血液が便に混じっていることにより判断する)
・血友病、出血傾向にある患者
・1週間以内に手術の予定がある場合
・アスペルギルス酵素タンパクにアレルギーがある場合。 (特定のカビに対してのアレルギーが確定していない場合は、菌体由来の酵素使用を禁止する必要はない)
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。
・セリアック病(遺伝的小腸自己免疫疾患、グルテン摂取により惹起)患者がグルテンフリー食をやめることができるというものではありません。

【上限摂取量】
酵素摂取において、上限摂取量は定められていません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
大抵の場合、1回の食事時に1〜2カプセルの摂取が適量で、過量に摂ることでの更なる効果はあまりありません。しかし、時として量の多い食事をチャレンジとして与える場合は、1度に4カプセルまで与えても構いません。
1日に9カプセルを越えての摂取は勧められません。

『ペプチザイド』または、『AFPペプチザイド』のどちらを選択するかは、
1)パパインに対しアレルギーなどがある場合、
2)ペプチザイドの臭いがキライな子供(パパインの臭い)
の場合は、『AFPペプチザイド』を選択するとよいでしょう。

AFPペプチザイドカプセルはこちらでご購入できます。

AFPペプチザイドパウダー

HOUSTON NUTRACEUTICALS

AFPペプチザイドパウダー

150グラム
グルテン、カゼイン対応酵素

【サプリメント】AFPペプチザイドパウダー

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

・食品含有タンパク消化のための酵素サプリメントです。
・高ジペプチジルぺプチダーゼIV(DPPIV)含有。パパインは配合していません。
・カゼイン、グルテン、大豆プロテイン分解を増進します。
・オリジナルぺプチザイドの、無臭、無味バージョンです。
・GFCF食の代替または、補充として安全で無害なサプリメントです。
※『ペプチザイド』を問題なく使用できる場合は、『AFPペプチザイド』に変更する必要はありません。

『AFPペプチザイ』ドは、オリジナルペプチザイド処方成分に対応できない人のためのものです。
AFPペプチザイドは、パパインやブロメラインなどのフルーツエンザイムを含まず、DPPIVは高容量に配合している酵素製品をリクエストする親達のために開発されました。
『ペプチザイド』と同様に、『AFPペプチザイド』は菌類由来の3種類の「プロテオリック酵素(タンパク分解酵素)」のコンビネーションです。
各々の酵素は、標的となるペプチド結合に対して特異性を持ち、異なるペプチド結合を切断します。そのため、これらの酵素をバランスよく組み合わせることで、タンパク質をすばやく、完全に小さい分子に分断(加水分解)することが可能になります。

『AFPペプチザイド』の酵素は食物プロテインにのみ作用し、炭水化物、脂質、他の化合物には作用しません。そのため、薬、他のサプリメント(タンパク質原料のサプリメント以外)との相互作用はありません。
『AFPペプチザイド』は、他の酵素製品と併用することも可能です。『HNザイムプライム』や『ノーフェノール』などと併用できます。

アミノぺプチダーゼ酵素(ポリペプチドをアミノ基末端から連続的に加水分解する酵素)であるジペプチジルペプジダーゼIV(DPPIV)は「エクソルフィンペプチド」である「カソモルフィン」を加水分解しますが、タンパク質分解を最大限有効に行うためには、「DPPIV」のみでは効果ありません。そのため、加水分解切断部位をあまり特定せず、DPPIVと異なったペプチド結合を切断する他種類のぺプチダーゼと組み合わせる必要があります。そのため、『AFPペプチザイド』はDPPIVに加え、酸性化でも活性を持つ菌体由来の異なる2種類のプロテアーゼを配合しています。

『AFPペプチザイド』に配合されている酵素は、胃における強酸下においても活性を失わず、カゼイン、グルテンが小腸に入る前に正常に加水分解するので、「カソモルフィン」は生成されず、小腸での「カソモルフィン」の生成吸収が抑制されます。
※カゼイン、グルテンは、十二指腸内ですい臓分泌酵素下で、エクソルフィンペプチドに分解され、容易に小腸から吸収される可能性があります。

『AFPペプチザイド』は、タンパク分解酵素のみ配合し、他の酵素は含まないため、各個人の食事に基づいた酵素を補うことができます。
また、不必要な酵素タンパクが配合されていないので、不耐性が生じる可能性が低いことが特徴です。3種類のタンパク分解酵素のみを十分に使用することで、短時間に胃内で食品中のタンパク質の分解を確実にしています。

『AFPペプチザイド』は、タンパク不耐性による食品制限、グルテンフリー/カゼインフリー食などの食品制限を常に行っている家族が安全に、食品制限を緩めることが可能となり、また、食品制限に基づいた食事から開放されることで、食品の選択肢の拡大により、よりよい栄養源(家庭での食事に重要なタンパク質を組み込むことで)を摂取できることが大きな目的です。

【報告されている効果】
・他の種類の食品に対しての嗜好性を現し、食欲も増加する。
・気質の改善と、気分の改善が見られる。
・『AFPペプチザイド』により、小麦製品を摂取しても、異常行動を起こすことがなくなるまたは、少なくなる可能性がある。

※『AFPペプチザイド』の効果は、各個人、他のサプリメント、食品構成により影響され、個人差があります。

『AFPペプチザイド』は高タンパク食、アスリートのトレーニングにお勧めできます。また、肉からのプロテインを多く含む食事を摂る場合は、摂取量を増やすことができます。

【報告された副作用】
・ある種のペプチドに対しての過敏である子供の場合、『AFPペプチザイド』をの使用初期に、いわゆる「ペプチド離脱症状」がおこる可能性があります。活動過多、興奮性、攻撃性の増加、かんしゃくなどをおこしやすくなり、数日〜1ヶ月程度続く可能性があります。
たいていの場合このような症状は、1回の食事につきティースプーン1/4杯を摂取することで数日間で解決されます。たいていの報告では、約三週間で、ネガティブ行動はおさまるいう報告があります。
このような症状は、少量の服用量から始めることで、最小限に抑えられるため、最初の2週間は、1食につきティースプーン1/4杯の摂取を行ってください。もし、この量においても行動が気になる場合は、酵素サプリメントの摂取を2週間中止し、(または、子供が以前の行動状態になるまで)『AFPペプチザイド』の量を減らして与え、最初のペースよりもゆっくりと摂取量を増やしてください。
『HNザイムプライム』を『AFPペプチザイド』と共に与えることで、「ペプチド離脱症状」からの副作用を緩和できるようです。

【GFCF食(グルテンフリー、カゼインフリー食)の代替または補充としての『AFPペプチザイド』の利用について】

『AFPペプチザイド』を使用し、GFCF食をやめることに成功している親達の多くが勧める用法は、GFCF食を行いながら、少なくとも2ヶ月は継続して『AFPペプチザイド』を使用するという方法です。
問題となる食品を与えることにチャレンジする場合、最初のうちは、1/4〜1/2ティースプーンの『AFPペプチザイド』と共にほんの少量の食品を与えてください。その意図は、カゼイン/グルテンの作用を抑えるために十分以上の酵素を与えるためです。
もし、チャレンジが成功した場合、与える食品の量を増やしていっても構いません。しかし、必ず与えた食事に含まれるカゼイン、グルテンによる作用を抑えるのに十分以上の『AFPペプチザイド』を与えることが重要です。

一時的に使用する場合(屯用で用いる場合)、1度にティースプーン1杯までの『AFPペプチザイド』をカゼイン、グルテンに対応するために与えることができます。しかし、それ以上の量を与えても効果はありません。

【酵素サプリメント補充における禁忌事項】
次にあげる状態での酵素補充療法は行うべきではありません。・胃潰瘍、十二指腸潰瘍がある場合。
・重篤な腸疾患(血液が便に混じっていることにより判断する)
・血友病、出血傾向にある患者
・1週間以内に手術の予定がある場合
・アスペルギルス酵素タンパクにアレルギーがある場合。 (特定のカビに対してのアレルギーが確定していない場合は、菌体由来の酵素使用を禁止する必要はない)
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。
・セリアック病(遺伝的小腸自己免疫疾患、グルテン摂取により惹起)患者がグルテンフリー食をやめることができるというものではありません。

【上限摂取量】
酵素摂取において、上限摂取量は定められていません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
大抵の場合、1回の食事時にティースプーン1/4〜1/2杯の摂取が適量で、過量に摂ることでの更なる効果はあまりありません。しかし、時として、量の多い食事をチャレンジとして与える場合は、1度にティースプーン1杯まで与えても構いません。
1日にティースプーン2杯を越えての摂取は勧められません。

『ペプチザイド』または、『AFPペプチザイド』のどちらを選択するかは、
1)パパインに対しアレルギーなどがある場合、
2)ペプチザイドの臭いがキライな子供(パパインの臭い)
の場合は、『AFPペプチザイド』を選択するとよいでしょう。

AFPペプチザイドパウダーはこちらでご購入できます。

ノー・フェノールカプセル

HOUSTON NUTRACEUTICALS

ノー・フェノールカプセル

90ベジカプセル
フェノール(ポリフェノール)含有食物摂取が苦手な方に

【サプリメント】ノー・フェノールカプセル

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

フェノール化合物含有食品の消化を助ける特殊フォーミュラサプリメントです。「キシラナーゼ」、「セルラーゼ」を含有します。また、配合されている「フィターゼ」により、食品中のミネラル、栄養素の吸収効率が高まります。
ノーフェノールはDr.Devin Houstonにより「フェノール化合物に関係すると考えられる問題を気にせず、野菜や果物を食べることができるれば」という希望から開発された製品です。
フェノール化合物に関係する問題に苦慮する多くの人が「ノーフェノールを摂ることでこれまでの面倒な方法から開放され、日常の食事に野菜や果物を加えることができた。」という報告をしています。

フェノール化合物は自然界にはどこにでも存在し、全ての植物は多かれ少なかれ、フェノール複合体を含みます。また、フェノール複合体は、それらの植物の生命活動を営むにおいても実際には必須な化合物です。
しかし、フェノール化合物を吸収することが困難で、さまざまな不具合を生じる人々もいるということが最近では考えられてきています。
子供達の中には、フェノール化合物を食べることで、行動障害が起きたり、耳、頬が赤くなる、眼の下にクマができるという報告する親もいます。
ある研究調査では、ある種の炭水化物により修飾されているフェノール化合物は、細胞膜を通過できず、代謝されないということが指摘されています。

ノーフェノールが役立つ理由は、この製品に配合されている酵素の加水分解能により、炭水化合物をフェノール構造から切り離し、解毒代謝経路を通り通常の代謝が可能になるという最近の仮説によります。

ノーフェノールがフェノール化合物の構造を直接切断、修飾するという証拠はありませんが、実際に、フェノール含有食品を食事に加えることが可能となったという事例があり、またノーフェノールを摂ることでの食品摂取の成功が、フェノール含有物の代謝にかかわる問題を解決するために役立つ可能性があります。

ノーフェノールの主成分は「キシラナーゼ」で、植物細胞壁を分解する酵素です。
※キシラナーゼは、ジュース工場で果物の果肉繊維から果汁を多く取り出すために利用されています。

キシラナーゼの存在下においてポリフェノール化合物の量が増加することを指摘する記述があり、この記述とノーフェノールを服用することで、フェノールに敏感な人がフェノール含有食品を摂る事ができたという事実に基づき、HOUSTON NUTRICEUTICALS社は、フェノールの問題は、フェノール類の存在というよりは、むしろフェノール化合物の構造によりひきおこされると考えています。

【報告される副作用】
軟便傾向になることがある。これは、酵素により腸内容物の粘度が下がるためであり、動物実験でも同様の結果がある。

【酵素サプリメント補充をおこなうにあたっての禁忌事項】
次のような状態での酵素補充は行うべきではありません。
・アスペルギルス酵素タンパクにアレルギーがある場合。 (特定のカビに対してのアレルギーが確定していない場合は、菌体由来の酵素使用を禁止する必要はない)
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められていません。動物実験においても、1日あたり80,000FXU/kgを13週間にわたって与えても、毒性の発現はありません。
『ノーフェノール』はフェノール化合物不耐症を持つ人に勧められ、推奨摂取量は1/2〜1カプセルでフェノール含有食品と共に摂取します。しかし、毎回の食事と共にとる必要はありません。1日1〜2回の摂取で満足できる効果を感じる人もおり、摂取適用量はさまざまな要素により異なます。

ノー・フェノールカプセルはこちらでご購入できます。

ノー・フェノールパウダー

HOUSTON NUTRACEUTICALS

ノー・フェノールパウダー

150グラム
フェノール(ポリフェノール)含有食物摂取が苦手な方に

【サプリメント】ノー・フェノールパウダー

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

フェノール化合物含有食品の消化を助ける特殊フォーミュラサプリメントです。「キシラナーゼ」、「セルラーゼ」を含有します。また、配合されている「フィターゼ」により、食品中のミネラル、栄養素の吸収効率が高まります。
ノーフェノールはDr.Devin Houstonにより「フェノール化合物に関係すると考えられる問題を気にせず、野菜や果物を食べることができるれば」という希望から開発された製品です。
フェノール化合物に関係する問題に苦慮する多くの人が「ノーフェノールを摂ることでこれまでの面倒な方法から開放され、日常の食事に野菜や果物を加えることができた。」という報告をしています。

フェノール化合物は自然界にはどこにでも存在し、全ての植物は多かれ少なかれ、フェノール複合体を含みます。また、フェノール複合体は、それらの植物の生命活動を営むにおいても実際には必須な化合物です。
しかし、フェノール化合物を吸収することが困難で、さまざまな不具合を生じる人々もいるということが最近では考えられてきています。
子供達の中には、フェノール化合物を食べることで、行動障害が起きたり、耳、頬が赤くなる、眼の下にクマができるという報告する親もいます。
ある研究調査では、ある種の炭水化物により修飾されているフェノール化合物は、細胞膜を通過できず、代謝されないということが指摘されています。

ノーフェノールが役立つ理由は、この製品に配合されている酵素の加水分解能により、炭水化合物をフェノール構造から切り離し、解毒代謝経路を通り通常の代謝が可能になるという最近の仮説によります。

ノーフェノールがフェノール化合物の構造を直接切断、修飾するという証拠はありませんが、実際に、フェノール含有食品を食事に加えることが可能となったという事例があり、またノーフェノールを摂ることでの食品摂取の成功が、フェノール含有物の代謝にかかわる問題を解決するために役立つ可能性があります。

ノーフェノールの主成分は「キシラナーゼ」で、植物細胞壁を分解する酵素です。
※キシラナーゼは、ジュース工場で果物の果肉繊維から果汁を多く取り出すために利用されています。

キシラナーゼの存在下においてポリフェノール化合物の量が増加することを指摘する記述があり、この記述とノーフェノールを服用することで、フェノールに敏感な人がフェノール含有食品を摂る事ができたという事実に基づき、HOUSTON NUTRICEUTICALS社は、フェノールの問題は、フェノール類の存在というよりは、むしろフェノール化合物の構造によりひきおこされると考えています。

【報告される副作用】
軟便傾向になることがある。これは、酵素により腸内容物の粘度が下がるためであり、動物実験でも同様の結果がある。

【酵素サプリメント補充をおこなうにあたっての禁忌事項】
次のような状態での酵素補充は行うべきではありません。
・アスペルギルス酵素タンパクにアレルギーがある場合。 (特定のカビに対してのアレルギーが確定していない場合は、菌体由来の酵素使用を禁止する必要はない)
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められていません。動物実験においても、1日あたり80,000FXU/kgを13週間にわたって与えても、毒性の発現はありません。
『ノーフェノール』はフェノール化合物不耐症を持つ人に勧められ、推奨摂取量はティースプーン1/8〜1/4杯でフェノール含有食品と共に摂取します。しかし、毎回の食事と共にとる必要はありません。1日1〜2回の摂取で満足できる効果を感じる人もおり、摂取適用量はさまざまな要素により異なます。

ノー・フェノールパウダーはこちらでご購入できます。

ザイムプライムカプセル

HOUSTON NUTRACEUTICALS

ザイムプライムカプセル

90ベジカプセル
9種類の消化酵素ブレンドです

【サプリメント】ザイムプライムカプセル

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

ザイムプライムは、高濃度の9種類の酵素を混ぜ合わせた混合酵素です。
タンパク分解能については、タンパク分解に特化したペプチザイドには及びませんが、「炭水化物」、「トリグリセリド脂質」、「デンプン」、「タンパク質」を効果的に分解し、消化不良による腹部膨満感、ガスの発生を抑制します。また乳糖不耐症のような食品に対する反応を和らげます。

ザイムプライムはセレサラーゼ〔(CereCalase)、セルラーゼとフィターゼ、グルカナーゼの酵素ブレンド〕を配合し、植物繊維を加水分解し、フィチン酸を減らします。
※フィチン酸はミネラルやプロテインと結合し、消化管からのそれらの栄養素をの吸収を抑えてしまいます。

ガラクトシダーゼは豆類の鞘に含まれる消化が困難な炭水化物の分解に有効で、小腸での発酵によるガスの酸性をおさえる役割をもちます。
アミラーゼ、グルコアミラーゼは、デンプン質を単糖にまで分解します。
リパーゼは、トリグリセリドを短鎖脂肪酸にまで加水分解します。
※これらの酵素は、植物原料由来です。

ザイムプライムは、ペプチザイドと組み合わせることで、もっとも優れた食物分解酵素としての働きをもちます。この二つの酵素サプリメントのコンビネーションにより、基本的に全ての食物グループ:「プロテイン」、「脂質」、「炭水化物」の消化が可能になります。

ザイムプライムは、薬、他のサプリメント(酵素サプリメントを含む)に対しての影響がなく、相互作用を気にせず摂ることが可能です。

【報告された効果】
・腸管内でのガス、腹部膨満感、乳糖不耐症、脂質不耐症による腹痛の緩和。
・消化能力改善、また、それによる便の形状の改善。
・フェノール含有食品不耐症において改善の可能性。
・消化能力が上がることで、目覚めがよいなどの子供の情緒に改善がみられた。
・標準よりも小さい子供の体重増加(食物の栄養素の吸収効率が上がることによるもの)

【副作用報告】
重篤かつ明確な副作用は報告されていません。

【ザイムプライム補充における禁忌事項】
・1週間以内に手術の予定がある場合
・出血傾向にある場合
・アスペルギルス酵素プロテインにアレルギーがある場合は服用を避けること。しかし、特定の菌体に対するアレルギーがない場合は、菌体由来酵素の服用を中止する必要はない。
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は、医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められてません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
大半の方は、1回の食事に1〜4カプセルを利用しているとの報告があります。

摂取量は、体重や年齢での換算ではなく、食事における食べ物の量に基づいて考え、食事の量にあわせて自由にザイムプライムの量を調節してみてください。
炭水化物、脂質の多い食事の場合は、摂取するザイムプライムの量を増やしてください。
なお、臨床経験では、1回の食事において5カプセルを超えての摂取は必要なく、24時間以内に継続的に9カプセルを越えての摂取は必要ありません。



ザイムプライムカプセルはこちらでご購入できます。

ザイムプライムパウダー

HOUSTON NUTRACEUTICALS

ザイムプライムパウダー

150グラム
9種類の消化酵素ブレンドです

【サプリメント】ザイムプライムパウダー

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

ザイムプライムは、高濃度の9種類の酵素を混ぜ合わせた混合酵素です。
タンパク分解能については、タンパク分解に特化したペプチザイドには及びませんが、「炭水化物」、「トリグリセリド脂質」、「デンプン」、「タンパク質」を効果的に分解し、消化不良による腹部膨満感、ガスの発生を抑制します。また乳糖不耐症のような食品に対する反応を和らげます。

ザイムプライムはセレサラーゼ〔(CereCalase)、セルラーゼとフィターゼ、グルカナーゼの酵素ブレンド〕を配合し、植物繊維を加水分解し、フィチン酸を減らします。
※フィチン酸はミネラルやプロテインと結合し、消化管からのそれらの栄養素の吸収を抑えてしまいます。

ガラクトシダーゼは豆類に含まれる消化が困難な炭水化物の分解に有効で、小腸での発酵によるガスの産生を抑える役割をもちます。
アミラーゼ、グルコアミラーゼは、デンプン質を単糖にまで分解します。
リパーゼは、トリグリセリドを短鎖脂肪酸にまで加水分解します。
※これらの酵素は、植物原料由来です。

ザイムプライムは、ペプチザイドとの組み合わせることで、もっとも優れた食物分解酵素としての働きをもちます。この二つの酵素サプリメントのコンビネーションにより、基本的に全ての食物グループ:「プロテイン」、「脂質」、「炭水化物」の消化が可能になります。

ザイムプライムは、薬、他のサプリメント(酵素サプリメントを含む)に対しての影響がなく、相互作用を気にせず摂ることが可能です。

【報告された効果】
・腸管内でのガス、腹部膨満感、乳糖不耐症、脂質不耐症による腹痛の緩和。
・消化能力改善、また、それによる便の形状の改善。
・フェノール含有食品不耐症において改善の可能性。
・消化能力が上がることで、目覚めがよいなどの子供の情緒に改善がみられた。
・標準よりも小さい子供の体重増加(食物の栄養素の吸収効率が上がることによるもの)

【副作用報告】
重篤かつ明確な副作用は報告されていません。

【ザイムプライム補充における禁忌事項】
・1週間以内に手術の予定がある場合
・出血傾向にある場合
・アスペルギルス菌酵素プロテインにアレルギーがある場合は服用を避けること。しかし、特定の菌体に対するアレルギーがない場合は、菌体由来酵素の服用を中止する必要はない。
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は、医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められてません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
大半の親からは、1回の食事にティースプーン1/4〜1杯を与えているという報告があります。

摂取量は、体重や年齢での換算ではなく、食事における食べ物の量に基づいて考え、食事の量にあわせて自由に「ザイムプライム」の量を調節してみてください。
炭水化物、脂質の多い食事の場合は、摂取する「ザイムプライム」の量を増やしてください。
なお、臨床経験では、1回の食事においてティースプーン1杯を超えての摂取は必要なく、24時間以内に継続的にティースプーン2杯を越えての摂取は必要ありません。

ザイムプライムパウダーはこちらでご購入できます。

HNザイムプライムカプセル

HOUSTON NUTRACEUTICALS

HNザイムプライムカプセル

90カプセル
11種類の消化酵素ブレンドです

【サプリメント】HNザイムプライムカプセル

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート
 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

『HNザイムプライム』は、パパイン、ブロメラインを含む11種類の酵素を混ぜ合わせた混合酵素です。また、バランスよくビタミン、ミネラルを含む米ぬかを配合しています。
『ペプチザイド』のようなタンパク加水分解、『ザイムプライムエクセル』のような炭水化物加水分解ほどの効力はありませんが、「炭水化物」、「トリグリセリド脂質」、「デンプン」、「タンパク質」を効果的に分解し、消化不良による腹部膨満感、ガスの発生を抑制します。また乳糖不耐症のような食品に対する反応を和らげます。

『HNザイムプライム』はセレカラーゼ〔(CereCalase)、セルラーゼとフィターゼ、グルカナーゼの酵素ブレンド〕を配合し、植物繊維を加水分解し、フィチン酸を減らします。
※フィチン酸はミネラルやプロテインと結合し、消化管からの吸収を抑えてしまいす。

ガラクトシダーゼは豆類の鞘に含まれる消化が困難な炭水化物の分解に有効で、小腸での発酵によるガスの酸性をおさえる役割をもちます。
アミラーゼ、グルコアミラーゼは、デンプン質を単糖にまで分解します。
リパーゼは、トリグリセリドを短鎖脂肪酸にまで加水分解します。
※これらの酵素は、植物原料由来です。

『HNザイムプライム』は、『ペプチザイド』との組み合わせることで、もっとも優れた食物分解酵素としての働きをもちます。この二つの酵素サプリメントのコンビネーションにより、基本的に全ての食物グループ:「プロテイン」、「脂質」、「炭水化物」の消化が可能になります。

『HNザイムプライム』は、薬、他のサプリメント(酵素サプリメントを含む)に対しての影響がなく、相互作用を気にせず摂ることが可能です。

【報告された効果】
・腸管内でのガス、腹部膨満感、乳糖不耐症、脂質不耐症による腹痛の緩和。
・消化能力改善、また、それによる便の形状の改善。
・フェノール含有食品不耐症において改善の可能性。
・消化能力が上がることで、目覚めがよいなどの子供の情緒に改善がみられた。
・標準よりも小さい子供の体重増加(食物の栄養素の吸収効率が上がることによるもの)

【副作用報告】
重篤かつ明確な副作用は報告されていません。

【HNザイムプライム補充における禁忌事項】
・1週間以内に手術の予定がある場合
・出血傾向にある場合
・パパイヤ、パパイヤ由来酵素、アスペルギルス酵素プロテインにアレルギーがある場合は服用を避けること。しかし、特定の菌体に対するアレルギーがない場合は、菌体由来酵素の服用を中止する必要はない。
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は、医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められてません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
大半の親の報告では、1回の食事に1〜4カプセルを与えています。

摂取量は、体重や年齢での換算ではなく、食事における食べ物の量に基づいて考え、食事の量にあわせて自由に『HNザイムプライム』の量を調節してみてください。
炭水化物、脂質の多い食事の場合は、摂取する『HNザイムプライム』の量を増やしてください。
なお、臨床経験では、1回の食事において5カプセルを超えての摂取は必要なく、24時間以内に継続的に9カプセルを越えての摂取は必要ありません。

HNザイムプライムカプセルはこちらでご購入できます。

ペプチザイドカプセル

HOUSTON NUTRACEUTICALS

ペプチザイドカプセル

90ベジカプセル
タンパク質を効果的に分解します。

【サプリメント】ペプチザイドカプセル

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

『ペプチザイド』は植物原料から単離された3種類の異なるタンパク分解酵素のコンビネーションです。
各酵素は、酵素分解する際に、それぞれが異なるペプチド結合を加水分解するので、これらの3種類の酵素の組み合わせにより、タンパク質をす速く、効果的に、小さな分子に完全に加水分解することが可能になります。
『ペプチザイド』に含まれる酵素は、食物タンパク質のみを分解し、炭水化物、脂質、他の成分には作用せず、治療薬、他のサプリメントを併用してもそれらの成分に対して影響を持ちません。(服用するサプリメントがタンパク質でない場合。)
また、『ペプチザイド』は、他の酵素製品と組み合わせても、問題なく使用できます。

【『ペプチザイド』の特徴】
・酸抵抗性をもつため、胃における強酸下においても活性を失わず、「カゼイン」、「グルテン」が小腸に入る前に加水分解する。

・配合されているアミノぺプチダーゼ(ポリペプチドをアミノ基末端から順に連続して加水分解する酵素)である「ジペプチジルぺプチダーゼ(dipeptidyl peptidase IV、DPPIV)」は「エクソルフィンペプチド(オピオイドペプチド)」である「カソモルフィン」を加水分解し失活する。

・パパイン(パパイヤ由来のタンパク分解酵素)、酸性条件下でも活性をもつ菌体類由来のプロテアーゼを一緒に配合し、異なる部位のペプチド結合を切断できるプロテアーゼ類を一緒に組み合わせ、「カゼイン」、「グルテン」、「他タンパク質」を「正常」に加水分解する。

・十二指腸内ですい臓分泌酵素下で、カゼイン、グルテンが加水分解されると、エクソルフィンペプチドに分解され、容易に小腸から吸収される可能性があるが、『ペプチザイド』による加水分解では、「エクソルフィンペプチド」は生成されない。

・他の酵素製品と異なり、タンパク質加水分解酵素のみ含有。これにより、特別食など、各個人の食事に基づいた酵素を補うことが可能。

・不必要な酵素タンパクが配合されることにより、不耐性が生じる可能性が少ない。

・3種類のタンパク分解酵素のみを大量に使用することで、短い時間で胃内にある食べ物のタンパク質の分解を確実にしている。

・科学者Davin Houston, Ph.D.が、開発。Dr.Houstonの酵素、栄養素、生化学における経験により、多くの家族がよりよく健康的な生活を送ることができるための製品を開発を目指している。

『ペプチザイド』は、タンパク不耐性による食品制限、、グルテンフリー/カゼインフリー食などの食品制限を常に行っている家族が安全に、食品制限を緩和し、そのような食品制限に基づいた食事から開放され、食品の選択肢が広がり、よりよい栄養源(家庭での食事に重要なタンパク質を組み込むことで)を摂取できることを目的としています。

【報告されている効果、作用】
・他の種類の食品に対しての嗜好性を表し、食欲も増加する傾向があります。
・器質の改善と、気分の改善が見らます。
・『ペプチザイド』により、小麦製品を摂取しても、異常行動の発現の減少または消失の可能性があります。
※『ペプチザイド』の効果は、各個人、他サプリメント、食品構成により異なります。
・他のサプリメント、特にビタミン、ミネラルは、酵素を併用した食事により、栄養素が得られるため、減量して摂取できる可能性があります。

『ペプチザイド』は高タンパク食、アスリートのトレーニングにお勧めできます。また、肉からのプロテインを多く含む食事を摂る場合は、服用量を増やしても構いません。

【報告された副作用】
ある種のペプチドに対しての過敏である場合、『ペプチザイド』をの使用初期に、いわゆる「ペプチド離脱症状」が起こる可能性がある。食品由来のペプチドが減少するため、活動過多、興奮性、攻撃性の増加、かんしゃくなどをおこしやすくなり、数日〜1ヶ月程度続く可能性がある。しかし、たいていの場合、このような症状は、1回の食事につき1カプセルを処方することで数日間で解決される。約三週間で、ネガティブ行動は収まるという報告があります。
このような症状は、少量の服用量から始めることで、最小限に抑えられるため、最初の2週間は、1食につき1カプセルの摂取をお勧めします。
もし、この最初の量においても行動が気になる場合は、酵素サプリメントの服用を2週間中止し、(または、子供が以前の行動状態になるまで)『ペプチザイド』の量を減らして与え、最初のペースよりもゆっくりと服用量を増やしてください。

行動過多の多くが緩和されたため、ビタミンB6、P5Pを高容量含有するビタミンサプリメントを減量または、中止することが可能になったという親の報告があります。また、『HNザイムプライム』を『ペプチザイド』と共に与えることで、「ペプチド離脱症状」による副作用が緩和できます。

【GFCF食(グルテンフリー、カゼインフリー食)の代替または補充としてのペプチザイド利用について】

ペプチザイドを使用し、GFCF食をやめることに成功した人達が勧める用法の多くは、GFCF食を行いながら、少なくとも2ヶ月は継続して『ペプチザイド』を与えるという方法です。
問題となる食品を与える場合、最初のうちは、1〜2カプセルの『ペプチザイド』と共にほんの少量の食品を与えます。カゼイン/グルテンの作用を抑えるために十分以上のペプチザイドを与えるために十分な『ペプチザイド』を摂らせてください。
もし、チャレンジが成功した場合、与える食品の量を増やしていくことが可能です。しかし、必ず、与えた食事に含まれるカゼイン、グルテン量による作用を抑えるために十分以上の『ペプチザイド』を与えることを常に念頭においておく必要があります。
なお、一時的に『ペプチザイド』を使用する場合(屯用で用いる場合)、1度に4カプセルまでのペプチザイドを「カゼイン」、「グルテン」を分解させるために与えることができます。しかし、それ以上の量を与えても効果はありません。

【禁忌事項】
下記の記載に該当する場合は、酵素サプリメントによるトリートメントは行わないで下さい。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍がある場合。
・重篤な腸疾患(血液が便に混じっていることにより、判断可能)
・血友病、血液に関する疾患
・一週間以内に手術の予定がある場合
・アスペルギルス酵素タンパク、パパイヤ、パパイヤタンパクにアレルギーがある場合。 (特定のカビに対してのアレルギーが確定していない場合は、菌体由来の酵素使用を禁止する必要はありません。)
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。
・セリアック病(遺伝的小腸自己免疫疾患、グルテン摂取により惹起)患者がグルテンフリー食をやめることができるというものではありません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められていません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
たいていの場合、1回の食事時に1〜2カプセルの摂取が適量で、過量に摂ることで、効果が高まることはあまりありません。しかし、時として、量の多い食事をチャレンジとして与える場合は、1度に4カプセルまで与えることが可能です。
なお、1日の上限摂取量としては、9カプセルまでとすることをお勧めします。


ペプチザイドカプセルはこちらでご購入できます。

ペプチザイドパウダー

HOUSTON NUTRACEUTICALS

ペプチザイドパウダー

150グラム
タンパク質を効果的に分解します。

【サプリメント】ペプチザイドパウダー

関連カテゴリー

 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

ペプチザイドは植物原料から単離された3種類の異なるタンパク分解酵素のコンビネーションです。
各酵素は、酵素分解する際に、それぞれが異なるペプチド結合を加水分解するので、これらの3種類の酵素の組み合わせにより、タンパク質をす速く、効果的に、小さな分子に完全に加水分解することが可能になります。
「ペプチザイド」に含まれる酵素は、食物タンパク質のみを分解し、炭水化物、脂質、他の成分には作用せず、治療薬、他のサプリメントを併用してもそれらの成分に対して影響を持ちません。(服用するサプリメントがタンパク質でない場合。)
また、「ペプチザイド」は、他の酵素製品と組み合わせても、問題なく使用できます。

【ペプチザイドの特徴】
・酸抵抗性をもつため、胃における強酸下においても活性を失わず、「カゼイン」、「グルテン」が小腸に入る前に加水分解する。

・配合されているアミノぺプチダーゼ(ポリペプチドをアミノ基末端から順に連続して加水分解する酵素)である「ジペプチジルぺプチダーゼ(dipeptidyl peptidase IV、DPPIV)」は「エクソルフィンペプチド(オピオイドペプチド)」である「カソモルフィン」を加水分解し失活する。

・パパイン(パパイヤ由来のタンパク分解酵素)、酸性条件下でも活性をもつ菌体類由来のプロテアーゼを一緒に配合し、異なる部位のペプチド結合を切断できるプロテアーゼ類を一緒に組み合わせ、「カゼイン」、「グルテン」、「他タンパク質」を「正常」に加水分解する。

・十二指腸内ですい臓分泌酵素下で、カゼイン、グルテンが加水分解されると、エクソルフィンペプチドに分解され、容易に小腸から吸収される可能性があるが、「ペプチザイド」による加水分解では、「エクソルフィンペプチド」は生成されない。

・他の酵素製品と異なり、タンパク質加水分解酵素のみ含有。これにより、特別食など、各個人の食事に基づいた酵素を補うことが可能。

・不必要な酵素タンパクが配合されることにより、不耐性が生じる可能性が少ない。

・3種類のタンパク分解酵素のみを大量に使用することで、短い時間で胃内にある食べ物のタンパク質の分解を確実にしている。

・科学者Davin Houston, Ph.D.が、開発。Dr.Houstonの酵素、栄養素、生化学における経験により、多くの家族がよりよく健康的な生活を送ることができるための製品を開発を目指している。

「ペプチザイド」は、タンパク不耐性による食品制限、、グルテンフリー/カゼインフリー食などの食品制限を常に行っている家族が安全に、食品制限を緩和し、そのような食品制限に基づいた食事から開放され、食品の選択肢が広がり、よりよい栄養源(家庭での食事に重要なタンパク質を組み込むことで)を摂取できることを目的としています。

【報告されている効果、作用】
・他の種類の食品に対しての嗜好性を表し、食欲も増加する傾向があります。
・器質の改善と、気分の改善が見らます。
・「ペプチザイド」により、小麦製品を摂取しても、異常行動の発現の減少または消失の可能性があります。
※「ペプチザイド」の効果は、各個人、他サプリメント、食品構成により異なります。
・他のサプリメント、特にビタミン、ミネラルは、酵素を併用した食事により、栄養素が得られるため、減量して摂取できる可能性があります。

「ペプチザイド」は高タンパク食、アスリートのトレーニングにお勧めできます。また、肉からのプロテインを多く含む食事を摂る場合は、服用量を増やしても構いません。

【報告された副作用】
ある種のペプチドに対しての過敏である場合、「ペプチザイド」をの使用初期に、いわゆる「ペプチド離脱症状」が起こる可能性があります。食品由来のペプチドが減少するため、活動過多、興奮性、攻撃性の増加、かんしゃくなどをおこしやすくなり、数日〜1ヶ月程度続く可能性がありますが、たいていの場合、このような症状は、1回の食事につき1/8ティースプーンを処方することで数日間で解決され、約三週間で、ネガティブ行動は収まるという報告があります。
このような症状は、少量の服用量から始めることで、最小限に抑えられるため、最初の2週間は、1食につき1/8ティースプーン程度の摂取をお勧めします。
もし、この最初の量においても行動が気になる場合は、酵素サプリメントの服用を2週間中止し、(または、子供が以前の行動状態になるまで)「ペプチザイド」の量を減らして与え、最初のペースよりもゆっくりと服用量を増やしてください。

行動過多の多くが緩和されたため、ビタミンB6、P5Pを高容量含有するビタミンサプリメントを減量または、中止することが可能になったという親の報告があります。また、「ザイムプライム」を「ペプチザイド」と共に与えることで、「ペプチド離脱症状」による副作用が緩和できます。

【GFCF食(グルテンフリー、カゼインフリー食)の代替または補充としてのペプチザイド利用について】

ペプチザイドを使用し、GFCF食をやめることに成功した人達が勧める用法の多くは、GFCF食を行いながら、少なくとも2ヶ月は継続して「ペプチザイド」を与えるという方法です。
問題となる食品を与える場合、最初のうちは、1/4〜1/2ティースプーンの「ペプチザイド」と共にほんの少量の食品を与えます。カゼイン/グルテンの作用を抑えるために十分以上のペプチザイドを与えるために十分な「ペプチザイド」を摂らせてください。
もし、チャレンジが成功した場合、与える食品の量を増やしていくことが可能です。しかし、必ず、与えた食事に含まれるカゼイン、グルテン量による作用を抑えるために十分以上の「ペプチザイド」を与えることを常に念頭においておく必要があります。
なお、一時的に「プチザイド」を使用する場合(屯用で用いる場合)、1度に1ティースプーンまでのペプチザイドを「カゼイン」、「グルテン」を分解させるために与えることができます。しかし、それ以上の量を与えても効果はありません。

【禁忌事項】
下記の記載に該当する場合は、酵素サプリメントによるトリートメントは行わないで下さい。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍がある場合。
・重篤な腸疾患(血液が便に混じっていることにより、判断可能)
・血友病、血液に関する疾患
・一週間以内に手術の予定がある場合
・アスペルギルス酵素タンパク、パパイヤ、パパイヤタンパクにアレルギーがある場合。 (特定のカビに対してのアレルギーが確定していない場合は、菌体由来の酵素使用を禁止する必要はありません。)
・より詳しいアドバイスを必要とする場合は医師と相談してください。
・菌体由来タンパクにI型アレルギー(アナフィラキシー型)を持つ場合は、菌体由来酵素を内服してはいけません。
・セリアック病(遺伝的小腸自己免疫疾患、グルテン摂取により惹起)患者がグルテンフリー食をやめることができるというものではありません。

【上限摂取量】
酵素内服において、上限摂取量は定められていません。動物実験においても、2000mg/kgを90日間与えても、毒性の発現はありません。
たいていの場合、1回の食事時に1/4〜1/2ティースプーンの摂取が適量で、過量に摂ることで、効果が高まることはあまりありません。しかし、時として、量の多い食事をチャレンジとして与える場合は、1度に1ティースプーンまで与えることが可能です。
なお、1日の上限摂取量としては、2ティースプーン分までとすることをお勧めします。

ペプチザイドパウダーはこちらでご購入できます。

クイックダイジェスト

ZAND

クイックダイジェスト

90チュアブル
消化不良をすっきり解決!

【サプリメント】クイックダイジェスト

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

胸焼けや消化不良を解決する消化酵素が手軽に摂れるチュアルブタイプで登場です。
脂肪を分解するパパイン、炭水化物を分解するアミラーゼ、食物繊維などの植物組織(セルロース)を分解するセルラーゼ、タンパク質の分解するブロメライン、脂肪を分解するリパーゼを配合し、バランスよく消化を促すよう働きかけます。

クイックダイジェストはこちらでご購入できます。

ラクターゼ(乳糖分解酵素)

NATURE'S WAY

ラクターゼ(乳糖分解酵素)

100カプセル
もう牛乳は怖くない!?

【サプリメント】ラクターゼ(乳糖分解酵素)


関連成分

 酵素(消化酵素)

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロ・・・このような経験をしたことが方は多いのではないでしょうか。このカギは、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素『ラクターゼ』が握っています。通常、乳糖はラクターゼにより分解されますが、この酵素が働かないと乳糖は腸内の浸透圧に変化をきたし下痢を誘発します。牛乳を飲むと下痢をしてしまう人は、この『ラクターゼ』を持っていません。これを一般に乳糖不耐症と呼びます。下痢を回避するためには牛乳など乳糖を含むものを摂取しないことが懸命ですが、牛乳にはカルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。特に、日本人はカルシウムの摂取量が低い傾向にあるので、乳製品は是非とも摂取したい食品の一つです。
NATURE'S WAYのラクターゼは、乳糖不耐症の方の乳製品摂取を可能にした救世主。これさえあればもう牛乳は怖くありません。乳製品を上手に摂取して健康な身体を作りましょう。ただし、摂り過ぎにはご注意ください。

ラクターゼ(乳糖分解酵素)はこちらでご購入できます。

コンプリートジェスト

ENZYMATIC THERAPY

コンプリートジェスト

90カプセル
胃がムカムカする消化不良に

【サプリメント】コンプリートジェスト

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ

関連成分

 酵素(消化酵素)

ベジタリアンの方にも安心な植物由来の消化酵素を配合したサプリメントです。
炭水化物、タンパク質、脂肪を消化を促す酵素をバランスよく配合しております。なんだか胸焼けがする、食欲が無い、そんなお悩みをお持ちの方にオススメです。

コンプリートジェストはこちらでご購入できます。

DPP-IVフォルテ

KIRKMAN

DPP-IVフォルテ

60ベジカプセル

【サプリメント】DPP-IVフォルテ

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

DDP-IVフォルテ(ジペプチジルペプチダーゼIVアナログ)はカークマンラボラトリーズのラインナップの中でも、もっともエキサイティングな酵素サプリメントの1つです。DDP-IVは単独もしくは他の酵素と協調して消化プロセスをサポートします。DDP-IVは特に乳製品や穀物類に含まれることで知られるプロリン含有ペプチド(カソモルフィン、グルテオモルフィン、グリアドモルフィン)を分解する点でユニークな酵素だと言えます。DPP-IV酵素は他の酵素では分解し切れなかったこれらのペプチドの消化を助けてくれます。

DPP-IVってなに?

ジペプチジルペプチダーゼ(DPP-IV)は体内で多様な機能を果たすたんぱく質です。DPP-IVはT細胞(リンパ球)の表面に発現するときにはCD26と呼ばれ、免疫機能の維持に関わっています。そして小腸の刷子縁上(腸管の裏側の粘膜組織)に発現するものがDPP-IVとして知られています。DPP-IVはカゼインとグルテンの分解において主要に機能している点で重要です。DPP-IVを含有する酵素はカゼインを含んだ乳製品やグルテンを含んだ穀物のたんぱく質の分解を助けます。

使用法について

DPP-IVフォルテは摂取した食物の量によって用量は変化しますが、体格や体重、年齢は直接関係はありません。まず最初は少ない量(1/4〜1/2カプセル)から開始し、徐々に本来の用量まで増やしてゆく服用方法をお薦め致します。より徹底的に消化したい方には幅広いスペクトラムの酵素サプリメント、エンザイムコンプリート・DPP-IVやマルチエンザイムフォーミュラなど他の酵素サプリメントと併用することもできます。

酵素サプリメントはお食事前もしくはお食事開始直後の早い段階で、食物と混ざり合うように摂取することをお薦めします。もっとも望ましい摂取方法はカプセルを取り除き、少量の食物やお飲み物に混ぜてお召し上がりになることです。ただし54℃以上の高温のものに混ぜたり酵素ごと電子レンジで調理したりすると酵素の活性が失われてしまうのでご注意下さい。

DPP-IVフォルテはこちらでご購入できます。

エンザイムコンプリート・DPP-IV

KIRKMAN

エンザイムコンプリート・DPP-IV

200ベジカプセル

【サプリメント】エンザイムコンプリート・DPP-IV

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

Enzyme-Complete/DPP-IVは非常に強力なマルチスペクトラム消化酵素です。Enzyme-Complete/DPP-IVはたんぱく質、炭水化物、脂質、糖質、食物繊維を含むすべての食品グループを、幅広いpH値の状況のもとにおいても効果的に分解する19種類の植物由来酵素をブレンド。カゼインやグルテンから形成されたペプチドの分解を助けるジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)も配合されています。Enzyme-Complete/DPP-IVは吸収を最適化する酵素の総合的な「基礎」を提供します。

それぞれの酵素は独立して機能していますが、同時に互いに影響し合い、機能を補い合って作用しています。Enzyme-Complete/DPP-IVはプロテアーゼ、アミラーゼ、リパーゼ、ニ糖類、セルラーゼが配合されており、加熱することで損なわれる食物中の酵素に代わって食物を分解し消化器官に掛かる負荷を軽減して栄養の吸収作用を高めてくれます。

原材料

DPP-IV 50000HUT
Enzyme-Complete/DPP-IVは、そのペプチダーゼとプロテアーゼの活性の高さが物語るように、非常に強力なたんぱく質分解酵素のフォーミュレーションです。このフォーミュレーションにおいて注目すべきペプチターゼの一つが、カゼインとグルテンのペプチドを効果的に分解することができるDPP-IV酵素です。ジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)はプロリンペプチダーゼ類の酵素で、小腸の刷子縁上(腸管の裏側の粘膜組織)に存在します。

プロテアーゼ/ペプチド酵素(タンパク質の消化)
プロテアーゼはたんぱく質のポリペプチド鎖を切断してより小さなアミノ酸鎖にし、最終的には単体のアミノ酸へと分解してゆく働きがあります。また、プロテアーゼ酵素には食品に含まれる潜在的な抗原性要素や、中枢神経系や全身において有害な作用のカスケードを引き起こしうる反応性ペプチド(牛乳に含まれるカソモルフィンや小麦などの穀物類のグルテンに含まれるグルテオモルフィン/グリアドルフィン)を分解するという重要な働きもあります。

Enzyme-Complete/DPP-IVには複数のプロテアーゼを配合したフルスペクトラム仕様です。プロテインやペプチドはとても複雑な構造を持つため、消化作用を最適化するには多種類のたんぱく質分解酵素を使用しなくてはなりません。このフォーミュレーションでは複数のプロテアーゼによる幅広い作用領域を利用して、非常に効果的にたんぱく質を分解します。プロテアーゼは種類によって作用の対象となるたんぱく質の箇所が異なるので、たんぱく質を単体のアミノ酸になるまで徹底的に分解するべく非常に多くの種類のプロテアーゼを使用しています。

Enzyme-Complete/DPP-IVは均衡のとれたペプチダーゼ活性のプロフィールを有し、カゼインとグルテンペプチドの末端結合をも分解して、加水分解反応を活性化します。またこのフォーミュレーションに配合されているプロテアーゼ/ペプチダーゼ酵素のDPP-IVの活性にも作用しています。次のたんぱく質酵素がこのフォーミュレーションで使用されています。

プロテアーゼ(植物由来パンクレアチン4X/NF) 38000DAPU
アルカラインプロテアーゼ 50DAPU
FP31プロテアーゼ 100HU
AFP(耐酸性プロテアーゼ) 100SAPU

このフォーミュレーションにおいてユニークなのはアルカラインプロテアーゼとAFPという2つの酵素です。双方とも領域が幅広く、胃内の酸性の環境においても小腸のアルカリ性の環境においても安定して作用します。

特殊な酵素
キウイプロテアーゼ(アクチニジンタイプ) 200KPU
ブロメライン(パイナップル由来) 100BTU(1280000FCCPU)
パパイン(亜硫酸無添加パパイヤソース) 2000000FCCPU

キウイ、ブロメライン、パパインのプロテアーゼはカゼインやグルテンを効果的かつ安全に分解する、優れたプロテアーゼ/ペプチダーゼ活性を有しています。またブロメラインは抗炎症効果があり、パパインよりもより幅広い効力を持つことが知られています。キウイプロテアーゼはキウイから、ブロメラインは精製されたパイナップルエキストラクトから、パパインはパパイヤソースから抽出されています。これらの酵素は極めて安全かつ身体にも優しいものであることが実証されています。

Enzyme-Complete/DPP-IVは亜硫酸塩を含んでいない、もっとも純度の高いパパインエキストラクトを使用しています。他の酵素フォーミュレーションではコストの都合上、おそらくこれほど純度の高いものは使用していないと思われます。安定剤として亜硫酸塩を添加している酵素フォーミュレーションもありますが、Enzyme-Complete/DPP-IVでは亜硫酸塩を含有するパパインはわずかたりとも使用してはおりません。

炭水化物酵素(炭水化物と糖質の分解)

Enzyme-Complete/DPP-IVは幅広いスペクトラムの非常に強力な炭水化物酵素を配合し、さまざまな炭水化物と糖質を分解します。

アミラーゼ(植物由来パンクレアチン由来4X/NF) 89000MWU
アルファアミラーゼ 100SKBU
グルコアミラーゼ 30AGU


アミラーゼは澱粉やその他の炭水化物を身体のエネルギー源である単糖類(グルコース)へと分解する働きがあります。アミラーゼ酵素は澱粉などの多糖類をスクロース、マルトース、ラクトースといったニ糖類へと分解します。上記酵素によって澱粉、多糖類、デキストリンといった複合炭水化物はブドウ糖へと分解されるので、トウモロコシ、ジャガイモ、小麦などの澱粉を効果的に消化することができます。

アルファガラクトシダーゼ 125AGSU

アルファガラクトシダーゼは豆類やカリフラワーやブロッコリ、キャベツなどのアブラナ科の植物を消化する能力を向上させます。

ラクターゼ 1000LAU
マルターゼ 200MWU
インベルターゼ(スクラーゼ) 400SU


このフォーミュレーションにはコップ1杯分のミルクに含まれるラクトース(乳糖)を分解する量に相当するラクターゼ酵素が配合されています。マルターゼは多くの加工食品に含まれるニ糖類のマルトース(麦芽糖)を分解します。インバーターゼはスクラーゼの名でも知られ、テンサイやサトウキビのスクロース(蔗糖)を分解します。

セルラーゼ酵素(食物繊維の分解)

セルラーゼ 200CU
フィターゼ 10PU
キシラナーゼ(ヘミセルラーゼ) 100XU


セルラーゼ類は通常、体内の消化器官には見られない酵素ですが、食物繊維の結合を分解して穀物やセルロースなどをより徹底的に消化できるようにします。セルラーゼには果実や野菜、穀物の有効成分を包む繊維膜を破壊する作用があります。

キシラナーゼはヘミヘルラーゼの名でも知られ、ブロッコリ、カリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の植物や豆類の食物繊維や炭水化物をより徹底的に分解/消化することを可能にします。

フィターゼはフィチン酸(イノシトール六燐酸)を消化することを可能にします。フィチン酸は小麦、トウモロコシ、ライ麦、大麦、豆類、大豆などに含まれており、カルシウム、亜鉛、銅、マンガン、鉄、マグネシウムといったミネラルの吸収を阻害する働きがありますが、フィターゼによってフィチン酸が分解されることでミネラルの吸収は促進されます。

リパーゼ酵素(脂質の分解)

リパーゼ(植物由来パンクレアチン4X/NF) 15000LU

リパーゼは脂質、油脂、バター(トリグリセリド)を遊離脂肪酸とモノグリセリドに消化(加水分解)します。

ビタミンAやE、オメガ3脂肪酸など、脂質は重要な栄養素の源であることが知られており、抗炎症作用や神経の活性を制御するオメガ3、DHA、EPAも脂質に含まれているので他の栄養素同様、十分な消化が必要です。そしてリパーゼの助けがあってはじめて脂質はその重要な作用を適切に、かつ効果的に発揮することができるのです。

この酵素ブレンドにおいて酵素活性の有効性の度合いを示す数値は、ETA(Enzyme Technical Association)の認可を受けている酵素活性の計測方法に則り、信頼性の高い機器を用いて導き出されたものです。その中の幾つかは単位にFCCを用いておりますが、他にもETAによって認可されている、より最新の技術に基づいた信頼性の高い単位も併せて使用しています。これらの数値はFDAが酵素活性の度合いを測る規格として認定している方法に基づいて表示されています。

このフォーミュレーションに配合されている植物由来のパンクレアチンはリパーゼ、アミラーゼ、プロテアーゼといった酵素を含有し、通常のブタもしくはウシに由来するパンクレアチンの4倍の効力を持つことが判明しています。植物由来の酵素は長時間に渡り、幅広いpH値の状況下においても作用するので腸管全体を通して活発に機能します。

エンザイムコンプリート・DPP-IVはこちらでご購入できます。

エンザイムコンプリート・DPP-IV

KIRKMAN

エンザイムコンプリート・DPP-IV

120ベジカプセル

【サプリメント】エンザイムコンプリート・DPP-IV

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

Enzyme-Complete/DPP-IVは非常に強力なマルチスペクトラム消化酵素です。Enzyme-Complete/DPP-IVはたんぱく質、炭水化物、脂質、糖質、食物繊維を含むすべての食品グループを、幅広いpH値の状況のもとにおいても効果的に分解する19種類の植物由来酵素をブレンド。カゼインやグルテンから形成されたペプチドの分解を助けるジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)も配合されています。Enzyme-Complete/DPP-IVは吸収を最適化する酵素の総合的な「基礎」を提供します。

それぞれの酵素は独立して機能していますが、同時に互いに影響し合い、機能を補い合って作用しています。Enzyme-Complete/DPP-IVはプロテアーゼ、アミラーゼ、リパーゼ、ニ糖類、セルラーゼが配合されており、加熱することで損なわれる食物中の酵素に代わって食物を分解し消化器官に掛かる負荷を軽減して栄養の吸収作用を高めてくれます。

原材料

DPP-IV 50000HUT
Enzyme-Complete/DPP-IVは、そのペプチダーゼとプロテアーゼの活性の高さが物語るように、非常に強力なたんぱく質分解酵素のフォーミュレーションです。このフォーミュレーションにおいて注目すべきペプチターゼの一つが、カゼインとグルテンのペプチドを効果的に分解することができるDPP-IV酵素です。ジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)はプロリンペプチダーゼ類の酵素で、小腸の刷子縁上(腸管の裏側の粘膜組織)に存在します。

プロテアーゼ/ペプチド酵素(タンパク質の消化)
プロテアーゼはたんぱく質のポリペプチド鎖を切断してより小さなアミノ酸鎖にし、最終的には単体のアミノ酸へと分解してゆく働きがあります。また、プロテアーゼ酵素には食品に含まれる潜在的な抗原性要素や、中枢神経系や全身において有害な作用のカスケードを引き起こしうる反応性ペプチド(牛乳に含まれるカソモルフィンや小麦などの穀物類のグルテンに含まれるグルテオモルフィン/グリアドルフィン)を分解するという重要な働きもあります。

Enzyme-Complete/DPP-IVには複数のプロテアーゼを配合したフルスペクトラム仕様です。プロテインやペプチドはとても複雑な構造を持つため、消化作用を最適化するには多種類のたんぱく質分解酵素を使用しなくてはなりません。このフォーミュレーションでは複数のプロテアーゼによる幅広い作用領域を利用して、非常に効果的にたんぱく質を分解します。プロテアーゼは種類によって作用の対象となるたんぱく質の箇所が異なるので、たんぱく質を単体のアミノ酸になるまで徹底的に分解するべく非常に多くの種類のプロテアーゼを使用しています。

Enzyme-Complete/DPP-IVは均衡のとれたペプチダーゼ活性のプロフィールを有し、カゼインとグルテンペプチドの末端結合をも分解して、加水分解反応を活性化します。またこのフォーミュレーションに配合されているプロテアーゼ/ペプチダーゼ酵素のDPP-IVの活性にも作用しています。次のたんぱく質酵素がこのフォーミュレーションで使用されています。

プロテアーゼ(植物由来パンクレアチン4X/NF) 38000DAPU
アルカラインプロテアーゼ 50DAPU
FP31プロテアーゼ 100HU
AFP(耐酸性プロテアーゼ) 100SAPU

このフォーミュレーションにおいてユニークなのはアルカラインプロテアーゼとAFPという2つの酵素です。双方とも領域が幅広く、胃内の酸性の環境においても小腸のアルカリ性の環境においても安定して作用します。

特殊な酵素
キウイプロテアーゼ(アクチニジンタイプ) 200KPU
ブロメライン(パイナップル由来) 100BTU(1280000FCCPU)
パパイン(亜硫酸無添加パパイヤソース) 2000000FCCPU

キウイ、ブロメライン、パパインのプロテアーゼはカゼインやグルテンを効果的かつ安全に分解する、優れたプロテアーゼ/ペプチダーゼ活性を有しています。またブロメラインは抗炎症効果があり、パパインよりもより幅広い効力を持つことが知られています。キウイプロテアーゼはキウイから、ブロメラインは精製されたパイナップルエキストラクトから、パパインはパパイヤソースから抽出されています。これらの酵素は極めて安全かつ身体にも優しいものであることが実証されています。

Enzyme-Complete/DPP-IVは亜硫酸塩を含んでいない、もっとも純度の高いパパインエキストラクトを使用しています。他の酵素フォーミュレーションではコストの都合上、おそらくこれほど純度の高いものは使用していないと思われます。安定剤として亜硫酸塩を添加している酵素フォーミュレーションもありますが、Enzyme-Complete/DPP-IVでは亜硫酸塩を含有するパパインはわずかたりとも使用してはおりません。

炭水化物酵素(炭水化物と糖質の分解)

Enzyme-Complete/DPP-IVは幅広いスペクトラムの非常に強力な炭水化物酵素を配合し、さまざまな炭水化物と糖質を分解します。

アミラーゼ(植物由来パンクレアチン由来4X/NF) 89000MWU
アルファアミラーゼ 100SKBU
グルコアミラーゼ 30AGU


アミラーゼは澱粉やその他の炭水化物を身体のエネルギー源である単糖類(グルコース)へと分解する働きがあります。アミラーゼ酵素は澱粉などの多糖類をスクロース、マルトース、ラクトースといったニ糖類へと分解します。上記酵素によって澱粉、多糖類、デキストリンといった複合炭水化物はブドウ糖へと分解されるので、トウモロコシ、ジャガイモ、小麦などの澱粉を効果的に消化することができます。

アルファガラクトシダーゼ 125AGSU

アルファガラクトシダーゼは豆類やカリフラワーやブロッコリ、キャベツなどのアブラナ科の植物を消化する能力を向上させます。

ラクターゼ 1000LAU
マルターゼ 200MWU
インベルターゼ(スクラーゼ) 400SU


このフォーミュレーションにはコップ1杯分のミルクに含まれるラクトース(乳糖)を分解する量に相当するラクターゼ酵素が配合されています。マルターゼは多くの加工食品に含まれるニ糖類のマルトース(麦芽糖)を分解します。インバーターゼはスクラーゼの名でも知られ、テンサイやサトウキビのスクロース(蔗糖)を分解します。

セルラーゼ酵素(食物繊維の分解)

セルラーゼ 200CU
フィターゼ 10PU
キシラナーゼ(ヘミセルラーゼ) 100XU


セルラーゼ類は通常、体内の消化器官には見られない酵素ですが、食物繊維の結合を分解して穀物やセルロースなどをより徹底的に消化できるようにします。セルラーゼには果実や野菜、穀物の有効成分を包む繊維膜を破壊する作用があります。

キシラナーゼはヘミヘルラーゼの名でも知られ、ブロッコリ、カリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の植物や豆類の食物繊維や炭水化物をより徹底的に分解/消化することを可能にします。

フィターゼはフィチン酸(イノシトール六燐酸)を消化することを可能にします。フィチン酸は小麦、トウモロコシ、ライ麦、大麦、豆類、大豆などに含まれており、カルシウム、亜鉛、銅、マンガン、鉄、マグネシウムといったミネラルの吸収を阻害する働きがありますが、フィターゼによってフィチン酸が分解されることでミネラルの吸収は促進されます。

リパーゼ酵素(脂質の分解)

リパーゼ(植物由来パンクレアチン4X/NF) 15000LU

リパーゼは脂質、油脂、バター(トリグリセリド)を遊離脂肪酸とモノグリセリドに消化(加水分解)します。

ビタミンAやE、オメガ3脂肪酸など、脂質は重要な栄養素の源であることが知られており、抗炎症作用や神経の活性を制御するオメガ3、DHA、EPAも脂質に含まれているので他の栄養素同様、十分な消化が必要です。そしてリパーゼの助けがあってはじめて脂質はその重要な作用を適切に、かつ効果的に発揮することができるのです。

この酵素ブレンドにおいて酵素活性の有効性の度合いを示す数値は、ETA(Enzyme Technical Association)の認可を受けている酵素活性の計測方法に則り、信頼性の高い機器を用いて導き出されたものです。その中の幾つかは単位にFCCを用いておりますが、他にもETAによって認可されている、より最新の技術に基づいた信頼性の高い単位も併せて使用しています。これらの数値はFDAが酵素活性の度合いを測る規格として認定している方法に基づいて表示されています。

このフォーミュレーションに配合されている植物由来のパンクレアチンはリパーゼ、アミラーゼ、プロテアーゼといった酵素を含有し、通常のブタもしくはウシに由来するパンクレアチンの4倍の効力を持つことが判明しています。植物由来の酵素は長時間に渡り、幅広いpH値の状況下においても作用するので腸管全体を通して活発に機能します。

エンザイムコンプリート・DPP-IVはこちらでご購入できます。

エンザイムコンプリート・DPP-IV

KIRKMAN

エンザイムコンプリート・DPP-IV

60ベジカプセル

【サプリメント】エンザイムコンプリート・DPP-IV

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

Enzyme-Complete/DPP-IVは非常に強力なマルチスペクトラム消化酵素です。Enzyme-Complete/DPP-IVはたんぱく質、炭水化物、脂質、糖質、食物繊維を含むすべての食品グループを、幅広いpH値の状況のもとにおいても効果的に分解する19種類の植物由来酵素をブレンド。カゼインやグルテンから形成されたペプチドの分解を助けるジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)も配合されています。Enzyme-Complete/DPP-IVは吸収を最適化する酵素の総合的な「基礎」を提供します。

それぞれの酵素は独立して機能していますが、同時に互いに影響し合い、機能を補い合って作用しています。Enzyme-Complete/DPP-IVはプロテアーゼ、アミラーゼ、リパーゼ、ニ糖類、セルラーゼが配合されており、加熱することで損なわれる食物中の酵素に代わって食物を分解し消化器官に掛かる負荷を軽減して栄養の吸収作用を高めてくれます。

原材料

DPP-IV 50000HUT
Enzyme-Complete/DPP-IVは、そのペプチダーゼとプロテアーゼの活性の高さが物語るように、非常に強力なたんぱく質分解酵素のフォーミュレーションです。このフォーミュレーションにおいて注目すべきペプチターゼの一つが、カゼインとグルテンのペプチドを効果的に分解することができるDPP-IV酵素です。ジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)はプロリンペプチダーゼ類の酵素で、小腸の刷子縁上(腸管の裏側の粘膜組織)に存在します。

プロテアーゼ/ペプチド酵素(タンパク質の消化)
プロテアーゼはたんぱく質のポリペプチド鎖を切断してより小さなアミノ酸鎖にし、最終的には単体のアミノ酸へと分解してゆく働きがあります。また、プロテアーゼ酵素には食品に含まれる潜在的な抗原性要素や、中枢神経系や全身において有害な作用のカスケードを引き起こしうる反応性ペプチド(牛乳に含まれるカソモルフィンや小麦などの穀物類のグルテンに含まれるグルテオモルフィン/グリアドルフィン)を分解するという重要な働きもあります。

Enzyme-Complete/DPP-IVには複数のプロテアーゼを配合したフルスペクトラム仕様です。プロテインやペプチドはとても複雑な構造を持つため、消化作用を最適化するには多種類のたんぱく質分解酵素を使用しなくてはなりません。このフォーミュレーションでは複数のプロテアーゼによる幅広い作用領域を利用して、非常に効果的にたんぱく質を分解します。プロテアーゼは種類によって作用の対象となるたんぱく質の箇所が異なるので、たんぱく質を単体のアミノ酸になるまで徹底的に分解するべく非常に多くの種類のプロテアーゼを使用しています。

Enzyme-Complete/DPP-IVは均衡のとれたペプチダーゼ活性のプロフィールを有し、カゼインとグルテンペプチドの末端結合をも分解して、加水分解反応を活性化します。またこのフォーミュレーションに配合されているプロテアーゼ/ペプチダーゼ酵素のDPP-IVの活性にも作用しています。次のたんぱく質酵素がこのフォーミュレーションで使用されています。

プロテアーゼ(植物由来パンクレアチン4X/NF) 38000DAPU
アルカラインプロテアーゼ 50DAPU
FP31プロテアーゼ 100HU
AFP(耐酸性プロテアーゼ) 100SAPU

このフォーミュレーションにおいてユニークなのはアルカラインプロテアーゼとAFPという2つの酵素です。双方とも領域が幅広く、胃内の酸性の環境においても小腸のアルカリ性の環境においても安定して作用します。

特殊な酵素
キウイプロテアーゼ(アクチニジンタイプ) 200KPU
ブロメライン(パイナップル由来) 100BTU(1280000FCCPU)
パパイン(亜硫酸無添加パパイヤソース) 2000000FCCPU

キウイ、ブロメライン、パパインのプロテアーゼはカゼインやグルテンを効果的かつ安全に分解する、優れたプロテアーゼ/ペプチダーゼ活性を有しています。またブロメラインは抗炎症効果があり、パパインよりもより幅広い効力を持つことが知られています。キウイプロテアーゼはキウイから、ブロメラインは精製されたパイナップルエキストラクトから、パパインはパパイヤソースから抽出されています。これらの酵素は極めて安全かつ身体にも優しいものであることが実証されています。

Enzyme-Complete/DPP-IVは亜硫酸塩を含んでいない、もっとも純度の高いパパインエキストラクトを使用しています。他の酵素フォーミュレーションではコストの都合上、おそらくこれほど純度の高いものは使用していないと思われます。安定剤として亜硫酸塩を添加している酵素フォーミュレーションもありますが、Enzyme-Complete/DPP-IVでは亜硫酸塩を含有するパパインはわずかたりとも使用してはおりません。

炭水化物酵素(炭水化物と糖質の分解)

Enzyme-Complete/DPP-IVは幅広いスペクトラムの非常に強力な炭水化物酵素を配合し、さまざまな炭水化物と糖質を分解します。

アミラーゼ(植物由来パンクレアチン由来4X/NF) 89000MWU
アルファアミラーゼ 100SKBU
グルコアミラーゼ 30AGU


アミラーゼは澱粉やその他の炭水化物を身体のエネルギー源である単糖類(グルコース)へと分解する働きがあります。アミラーゼ酵素は澱粉などの多糖類をスクロース、マルトース、ラクトースといったニ糖類へと分解します。上記酵素によって澱粉、多糖類、デキストリンといった複合炭水化物はブドウ糖へと分解されるので、トウモロコシ、ジャガイモ、小麦などの澱粉を効果的に消化することができます。

アルファガラクトシダーゼ 125AGSU

アルファガラクトシダーゼは豆類やカリフラワーやブロッコリ、キャベツなどのアブラナ科の植物を消化する能力を向上させます。

ラクターゼ 1000LAU
マルターゼ 200MWU
インベルターゼ(スクラーゼ) 400SU


このフォーミュレーションにはコップ1杯分のミルクに含まれるラクトース(乳糖)を分解する量に相当するラクターゼ酵素が配合されています。マルターゼは多くの加工食品に含まれるニ糖類のマルトース(麦芽糖)を分解します。インバーターゼはスクラーゼの名でも知られ、テンサイやサトウキビのスクロース(蔗糖)を分解します。

セルラーゼ酵素(食物繊維の分解)

セルラーゼ 200CU
フィターゼ 10PU
キシラナーゼ(ヘミセルラーゼ) 100XU


セルラーゼ類は通常、体内の消化器官には見られない酵素ですが、食物繊維の結合を分解して穀物やセルロースなどをより徹底的に消化できるようにします。セルラーゼには果実や野菜、穀物の有効成分を包む繊維膜を破壊する作用があります。

キシラナーゼはヘミヘルラーゼの名でも知られ、ブロッコリ、カリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の植物や豆類の食物繊維や炭水化物をより徹底的に分解/消化することを可能にします。

フィターゼはフィチン酸(イノシトール六燐酸)を消化することを可能にします。フィチン酸は小麦、トウモロコシ、ライ麦、大麦、豆類、大豆などに含まれており、カルシウム、亜鉛、銅、マンガン、鉄、マグネシウムといったミネラルの吸収を阻害する働きがありますが、フィターゼによってフィチン酸が分解されることでミネラルの吸収は促進されます。

リパーゼ酵素(脂質の分解)

リパーゼ(植物由来パンクレアチン4X/NF) 15000LU

リパーゼは脂質、油脂、バター(トリグリセリド)を遊離脂肪酸とモノグリセリドに消化(加水分解)します。

ビタミンAやE、オメガ3脂肪酸など、脂質は重要な栄養素の源であることが知られており、抗炎症作用や神経の活性を制御するオメガ3、DHA、EPAも脂質に含まれているので他の栄養素同様、十分な消化が必要です。そしてリパーゼの助けがあってはじめて脂質はその重要な作用を適切に、かつ効果的に発揮することができるのです。

この酵素ブレンドにおいて酵素活性の有効性の度合いを示す数値は、ETA(Enzyme Technical Association)の認可を受けている酵素活性の計測方法に則り、信頼性の高い機器を用いて導き出されたものです。その中の幾つかは単位にFCCを用いておりますが、他にもETAによって認可されている、より最新の技術に基づいた信頼性の高い単位も併せて使用しています。これらの数値はFDAが酵素活性の度合いを測る規格として認定している方法に基づいて表示されています。

このフォーミュレーションに配合されている植物由来のパンクレアチンはリパーゼ、アミラーゼ、プロテアーゼといった酵素を含有し、通常のブタもしくはウシに由来するパンクレアチンの4倍の効力を持つことが判明しています。植物由来の酵素は長時間に渡り、幅広いpH値の状況下においても作用するので腸管全体を通して活発に機能します。

エンザイムコンプリート・DPP-IVはこちらでご購入できます。

ペプチダーゼコンプリート

KIRKMAN

ペプチダーゼコンプリート

250ベジカプセル
タンパク質分解に特化した酵素フォーミュラ。

【サプリメント】ペプチダーゼコンプリート

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

ペプチダーゼコンプリートはカークマン社のエンザイメイドをより一層、たんぱく質分解/ペプチダーゼ酵素の活性を高めたフォーミュラです。プロテアーゼとペプチダーゼの組み合わせにより動物性たんぱく(肉類、魚類、鳥類、卵、乳製品、ゼラチンなど)や植物性たんぱく(大豆などの豆類など)をミルクのカゼインや穀物のグルテンから抽出した酵素と同等の分解力を発揮します。

植物由来の酵素のみから作られたユニークなブレンドが消化器官内のさまざまなpHの環境においてもたんぱく分解酵素を活性させます。ペプチダーゼコンプリートは食物中のすべてのたんぱく質とペプチドを分解できる消化酵素フォーミュラで、含まれている酵素は各々独立して作用しますが他の酵素と協調することにより、食物中のたんぱく質/ペプチドをより徹底的に分解します。

1粒あたりの酵素の活性の値

ペプチダーゼ:63000HUT
ブロメライン(パイナップル由来):80BTU=(1000000FCCPU)
プロテアーゼ4.5:15000HUT
パパイン(パパイヤ由来、亜硫酸塩フリー):10000HUT

ペプチダーゼ酵素(ジペプチジルペプチダーゼIV活性)

ペプチダーゼ酵素はたんぱく質ペプチドを分解する酵素として知られています。カゼインやグルテンを含むたんぱく質が分解されて得られるペプチドは体内でオピオイド受容体を活性することが明らかになっています。ジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)を含む本製品のペプチダーゼ酵素は他の酵素では分解できないプロリン含有ペプチドを分解することが明らかとなっています。ジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)はプロリンペプチダーゼ類の酵素で、小腸の刷子縁上(腸管の裏側の粘膜組織)に存在します。

ペプチダーゼコンプリートはバランスのとれたペプチダーゼ活性のプロフィールを有し、カゼインとグルテンペプチドの末端結合をも分解して、加水分解反応を活性化し、カゼイン、グルテン、大豆などのたんぱく質とペプチドを完全に分解することができます。

プロテアーゼ酵素

プロテアーゼは長鎖タンパク(ポリペプチド)をより小さなアミノ酸鎖へ、そしてアミノ酸単体へと分解してゆきます。プロテアーゼ酵素は食物中の抗原性物質になり得る物質を分解する重要な働きがあります。

たんぱく質やペプチドは複雑な構造を持ち、分解するには複数のたんぱく質分解酵素が必要となります。プロテアーゼの種類が多ければさまざまな食物や幅広いpHに対応することができます。

酸・アルカリに耐性のあるプロテアーゼ酵素

プロテアーゼ4.5 15000HUT
プロテアーゼ6.0 10000HUT

ペプチダーゼコンプリートにはアルカリと酸に耐性のあるプロテアーゼ酵素が配合されており、胃内の酸性環境にも小腸内のアルカリ性環境にも対応できるようになっています。

特別なプロテアーゼ

ブロメライン(パイナップル由来) 80BTU = (1000000FCCPU)
パパイン(亜硫酸塩フリーパパイヤ由来) 1000000FCCPU

ブロメラインとパパインは果実由来のプロテアーゼで優れたたんぱく質分解酵素としての作用を有しています。ブロメラインは精製されたパイナップルエキストラクトから抽出され、パパインはパパイヤから抽出されます。ブロメラインとパパインは互いに似た作用を持っており、安全で人体への影響も少ない消化酵素であることが知られています。

ペプチダーゼコンプリートはこちらでご購入できます。

ペプチダーゼコンプリート

KIRKMAN

ペプチダーゼコンプリート

100ベジカプセル
タンパク質分解に特化した酵素フォーミュラ。

【サプリメント】ペプチダーゼコンプリート

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

ペプチダーゼコンプリートはカークマン社のエンザイメイドをより一層、たんぱく質分解/ペプチダーゼ酵素の活性を高めたフォーミュラです。プロテアーゼとペプチダーゼの組み合わせにより動物性たんぱく(肉類、魚類、鳥類、卵、乳製品、ゼラチンなど)や植物性たんぱく(大豆などの豆類など)をミルクのカゼインや穀物のグルテンから抽出した酵素と同等の分解力を発揮します。

植物由来の酵素のみから作られたユニークなブレンドが消化器官内のさまざまなpHの環境においてもたんぱく分解酵素を活性させます。ペプチダーゼコンプリートは食物中のすべてのたんぱく質とペプチドを分解できる消化酵素フォーミュラで、含まれている酵素は各々独立して作用しますが他の酵素と協調することにより、食物中のたんぱく質/ペプチドをより徹底的に分解します。

1粒あたりの酵素の活性の値

ペプチダーゼ:63000HUT
ブロメライン(パイナップル由来):80BTU=(1000000FCCPU)
プロテアーゼ4.5:15000HUT
パパイン(パパイヤ由来、亜硫酸塩フリー):10000HUT

ペプチダーゼ酵素(ジペプチジルペプチダーゼIV活性)

ペプチダーゼ酵素はたんぱく質ペプチドを分解する酵素として知られています。カゼインやグルテンを含むたんぱく質が分解されて得られるペプチドは体内でオピオイド受容体を活性することが明らかになっています。ジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)を含む本製品のペプチダーゼ酵素は他の酵素では分解できないプロリン含有ペプチドを分解することが明らかとなっています。ジペプチジルペプチダーゼIV(DPP-IV)はプロリンペプチダーゼ類の酵素で、小腸の刷子縁上(腸管の裏側の粘膜組織)に存在します。

ペプチダーゼコンプリートはバランスのとれたペプチダーゼ活性のプロフィールを有し、カゼインとグルテンペプチドの末端結合をも分解して、加水分解反応を活性化し、カゼイン、グルテン、大豆などのたんぱく質とペプチドを完全に分解することができます。

プロテアーゼ酵素

プロテアーゼは長鎖タンパク(ポリペプチド)をより小さなアミノ酸鎖へ、そしてアミノ酸単体へと分解してゆきます。プロテアーゼ酵素は食物中の抗原性物質になり得る物質を分解する重要な働きがあります。

たんぱく質やペプチドは複雑な構造を持ち、分解するには複数のたんぱく質分解酵素が必要となります。プロテアーゼの種類が多ければさまざまな食物や幅広いpHに対応することができます。

酸・アルカリに耐性のあるプロテアーゼ酵素

プロテアーゼ4.5 15000HUT
プロテアーゼ6.0 10000HUT

ペプチダーゼコンプリートにはアルカリと酸に耐性のあるプロテアーゼ酵素が配合されており、胃内の酸性環境にも小腸内のアルカリ性環境にも対応できるようになっています。

特別なプロテアーゼ

ブロメライン(パイナップル由来) 80BTU = (1000000FCCPU)
パパイン(亜硫酸塩フリーパパイヤ由来) 1000000FCCPU

ブロメラインとパパインは果実由来のプロテアーゼで優れたたんぱく質分解酵素としての作用を有しています。ブロメラインは精製されたパイナップルエキストラクトから抽出され、パパインはパパイヤから抽出されます。ブロメラインとパパインは互いに似た作用を持っており、安全で人体への影響も少ない消化酵素であることが知られています。

ペプチダーゼコンプリートはこちらでご購入できます。

エンザイムエイド

KIRKMAN

エンザイムエイド

180ベジカプセル
カゼイン、グルテン、グリアジンの分解を特に重視した消化酵素サプリ。

【サプリメント】エンザイムエイド

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

EnZymAidマルチエンザイムサプリメント
EnZymAidは植物素材の酵素をブレンドしたサプリメントです。他の酵素サプリメントと異なっているのは、次の3つの重要な消化機能に着目して作られているところです。

・カゼイン、グルテン、グリアジンの分解に特にターゲットを絞って酵素を配合。小麦(グルテン)と牛乳(カゼイン)のたんぱく質の分解を促進します。
・穀物、豆類などに含まれるカルシウム、マグネシウムや亜鉛などのミネラル類の吸収を阻害するフィチン酸を分解するフィターゼを配合し、ミネラル類の吸収・活用する力を高めます。
・ジペプチジルペプチダーゼiv(DPP-VI)酵素と、DPP-VIの働きを助けるペプチダーゼやガラクトースも併せて配合しています。

フォーミュレーション
1粒中:
カソ-グルテナーゼ 10000AU
カソグルテナーゼは特許処方による酵素のブレンド。他のペプチダーゼ類を凌駕する消化能力で徹底的にカゼインとグルテンを分解します。カソ-グルテナーゼは均衡のとれたペプチダーゼ活性のプロフィールを有し、カゼインとグルテンペプチドの末端の結合をも分解します。またこれらのペプチダーゼはジペプチジルペプチダーゼ活性も有しており、この酵素ブレンド全体の効果をより高めています。

濃縮ブロメライン 230BTU(およそ4500000FCCPU)
ブロメラインはたんぱく質分解活性を有することでよく知られており、カゼインを効果的かつ安全に分解することができます。このフォーミュラではパイナップルエキスを精製した上で抽出した、安全かつ身体にも優しいブロメラインを使用しています。

耐酸性プロテアーゼ 100SAPU
耐酸性の安定したこのプロテアーゼが存在することにより、さまざまな酵素が胃酸にさらされた食物に対しても安定して活性することができます。このプロテアーゼは食物が小腸に達する前の段階でたんぱく質を分解します。

ラクターゼ 330LACU
このサプリメントに含まれるラクターゼ酵素はコップ1杯分の牛乳に含まれる乳糖を分解する量に相当します。

フィターゼ 125PU
フィターゼはフィチン酸(イノシトール6リン酸)を分解する酵素です。フィチン酸は小麦、トウモロコシ、ライ麦、大麦、豆類、大豆などに含まれています。フィチン酸はカルシウム、亜鉛、銅、マンガン、鉄、マグネシウムといったミネラルの吸収を阻害する働きがあり、このフィターゼによってフィチン酸を分解することでミネラルの吸収を促すことができます。

ガラクトース 100mg
ガラクトースはジペプチジルペプチダーゼ(DPP-IV)の量を健康なレベルに維持することのできる天然物質です。

エンザイムエイドはこちらでご購入できます。

エンザイムエイド

KIRKMAN

エンザイムエイド

90ベジカプセル
カゼイン、グルテン、グリアジンの分解を特に重視した消化酵素サプリ。

【サプリメント】エンザイムエイド

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

EnZymAidマルチエンザイムサプリメント
EnZymAidは植物素材の酵素をブレンドしたサプリメントです。他の酵素サプリメントと異なっているのは、次の3つの重要な消化機能に着目して作られているところです。

・カゼイン、グルテン、グリアジンの分解に特にターゲットを絞って酵素を配合。小麦(グルテン)と牛乳(カゼイン)のたんぱく質の分解を促進します。
・穀物、豆類などに含まれるカルシウム、マグネシウムや亜鉛などのミネラル類の吸収を阻害するフィチン酸を分解するフィターゼを配合し、ミネラル類の吸収・活用する力を高めます。
・ジペプチジルペプチダーゼiv(DPP-VI)酵素と、DPP-VIの働きを助けるペプチダーゼやガラクトースも併せて配合しています。

フォーミュレーション
1粒中:
カソ-グルテナーゼ 10000AU
カソグルテナーゼは特許処方による酵素のブレンド。他のペプチダーゼ類を凌駕する消化能力で徹底的にカゼインとグルテンを分解します。カソ-グルテナーゼは均衡のとれたペプチダーゼ活性のプロフィールを有し、カゼインとグルテンペプチドの末端の結合をも分解します。またこれらのペプチダーゼはジペプチジルペプチダーゼ活性も有しており、この酵素ブレンド全体の効果をより高めています。

濃縮ブロメライン 230BTU(およそ4500000FCCPU)
ブロメラインはたんぱく質分解活性を有することでよく知られており、カゼインを効果的かつ安全に分解することができます。このフォーミュラではパイナップルエキスを精製した上で抽出した、安全かつ身体にも優しいブロメラインを使用しています。

耐酸性プロテアーゼ 100SAPU
耐酸性の安定したこのプロテアーゼが存在することにより、さまざまな酵素が胃酸にさらされた食物に対しても安定して活性することができます。このプロテアーゼは食物が小腸に達する前の段階でたんぱく質を分解します。

ラクターゼ 330LACU
このサプリメントに含まれるラクターゼ酵素はコップ1杯分の牛乳に含まれる乳糖を分解する量に相当します。

フィターゼ 125PU
フィターゼはフィチン酸(イノシトール6リン酸)を分解する酵素です。フィチン酸は小麦、トウモロコシ、ライ麦、大麦、豆類、大豆などに含まれています。フィチン酸はカルシウム、亜鉛、銅、マンガン、鉄、マグネシウムといったミネラルの吸収を阻害する働きがあり、このフィターゼによってフィチン酸を分解することでミネラルの吸収を促すことができます。

ガラクトース 100mg
ガラクトースはジペプチジルペプチダーゼ(DPP-IV)の量を健康なレベルに維持することのできる天然物質です。

エンザイムエイドはこちらでご購入できます。

デイリーザイム

KIRKMAN

デイリーザイム

100ベジカプセル

【サプリメント】デイリーザイム

関連カテゴリー

 食後のムカムカとゴロゴロ
 GFCFダイエットサポート

関連成分

 酵素(消化酵素)

ナショナルエンザイムカンパニーによれば、全世界の70%もの人々が乳糖を適切に分解することができず、3000〜5000万人ものアメリカ人は乳糖に対する耐性がないと報告しています。そのような人々の多くは乳製品の摂取を避けるかLactaidのような乳糖分解酵素を摂取することで問題を解決しています。乳糖分解酵素は乳糖は分解するけれども問題をすべて解消してくれる訳ではありません。乳製品には乳糖以外にもホエイプロテインやベータラクトグルブリンといった乳たんぱくが含まれ、人によっては乳糖同様の刺激となっていることがあります。つまり乳製品への耐性の無さにおいて、乳糖はその原因の1つに過ぎないということです。カークマンのデイリーザイムは乳糖、ホエイプロテイン、ベータラクトブロブリンやその他の乳タンパクを分解し、乳製品を再び楽しむことができるようにしてくれます。

牛乳や乳製品は乳糖や乳タンパクの源であることが知られていますが、他の製品にもこれらの物質が隠れていることにも注意するべきです。乳糖、乳タンパクが隠れている他の食品を挙げると:

・パンやその他ベーキングしてある食品
・マーガリン
・シリアル類
・肉類
・加工食品類
・サラダドレッシング
・キャンディー
・コーヒークリーム、クリームのトッピング類

デイリーザイムとLactaidなどの他の乳糖分解酵素との違い
Lactaidの有効成分は乳糖分解酵素です。乳糖分解酵素だけでは乳タンパクを分解することができません。乳製品への耐性が無い場合、乳製品を摂取すると吐き気や激しい腹痛、鼓脹、ガス、下痢といった症状が現れます。カークマンのデイリーザイムは乳糖分解酵素のみならず、ホエイプロテインやベータラクトグロブリンをターゲットとしたプロテアーゼも配合しています。ホエイプロテインやベータラクトグロブリンはペプシンやパンクレアチンの分解作用に耐性があることが知られています。

カークマンのデイリーザイムの有効成分

デイリーザイムの有効成分は動物性物質を一切含んでおりません。アスぺルギルスニガー(黒色こうじ菌)やアスペルギルスオリゼ(米こうじ菌)を醗酵させた物質を原材料としています。

1粒中に含まれる酵素ブレンドは乳糖12g、乳タンパク8g(カップ1杯の牛乳に含まれる量に相当)を分解することができます。カップ1杯中の乳タンパク8g中に含まれるカゼインは6.4g、ホエイは1.6gとなります。デイリーザイムの酵素システムは効果的にカゼインやb-ラクトグロブリンといった乳タンパクを加水分解することができます。

※デイリーザイムはナショナルエンザイムカンパニーの登録商標です。

デイリーザイムはこちらでご購入できます。

サプマート.com:当サイトについて

  • サプマート.comは個人で運営しているサイトです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

サプリメント検索


サプマート.comメニュー

copyright(c) 2007-2008 サプマート.com All Rights Reserved.